Provided by: apt_0.7.25.3ubuntu7_i386 bug

NAME

       sources.list - APT 用パッケージリソースリスト

明
       The package resource list is used to locate archives of the package
       distribution system in use on the system. At this time, this manual
       page documents only the packaging system used by the Debian GNU/Linux
       system. This control file is /etc/apt/sources.list.

       The source list is designed to support any number of active sources and
       a variety of source media. The file lists one source per line, with the
       most preferred source listed first. The format of each line is: type
       uri args The first item, type determines the format for args.  uri is a
       Universal Resource Identifier (URI), which is a superset of the more
       specific and well-known Universal Resource Locator, or URL. The rest of
       the line can be marked as a comment by using a #.

SOURCES.LIST.D

       The /etc/apt/sources.list.d directory provides a way to add
       sources.list entries in separate files. The format is the same as for
       the regular sources.list file. File names need to end with .list and
       may only contain letters (a-z and A-Z), digits (0-9), underscore (_),
       hyphen (-) and period (.) characters. Otherwise they will be silently
       ignored.

DEB DEB-SRCプ
       The deb type describes a typical two-level Debian archive,
       distribution/component. Typically, distribution is generally one of
       stable unstable or testing while component is one of main contrib
       non-free or non-us. The deb-src type describes a debian distribution's
       source code in the same form as the deb type. A deb-src line is
       required to fetch source indexes.

       The format for a sources.list entry using the deb and deb-src types is:

           deb uri distribution [component1] [component2] [...]

       The URI for the deb type must specify the base of the Debian
       distribution, from which APT will find the information it needs.
       distribution can specify an exact path, in which case the components
       must be omitted and distribution must end with a slash (/). This is
       useful for when the case only a particular sub-section of the archive
       denoted by the URI is of interest. If distribution does not specify an
       exact path, at least one component must be present.

       distribution は、$(ARCH) 変数を含む場合があります。$(ARCH)
       変数は、システムで使用している Debian アーゥ謄チャ (i386, m68k,
       powerpc, ...) に展開されます。これにより、アーゥ謄チャに依存しない
       sources.list ファイルを使用で-
       ます。一般的に、これは正しいパスを指定すると-
       に気にするだけです。そうでない場合は、APT は現在のアーゥ謄チャで URI
       を自動的に生成します。

       邑な全 distribution, component の場所から、一部が必要な場合、1 行につ
       1 distribution しか指定でい覆い燭瓠同じ URI の行を複数-
       述することになるでしょう。APT は内部で URI
       リストを生成してから、並べ替えます。そして、同じインターネットホストに対しては複数の参照をまとめます。例えば
       FTP 接続後、切断してからまた同じホストに再接続するといった、効率の-
       いことをせずに、1
       接続にまとめます。この機能は、同時接続匿名ユーザ数を制限している、混んでいる
       FTP サイトにアクセスするのに便利です。APT
       は、帯域の狭いサイトを効率よく扱うのに、異なるホストへは、接続を並行して行うようにもしています。

       最優先する取得元を最初に欺劼垢襪箸いΔ茲Δ法⇒ダ莉腓房萋生気魑-
       述するのは重要です。一般的には、スピードの速い順に並べることになる
       (例えば、CD-ROM
       に続いてローカルネットワークのホスト、さらに続いて彼方のインターネットホスト)
       でしょう。

       例:

           deb http://http.us.debian.org/debian stable main contrib non-free
           deb http://http.us.debian.org/debian dists/stable-updates/

URI様
       現在認識する URI タイプは、cdrom, file, http, ftp, copy, ssh, rsh
       です。.PP ファイル
           file ス-
           ームは、システム内の任意のディレクトリを、アーカイブとして扱えるようにします。これは
           NFS マウントやローカルミラーで便利です。

       cdrom
           cdrom スァ璽爐蓮APT がローカル CD-ROM
           ドライブを、メディア交換しながら使えるようにします。取得元リストに
           cdrom エントリを追加するには、apt-cdrom(8)
           プログラムを使用してください。

       http
           The http scheme specifies an HTTP server for the archive. If an
           environment variable http_proxy is set with the format
           http://server:port/, the proxy server specified in http_proxy will
           be used. Users of authenticated HTTP/1.1 proxies may use a string
           of the format http://user:pass@server:port/. Note that this is an
           insecure method of authentication.

       ftp
           ftp スァ璽爐蓮▲◆璽イブに FTP サーバを指定します。APT の FTP
           の振る舞いは、高度に設定でい泙后詳細は、apt.conf(5)
           のマニュアルページをご覧ください。ftp プロゥ靴蓮ftp_proxy 環-
           変数で指定することにご注意ください。この方法用に、さらにこの方法でしか使用しないのに、http
           プロゥ靴鮖藩僂垢襪海箸でい泙 (http プロゥ轡機璽个和臘 ftp
           urlも理解でい泙)。設定ファイルで http を使用する際に、ftp プロ-
           シを使用するよう設定してあっても無視されます。

       copy
           copy スァ璽爐蓮file ス-
           ームと同様ですが、パッケージをその場で使用せず、-
           ャッシュディレクトリにコピーするところが違います。zip
           ディスクを使用していて、APT でコピーを行う場合に便利です。

       rsh, ssh
           rsh/ssh
           メソッドは、与えられたユーザでリモートホストに接続し、ファイルにアクセスするのに
           rsh/ssh を使用します。あらかじめ RSA ァ爾 rhosts
           の配置しておくと良いでしょう。リモートホストのファイルへのアクセスの際、ファイル転送に標準の
           find コマンドや dd コマンドを使用します。

       more recognizable URI types
           APT can be extended with more methods shipped in other optional
           packages which should follow the nameing scheme
           apt-transport-method. The APT team e.g. maintains also the
           apt-transport-https package which provides access methods for
           https-URIs with features similar to the http method, but other
           methods for using e.g. debtorrent are also available, see apt-
           transport-debtorrent(1).

ル
       /home/jason/debian に格納されている stable/main, stable/contrib,
       stable/non-free 用のローカル (または NFS) アーカイブを使用します。

           deb file:/home/jason/debian stable main contrib non-free

       上菊瑛佑任垢、不安定版 (開発版) を使用します。

           deb file:/home/jason/debian unstable main contrib non-free

       上気離宗璽更

           deb-src file:/home/jason/debian unstable main contrib non-free

       archive.debian.org のアーカイブに HTTP アクセスし、hamm/main
       のみを使用します。

           deb http://archive.debian.org/debian-archive hamm main

       ftp.debian.org のアーカイブに FTP アクセスし、debian ディレクトリ以下の
       stable/contrib のみを使用します。

           deb ftp://ftp.debian.org/debian stable contrib

       Uses FTP to access the archive at ftp.debian.org, under the debian
       directory, and uses only the unstable/contrib area. If this line
       appears as well as the one in the previous example in sources.list a
       single FTP session will be used for both resource lines.

           deb ftp://ftp.debian.org/debian unstable contrib

       nonus.debian.org のアーカイブに HTTP アクセスし、debian-non-US
       ディレクトリ以下を使用します。

           deb http://nonus.debian.org/debian-non-US stable/non-US main contrib non-free

       nonus.debian.org のアーカイブに HTTP アクセスし、debian-non-US
       ディレクトリ以下を使用します。また、i386 マシンでは
       unstable/binary-i386 以下にあるファイル、m68k マシンでは
       unstable/binary-m68k 以下にあるファイル、その他サポートするアー-
       テクチャごとのファイルのみ使用します。[このサンプルは変数展開の使用法の説明でしかないことに注意してください。non-us
       はこのような構造になっていません]

           deb http://ftp.de.debian.org/debian-non-US unstable/binary-$(ARCH)/

目
       apt-cache(8) apt.conf(5)

グ
       APT[1] をご覧ください。 APT のバグを報告する場合は、
       /usr/share/doc/debian/bug-reporting.txt や reportbug(1)
       コマンドをご覧ください。

者
       倉澤 望 nabetaro@debian.or.jp (2003-2006,2009), Debian JP Documentation
       ML debian-doc@debian.or.jp

       Note that this translated document may contain untranslated parts. This
       is done on purpose, to avoid losing content when the translation is
       lagging behind the original content.

AUTHORS

       Jason Gunthorpe

       APT team

NOTES

        1. APT バグページ
           http://bugs.debian.org/src:apt