Provided by: gfmd_2.3.1-1_i386 bug

NAME

       gfarm2.conf - Gfarm設定ファイル

DESCRIPTION

       gfarm2.confファイルは、gfarmプログラムの設定ファイルです。
       サーバー・プロセスであるgfsdは、デフォルトでは、
       この%%SYSCONFDIR%%/gfarm2.confを設定ファイルとして参照します。
       メタデータサーバー・プロセスであるgfmdは、%%SYSCONFDIR%%/gfmd.confを
       読み込みます。gfmd.confの形式は、gfarm2.confと同一です。
       なお、設定内容が読み込まれるのは起動時だけなので、
       設定内容を変更した場合、サーバーを再起動する必要があります。

       アプリケーションプログラムは、環曲竸GFARM_CONFIG_FILEで
       指定したファイルと、%%SYSCONFDIR%%/gfarm2.confを、設定ファイル
       として参照します。この二つのファイルでは、環曲竸GFARM_CONFIG_FILEで
       指定したファイルの設定の方が先に読み込まれます。
       どちらの設定ファイルも、同一の文法で欺劼靴泙后
       同一の指定文が複数あった場合には、先に指定されていた方が優先されます。
       環曲竸GFARM_CONFIG_FILEが設定されてない場合、代わりに
       ユーザーのホームディレクトリにある.gfarm2rcファイルを使用します。

       gfarm2.confは、一行に一文の形式で設定します。
       ただし、行末に文字``\''を欺劼垢襪海箸砲茲辰董行を継続させることが で-
       ます。また、文字``#''から行末までは、コメントとして扱われ、無視
       されます。

定
       引数として、_III.JJJ.KKK.LLL
              "."で区切られた0〜255までの数字4つで、IPアドレスを指定します。

       III.JJJ.KKK.LLL/MM
              IPアドレスと、"/"で区切られた0〜31までの数字で、ネットワークを
              指定します。"/"以降の数字はnetmaskのビット長です。

       domain.name
              ホスト名をドメイン名で指定します。

        .domain.name
              ドメイン名の先頭が"."ではじまる場合、このドメイン名に所属する全ての
              ホストを意味します。

       *      "*"と欺劼気譴討い訃豺隋∩瓦討離曠好箸魄嫐します。

       LISTENER
              全て大文字で"LISTENER"と欺劼垢襪函通信する相手に関係なく、
              サーバー側(着呼側)のソケットを意味します。

文
       文には、下気亮鑪爐あります。

       spool gfsd_
              gfsdが、gfarmファイルの実体を保持するディレクトリ名を
              指定します。

              例:

                   spool /var/spool/gfarm

       spool_server_listen_address IP_
              gfsdがTCPおよびUDPの要求を受け付けるIPアドレスを指定します。
              省略時は、そのホストの全てのIPアドレスで受け付けます。
              このオプションは、一つのノードで複数のスプールを提供する場合に、
              それぞれのスプールごとに、別々のIPアドレスを使ってgfsdを起動する
              ために用います。

              例:

                   spool_server_listen_address 192.168.121.1

       spool_server_cred_type cred_type
              GSI認証において、gfsdが用いる証明書の種類を指定します。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。

              サーバ側でこの指定を省略した場合、サーバをroot権限で起動した場合は
              ホスト証明書を用います。またサーバを一般ユーザ権限で起動した場合は
              ユーザ証明書を用います。

              クライアント側でこの指定を省略した場合、サーバがホスト証明書を利用している
              と仮定してサーバ認証を行います。このためサーバをクライアントと同じユーザ
              権限で起動している場合、クライアント側では、下気琉豺圓鮴瀋蠅靴
              おく必要があります。

              例:

                   spool_server_cred_type self

              指定可能なcred_typeとしては、  「self」、   「host」、「user」、
              「mechanism-specific」があり、   spool_server_cred_serviceおよび
              spool_server_cred_nameと組み合わせて 下気里茲Δ僕僂い泙后

              self   そのユーザが現在所持しているユーザ証明書を用いることを示します。
                     この指定を利用する際には、
                     spool_server_cred_serviceおよび  spool_server_cred_nameの
                     指定を行ってはいけません。

              host   ホスト証明書あるいはサービス証明書を用いることを示します。
                     サービス証明書を用いる場合、そのサービスの名前を
                     spool_server_cred_serviceで指定します。
                     サービス名に「host」を指定した場合、 ファイル``/etc/grid-
                     security/hostcert.pem''に    あるホスト証明書を用います。
                     それ以外のサービス名を指定した場合、 ファイル``/etc/grid-
                     security/__ert.pem''
                     にあるサービス証明書を用います。
                     サービス名を省略した場合、「host」が指定されたとみなします。
                     ホスト証明書およびサービス証明書の場合、証明書のCommon
                     Name欄のみを                           比較します。Common
                     Nameは、「CN=サービス名/ホスト名」の形式である必要が
                     あります。また、ホスト名は、gfhostコマンドで指定した
                     正式名と正確に一致している必要があります。ホスト別名は許されません。

                     これは、GSSAPI
                     (RFC2743/RFC2744)のGSS_C_NT_HOSTBASED_SERVICEに
                     対応する機能です。

                     例:

                          spool_server_cred_type host
                          spool_server_cred_service host

              user   ユーザ証明書を用いることを示します。
                     ユーザのアカウント名をspool_server_cred_nameで指定します。
                     アカウント名を省略した場合には、そのコマンドを起動したユーザ名が使われます。
                     この指定を利用する際には、spool_server_cred_serviceの
                     指定を行ってはいけません。

                     ユーザ名と証明書のDistinguished    Nameの対応をとるため、
                     ``/etc/grid-security/grid-mapfile''を用います。
                     このため、このファイルが存在しなかったり、あるいはこのファイルに登録
                     されてないユーザは、この機能を用いることがでい泙擦鵝

                     これは、GSSAPI
                     (RFC2743/RFC2744)のGSS_C_NT_USER_NAMEに対応する機能です。

                     例:

                          spool_server_cred_type user
                          spool_server_cred_name guest

              mechanism-specific
                     サーバのX.509                               Distinguished
                     Nameをspool_server_cred_nameで           直接指定します。
                     この指定を利用する際には、spool_server_cred_serviceの
                     指定を行ってはいけません。

                     これは、GSSAPI                    (RFC2743/RFC2744)でName
                     TypeとしてGSS_C_NO_OIDを 指定した場合に対応する機能です。

                     例:

                          spool_server_cred_type mechanism-specific
                          spool_server_cred_name "/O=Grid/O=Globus/OU=example.com/CN=John Smith"

       spool_server_cred_service cred_service
              GSI認証において、spool_server_cred_typeとして
              「host」を指定している場合に、gfsdが用いるサービス証明書の
              種類を指定します。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。
              詳しくはspool_server_cred_typeの項を参照してください。

       spool_server_cred_name cred_name
              GSI認証において、spool_server_cred_typeで指定した値に
              応じて、gfsdが用いる証明書の設定を行います。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。
              詳しくはspool_server_cred_typeの項を参照してください。

       metadb_server_host gfmd_
              gfmdが動作しているホスト名を指定します。

              この設定は必須です。

              例:

                   metadb_server_host ldap.example.com

       metadb_server_port gfmd_
              gfmdが利用するTCPポートの番号を指定します。
              省略時のデフォルト・ポート番号は601番です。

              例:

                   metadb_server_port 601

       metadb_server_cred_type cred_type
              GSI認証において、gfmdが用いる証明書の種類を指定します。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。
              設定の意味についてはspool_server_cred_typeの項を
              参照してください。

       metadb_server_cred_service cred_service
              GSI認証において、metadb_server_cred_typeとして
              「host」を指定している場合に、gfmdが用いるサービス証明書の
              種類を指定します。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。
              設定の意味についてはspool_server_cred_typeの項を
              参照してください。

       metadb_server_cred_name cred_name
              GSI認証において、metadb_server_cred_typeで指定した値に
              応じて、gfmdが用いる証明書の設定を行います。
              sharedsecret利用時には、この指定は単に無視されます。
              設定の意味についてはspool_server_cred_typeの項を
              参照してください。

       metadb_server_stack_size _
              メタデータサーバgfmd内の各スレッドが利用するスタックのサイズを
              指定します。省略された場合OSのデフォルト値が使われます。
              このパラメータは、gfmdの消費する仮想メモリ空間のサイズを節約するために
              用います。

              たとえば、CentOS
              5/i386の場合、デフォルトのスタックサイズは10MBです
              ので、このパラメータでスタックサイズを256KBに抑えると、gfmdのスタック
              が消費する仮想メモリ空間のサイズを、1/40に減らすことがでい泙后

              この文はgfmd.confのみで邑であり、gfarm2.confでは無視されます。

              例:

                   metadb_server_stack_size 262144

       metadb_server_thread_pool_size _
              メタデータサーバgfmdのスレッドプールのスレッド数を指定します。
              メタデータサーバノードのコア数くらいに設定すると効果的です。
              デフォルト値は16です。

              この文はgfmd.confのみで邑であり、gfarm2.confでは無視されます。

              例:

                   metadb_server_thread_pool_size 16

       metadb_server_job_queue_length _
              メタデータサーバgfmdのジョブゥ紂爾離ュー長を指定します。
              一度に接続する最大クライアントの数くらいに設定すると効果的です。
              デフォルト値は160です。

              この文はgfmd.confのみで邑であり、gfarm2.confでは無視されます。

              例:

                   metadb_server_job_queue_length 160

       metadb_server_heartbeat_interval _
              メタデータサーバgfmdが各ファイルシステムサーバgfsd
              に対し動作確認を行うハートビートの間隔を秒数で指定します。
              デフォルト値は180秒です。

              Gfarm-2.3.0まではこの文はgfmd.confのみで-
              効であり、gfarm2.confでは
              無視されていましたが、Gfarm-2.3.1以降はgfsdもこのパラメータを利用し
              gfmd停止を検知するため、
              gfarm2.confとgfmd.confの両方で指定する必要があります。

              例:

                   metadb_server_heartbeat_interval 180

       metadb_server_dbq_size _
              メタデータサーバgfmdではメタデータの変更をバックエンドDBに
              非同期的に反映しますが,そのゥ紂爾猟垢気鮖慊蠅靴泙后         -
              ュー長を長くすると,バックエンドDBの更新速度に律速されにくくなります。
              デフォルト値は65536です。

              この文はgfmd.confのみで邑であり、gfarm2.confでは無視されます。

              例:

                   metadb_server_dbq_size 65536

       ldap_server_host LDAP_
              gfmdのバックエンド・データベースとして
              LDAPサーバを選択する場合、
              LDAPサーバーが動作しているホスト名を指定します。
              この文はgfmd.confで用いられ、gfarm2.confでは用いられません。

              例:

                   ldap_server_host ldap.example.com

       ldap_server_port LDAP_
              LDAPサーバーが利用するTCPポートの番号を指定します。

              ldap_server_hostを指定する場合には、 この設定は必須です。

              例:

                   ldap_server_port 602

       ldap_base_dn LDAP_base_distinguished_name
              LDAPデータベースで保持するデータのァ爾虜となるノードの
              名称、base distinguished nameを指定します。

              ldap_server_hostを指定する場合には、 この設定は必須です。

              例:

                   ldap_base_dn "dc=example, dc=com"

       ldap_bind_dn LDAP_bind_distinguished_name
              LDAPデータベースに接続する際の認証に用いる名称を、distinguished
              nameで指定します。

              例:

                   ldap_bind_dn "cn=gfarmuser, dc=example, dc=com"

       ldap_bind_password password
              LDAPデータベースに接続する際の認証パスワードを指定します。

              例:

                   ldap_bind_password "secret-ldap-password"

       postgresql_server_host PostgreSQL_
              gfmdのバックエンド・データベースとして
              PostgreSQLサーバを選択する場合、
              PostgreSQLサーバーが動作しているホスト名を指定します。
              この文はgfmd.confで用いられ、gfarm2.confでは用いられません。

              例:

                   postgresql_server_host postgresql.example.com

       postgresql_server_port PostgreSQL_
              PostgreSQLサーバーが利用するTCPポートの番号を指定します。

              postgresql_server_hostを指定する場合には、 この設定は必須です。

              例:

                   postgresql_server_port 602

       postgresql_dbname dbname
              PostgreSQLデータベース名を指定します。

              postgresql_server_hostを指定する場合には、 この設定は必須です。

              例:

                   postgresql_dbname gfarm

       postgresql_user user
              PostgreSQLデータベースに接続するデータベース管理下のユーザ名を指定します。

              例:

                   postgresql_user gfarm

       postgresql_password password
              PostgreSQLデータベースに接続するデータベース管理下のユーザのパスワードを指定します。

              例:

                   postgresql_password "secret-postgresql-password"

       postgresql_conninfo connection_info
              PostgreSQLデータベースに接続すると-
              の接続オプションを指定します。

              例:

                   postgresql_conninfo "sslmode=require connect_timeout=30"

       auth ___
              この文は、第3引数で指定したホストとの通信に用いる認証方法を設定します。

              第1引数の___sockopt _[=_] [LISTENER | _]
              通信socket(2)に対して、setsockopt(2)システムコールを使って
              ソケット・オプションを指定します。

              第2引数に全て大文字でLISTENERを指定した場合、
              サーバー側(着呼側)のソケットに指定するオプションになります。
              この場合、通信する相手に関係なく、
              一律にソケット・オプションが設定されます。

              第2引数にホスト指定を欺劼靴疹豺隋▲ライアント側(発呼側)の
              ソケットに指定するオプションになります。この場合、通信する相手毎に
              ソケット・オプションを変えることがでい泙后
              なお、第2引数に"*"と欺劼垢襪函▲ライアント側(発呼側)の全ての
              ホストを意味することになり、サーバー側(着呼側)には適用されません。

              第2引数を省略した場合、サーバー側とクライアント側の両方で、
              全ての通信相手に対して同じソケット・オプションを設定します。

              指定可能なソケット・オプションには次のものがあります。

              debug。setsockopt(2)システムコールで、SO_DEBUGソケット・オプションを指定します。値を-
              述する必要はありません。

              keepalive。setsockopt(2)システムコールで、SO_KEEPALIVE
              ソケット・オプションを指定します。値を欺劼垢詆要はありません。

              sndbuf。setsockopt(2)システムコールで、SO_SNDBUF
              ソケット・オプションを指定します。値の指定が必要です。

              rcvbuf。setsockopt(2)システムコールで、SO_RCVBUF
              ソケット・オプションを指定します。値の指定が必要です。

              tcp_nodelay。setsockopt(2)システムコールで、TCP_NODELAY
              ソケット・オプションを指定します。値を欺劼垢詆要はありません。

              例:

                   sockopt tcp_nodelay 192.168.0.0/24
                   sockopt sndbuf=1048576 10.0.0.0/8
                   sockopt sndbuf=1048576 LISTENER
                   sockopt rcvbuf=1048576 10.0.0.0/8
                   sockopt rcvbuf=1048576 LISTENER

       admin_user _
              gfmd.conf内のこの文で指定されたユーザが、
              デフォルトの特権ユーザとなります。

       admin_user_gsi_dn DN
              gfmd.conf内のadmin_user文で指定された特権ユーザのSubject
              DNを指定します。

       local_user_map _
              sharedsecret認証において、
              グローバルユーザ名とローカルユーザ名の対応関係を欺劼靴
              ユーザマップファイルパス名を指定します。
              この設定は必須ではありませんが、
              その場合ローカルユーザ名がグローバルユーザ名に変換されます。

              同一ユーザーに対して、
              異なるローカルアカウント名を与えているファイルシステムノードがある場合や、
              ローカルユーザ名とは異なるグローバルユーザ名を利用したい場合、
              このファイルで、各ノードのローカルなユーザ名に対して、単一の
              グローバルユーザ名を定義します。

              例:

                   local_user_map /etc/gfarm/gfarm-usermap

              ユーザーマップファイルは、グローバルユーザー名と
              ローカルユーザー名を、空白で区切って各行に欺劼靴泙后

              ユーザマップファイルの内容例:

                   foobar foo
                   quux baz

              この例の1行目の指定では、このノードのローカルユーザ名fooに
              対してグローバルユーザ名foobarが定義されています。

       local_group_map _
              グローバルグループ名とローカルグループ名の対応関係を欺劼靴
              グループマップファイルパス名を指定します。
              このマップファイルは,ローカルシステムのグループIDを利用するgfarm2fsや
              Globus           GridFTPのGfarm          DSIなどで利用されます。
              この設定は必須ではありませんが、
              その場合ローカルグループ名はグローバルグループ名と等しいと仮定されます。

              例:

                   local_group_map /etc/gfarm/gfarm-groupmap

              グループマップファイルは、グローバルグループ名と
              ローカルグループ名を、空白で区切って各行に欺劼靴泙后

       schedule_cache_timeout _
              gfarmライブラリが内部的に保持している、ファイルシステムノード
              のスケジューリング処理に関わる情報、すなわちロードアベレージ、
              ディスク空ね椴漫認証が通るか否か等のゥ礇奪轡紊陵-
              効期限を秒数で指定します。
              停止していたファイルシステムノードが復活したような場合、この期限が
              切れるまでは、そのノードがスケジューリングされないことがあります。
              デフォルトは600秒すなわち10分です。

              例:

                   schedule_cache_timeout 60

       schedule_idle_load_thresh CPU_
              ファイルシステムノードのスケジューリング時に、
              CPU負荷が低いとみなされるCPU負荷を指定します。
              ここで指定されるCPU負荷より低いCPU負荷のファイルシステムノードが
              まずはスケジュール対象となります。 デフォルト値は0.1です。

              例:

                   schedule_idle_load_thresh 0.1

       schedule_busy_load_thresh CPU_
              ファイルシステムノードのスケジューリング時に、
              CPU負荷が高いとみなされるCPU負荷を指定します。
              ここで指定されるCPU負荷より高いCPU負荷のファイルシステムノードは
              当初スケジュール対象となりません。 デフォルト値は0.5です。

              例:

                   schedule_busy_load_thresh 0.5

       schedule_virtual_load CPU_
              ファイルシステムノードが選択されたとぁ  CPU負荷のクライアント-
              ャッシュにここで指定されるCPU負荷が加えられます。   これにより、
              一度スケジュールされたファイルシステムノードが何度もスケジュールされることを防いでいます。
              デフォルト値は0.3です。

              例:

                   schedule_virtual_load 0.3

       minimum_free_disk_space _
              ファイルシステムノードで必要な最小限度のディスク空ね椴未鮖慊
              します。このサイズ以下の空-
              容量しかないファイルシステムノードは、              ファイル書-
              込みを行う可能世里△訌犧遒鮃圓際に、選択されにくくなります。
              指定はバイト単位で行いますが、数字の末尾に空白を開けずにk/M/G/Tを指定
              することで、それぞれ1kバイト/1Mバイト/1Gバイト/1Tバイトを単位とする
              ことがでい泙后 デフォルトは128Mバイトです。

              例:

                   minimum_free_disk_space 1G

       gfsd_connection_cache _
              gfarmライブラリがgfsdとの通信に用いるコネクションを、いくつ
              までゥ礇奪轡紊垢襪を指定します。
              デフォルトは16コネクションです。

              例:

                   gfsd_connection_cache 32

       attr_cache_limit _
              gfarmライブラリがゥ礇奪轡紊垢訛粟の最大数を指定します。
              デフォルトは40000個です。

              例:

                   attr_cache_limit 100000

       attr_cache_timeout _
              gfarmライブラリが属世鬟-
              ャッシュしている時間を、ミリ秒単位で指定します。    デフォルトは
              1000ミリ秒すなわち 1秒です。

              例:

                   attr_cache_timeout 3600000

       log_level _
              どの優先度レベル以上のログを出力するかを指定します。
              ここで指定したレベル未満の優先度のログは、syslogや標準エラーへ
              送られません。    レベルは、優先度の高い順に"emerg",    "alert",
              "crit",  "err",  "warning",  "notice",   "info",   "debug"です。
              デフォルトの出力レベルは"info"です。
              "crit"以上の優先度を指定することは、お勧めでい泙擦鵝

              例:

                   log_level debug

       log_message_verbose_level _
              ログメッセージの冗長度を指定します。
              デフォルトは0です。レベル0では、ログIDが出力されます。
              レベル1では、レベル0に加えソースコードのファイル名と行番号が出力されます。
              レベル2では、レベル1に加え関数名が出力されます。

              例:

                   log_message_verbose_level 1

GRAMMAR

       gfarm2.confの文法をBNFで欺劼垢襪函下気里茲Δ砲覆蠅泙后

            <statement> ::=
                   <spool_statement> |
                   <spool_server_listen_address_statement> |
                   <spool_server_cred_type_statement> |
                   <spool_server_cred_service_statement> |
                   <spool_server_cred_name_statement> |
                   <metadb_server_host_statement> |
                   <metadb_server_port_statement> |
                   <metadb_server_cred_type_statement> |
                   <metadb_server_cred_service_statement> |
                   <metadb_server_cred_name_statement> |
                   <metadb_server_stack_size_statement> |
                   <metadb_server_thread_pool_size_statement> |
                   <metadb_server_job_queue_length_statement> |
                   <metadb_server_heartbeat_interval_statement> |
                   <metadb_server_dbq_size_statement> |
                   <ldap_server_host_statement> |
                   <ldap_server_port_statement> |
                   <ldap_base_dn_statement> |
                   <ldap_bind_dn_statement> |
                   <ldap_bind_password_statement> |
                   <postgresql_server_host_statement> |
                   <postgresql_server_port_statement> |
                   <postgresql_dbname_statement> |
                   <postgresql_user_statement> |
                   <postgresql_password_statement> |
                   <postgresql_conninfo_statement> |
                   <auth_statement> |
                   <sockopt_statement> |
                   <admin_user_statement> |
                   <admin_user_gsi_dn_statement> |
                   <local_user_map_statement> |
                   <local_group_map_statement> |
                   <schedule_cache_timeout_statement> |
                   <schedule_idle_load_thresh_statement> |
                   <schedule_busy_load_thresh_statement> |
                   <schedule_virtual_load_statement> |
                   <minimum_free_disk_space_statement> |
                   <gfsd_connection_cache_statement> |
                   <attr_cache_limit_statement> |
                   <attr_cache_timeout_statement> |
                   <log_level_statement> |
                   <log_message_verbose_level_statement>
            <spool_statement> ::= "spool" <pathname>
            <spool_server_listen_address_statement> ::=
                   "spool_server_listen_address" <ipv4_address>
            <spool_server_cred_type_statement> ::=
                   "spool_server_cred_type" <cred_type>
            <spool_server_cred_service_statement> ::=
                   "spool_server_cred_service" <cred_service>
            <spool_server_cred_name_statement> ::=
                   "spool_server_cred_name" <cred_name>
            <metadb_server_host_statement> ::= "metadb_server_host" <hostname>
            <metadb_server_port_statement> ::= "metadb_server_port" <portnumber>
            <metadb_server_cred_type_statement> ::=
                   "metadb_server_cred_type" <cred_type>
            <metadb_server_cred_service_statement> ::=
                   "metadb_server_cred_service" <cred_service>
            <metadb_server_cred_name_statement> ::=
                   "metadb_server_cred_name" <cred_name>
            <metadb_server_stack_size_statement> ::=
                   "metadb_server_stack_size" <number>
            <metadb_server_thread_pool_size_statement> ::=
                   "metadb_server_thread_pool_size" <number>
            <metadb_server_job_queue_length_statement> ::=
                   "metadb_server_job_queue_length" <number>
            <metadb_server_heartbeat_interval_statement> ::=
                   "metadb_server_heartbeat_interval" <number>
            <metadb_server_dbq_size_statement> ::=
                   "metadb_server_dbq_size" <number>
            <ldap_server_host_statement> ::= "ldap_server_host" <hostname>
            <ldap_server_port_statement> ::= "ldap_server_port" <portnumber>
            <ldap_base_dn_statement> ::= "ldap_base_dn" <string>
            <ldap_bind_dn_statement> ::= "ldap_bind_dn" <string>
            <ldap_bind_password_statement> ::= "ldap_bind_password" <string>
            <postgresql_server_host_statement> ::= "postgresql_server_host" <hostname>
            <postgresql_server_port_statement> ::= "postgresql_server_port" <portnumber>
            <postgresql_dbname_statement> ::= "postgresql_dbname" <string>
            <postgresql_user_statement> ::= "postgresql_user" <string>
            <postgresql_password_statement> ::= "postgresql_password" <string>
            <postgresql_conninfo_statement> ::= "postgresql_conninfo" <string>
            <auth_statement> ::=
                   "auth" <validity> <auth_method> <hostspec>
            <auth_command> ::= "enable" | "disable"
            <auth_method> ::= "gsi" | "gsi_auth" | "sharedsecret"
            <sockopt_statement> ::=
                   "sockopt" <socket_option>[=<number>] [""LISTENER" | <hostspec>]
            <socket_option> = "debug" | "keepalive" | "sndbuf" | "rcvbuf" |
                   "tcp_nodelay"
            <admin_user_statement> ::= "admin_user" <string>
            <admin_user_gsi_dn_statement> ::= "admin_user_gsi_dn" <string>
            <local_user_map_statement> ::= "local_user_map" <pathname>
            <local_group_map_statement> ::= "local_group_map" <pathname>
            <schedule_cache_timeout_statement> ::= "schedule_cache_timeout" <number>
            <schedule_idle_load_thresh_statement> ::= "schedule_idle_load_thresh" <load>
            <schedule_busy_load_thresh_statement> ::= "schedule_busy_load_thresh" <load>
            <schedule_virtual_load_statement> ::= "schedule_virtual_load" <load>
            <minimum_free_disk_space_statement> ::=
                   "minimum_free_disk_space" <size>
            <gfsd_connection_cache_statement> ::= "gfsd_connection_cache" <number>
            <attr_cache_limit_statement> ::= "attr_cache_limit" <number>
            <attr_cache_timeout_statement> ::= "attr_cache_timeout" <number>
            <log_level_statement> ::= "log_level" <log_priority>
            <log_message_verbose_level_statement> ::= "log_message_verbose_level" <number>
            <hostspec> ::= <ipv4_address> | <ipv4_address> "/" <address_mask> |
                   <hostname> | "." <domain_name> | "*"
            <pathname> ::= <pathname_character> <pathname_character>*
            <pathname_character> ::= <hostname_character> | "," | "/" | "_"
            <hostname> ::= <hostname_character> <hostname_character>*
            <hostname_character> ::= <alphabet> | <digit> | "-" | "."
            <portnumber> ::= <number>
            <size> ::= <number> [ "k" | "M" | "G" | "T" ]
            <number> ::= <digit> [<digit>*]
            <digit> ::= "0" | "1" | "2" | "3" | "4" | "5" | "6" | "7" | "8" | "9"
            <string> ::= """ <double_quoted_character>* """
            <double_quoted_character> ::=
                   <any_character_except_backslash_and_double_quotation> |
                   "\\" | "\""
            <validity> ::= "enable" | "disable"
            <log_priority> ::= "emerg" | "alert" | "crit" | "err" | "warning" |
                   "notice" | "info" | "debug"

EXAMPLES

       メタデータの保存にPostgreSQLを使い、IPアドレス192.168.0.0/24の
       ファイルシステムノードやクライアントに対して、sharedsecret認証を
       使う例です。

       spool /var/spool/gfarm
       metadb_server_host metadb.example.org
       metadb_server_port 601
       postgresql_server_host metadb.example.org
       postgresql_server_port 5432
       postgresql_dbname gfarm
       postgresql_user gfarm
       postgresql_password "secret-postgresql-password"
       auth enable sharedsecret 192.168.0.0/24
       sockopt keepalive

       メタデータの保存にLDAPを使い、任意のIPアドレスを使う
       ファイルシステムノードやクライアントに対して、GSI認証を使う例です。

       spool /var/spool/gfarm
       metadb_server_host metadb.example.com
       metadb_server_port 601
       ldap_server_host metadb.example.com
       ldap_server_port 602
       ldap_base_dn "dc=example, dc=com"
       ldap_bind_dn "cn=gfarmuser, dc=example, dc=com"
       ldap_bind_password "secret-ldap-password"
       auth enable gsi *
       sockopt keepalive

FILES

       %%SYSCONFDIR%%/gfarm2.conf

       $HOME/.gfarm2rc

SEE ALSO

       gfmd(8), gfsd(8), setsockopt(2)