Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20100315-1_all bug

IPCHAINS浩
       ip6tables は、Rusty Russell  の  ipchains  と非常によく似ている。  大-
       な違いは、チェイン              INPUTOUTPUT
       が、それぞれローカルホストに入ってくるパケットと、
       ローカルホストから出されるパケットのみしか調べないという点である。
       よって、全てのパケットは  3   つあるチェインのうち   1   つしか通らない
       (ループバックトラフィックは例外で、INPUT            と           OUTPUT
       チェインの両方を通る)。        以前は         (ipchains         では)、
       フォワードされるパケットが 3 つのチェイン全てを通っていた。

       その他の大い憤磴い蓮        -i       で入力インターフェース、       -o
       で出力インターフェースを指定し、             ともに             FORWARD
       チェインに入るパケットに対して指定可能な点である。            ip6tables
       では、その他にもいくつかの変更がある。

目
       ip6tables-save(8), ip6tables-restore(8), iptables(8), iptables-save(8),
       iptables-restore(8).

       パケットフィルタリングについての詳細な iptables の使用法を 説明している
       packet-filtering-HOWTO。  NAT  について詳細に説明している   NAT-HOWTO。
       標準的な配布には含まれない拡張の詳細を説明している           netfilter-
       extensions-HOWTO。    内部構造について詳細に説明している     netfilter-
       hacking-HOWTO。
       http://www.netfilter.org/ を参照のこと。

者
       Rusty  Russell  は、初期の段階で  Michael  Neuling  に相談して iptables
       を書いた。

       Marc        Boucher        は         Rusty         に         iptables
       の一般的なパケット選択の考え方を勧めて、     ipnatctl    を止めさせた。
       そして、mangle     テーブル・所夕團泪奪船鵐亜     mark      機能を書-
       、いたるところで使われている素晴らしいコードを書いた。

       James Morris が TOS ターゲットと tos マッチングを書いた。

       Jozsef Kadlecsik が REJECT ターゲットを書いた。

       Harald  Welte  が  ULOG  ターゲット・TTL  マッチングと TTL ターゲット・
       libipulog を書いた。

       Netfilter  コアチームは、Marc   Boucher,   Martin   Josefsson,   Jozsef
       Kadlecsik, James Morris, Harald Welte, Rusty Russell である。

       ip6tables の man ページは、Andras Kis-Szabo によって作成された。 これは
       Herve  Eychenne  <rv@wallfire.org>  によって書かれた  iptables  の  man
       ページを元にしている。

                                 Mar 09, 2002                     IP6TABLES(8)