Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20100315-1_all bug

LIDS_FLAG

       たくさんのフラグをセットすることがでい襦8限をセットしたり外し
              たり、さらにLIDS
              システムをオンにしたりオフにしたりすることもでい襦

限
       LIDS   で使われる権限には、下気里發里ある。封印して切替えをすると   -
       に、権限を邑や無効にするために名前を使用することがでい襦
       さらに、権限がシステム全体で無効になっているとい任癲▲廛蹈哀薀爐妨限
       を与えることがでい襦

       CAP_CHOWN
              chown(2)/chgrp(2)

       CAP_DAC_OVERRIDE
              DAC access.

       CAP_DAC_READ_SEARCH
              DAC read.

       CAP_FOWNER
              ユーザーID とオーナーID が等しくない

       CAP_FSETID
              実行ユーザーID とオーナーID が等しくない

       CAP_KILL
              実/邑ID とプロセスID が等しくない

       CAP_SETGID
              setgid(2)

       CAP_SETUID
              set*uid(2)

       CAP_SETPCAP
              転送権限

       CAP_LINUX_IMMUTABLE
              不変か、付け加えられるファイル特

       CAP_NET_BIND_SERVICE
              1024 未満のポートへのバインディング

       CAP_NET_BROADCAST
              マルチゥ礇好箸離屮蹇璽疋ャスト/リスニング

       CAP_NET_ADMIN
              インターフェース/ファイアーウォール/ルーティング 変更

       CAP_NET_RAW
              RAW ソケット(ping)

       CAP_IPC_LOCK
              共優瓮皀蝓璽札哀瓮鵐箸離蹈奪

       CAP_IPC_OWNER
              IPC 所夕圓離船Д奪

       CAP_SYS_MODULE
              カーネルモジュールの挿入と削除

       CAP_SYS_RAWIO
              ioperm(2)/iopl(2) アクセス

       CAP_SYS_CHROOT
              chroot(2)

       CAP_SYS_PTRACE
              ptrace(2)

       CAP_SYS_PACCT
              プロセスアカウンティングの設定

       CAP_SYS_ADMIN
              管理者の重み

       CAP_SYS_BOOT
              reboot(2)

       CAP_SYS_NICE
              nice(2)

       CAP_SYS_RESOURCE
              リソース制限の設定

       CAP_SYS_TIME
              システム時間の設定

       CAP_SYS_TTY_CONFIG
              TTY 設定

       CAP_MKNOD
              mknod() の特別な許可

       CAP_LEASE
              ファイルにリースを許可

       CAP_HIDDEN
              システムからプログラムを隠す

       CAP_KILL_PROTECTED
              プロセスに、保護されているプロセスをkill させることを許可/不許可

       CAP_PROTECTED
              シグナルからプロセスを保護

グ
       これらのフラグは、管理オプションの"-S" と共に用いられる。

       LIDS_GLOBAL
              LIDS システム全体を邑/無効にする。

       RELOAD_CONF
              設定ファイルと、プログラムのinode/dev 番号を再読込させる。

       LIDS   LIDS           をローカルに(シェルと子プロセスも)           を-
              効/無効にする。これは、        LIDS        フリーセッション(LFS)
              として知られている。

例
       下気lidsadm の使用例をいくつか示す。

       lidsadm -I
              カーネルを、デフォルトの/etc/lids/lids.cap
              にある権限セットを用い
              て封印する。そのファイルは、自分自身で編集する必要がある。

       lidsadm -S -- -LIDS
              LIDS              を現在のターミナルセッション上でオフにすると-
              は、このオプションを 使用することを薦める。

       lidsadm -S -- -LIDS_GLOBAL
              LIDS                を全体的にオフにする。システムは、もはやLIDS
              で守られていない。

源
      ト
              参加、退会するとい砲蓮⊆,離汽ぅ箸鮖仮-
              http://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/lids-user
              メッセ-ジをメーリングリストに投稿すると-
              は、メールを次のところまで送信         してほしい-         lids-
              user@lists.sourceforge.net
              最新のLIDS     メーリングリストのアーカイブは、次のところにある-
              http://www.geocrawler.com/redir-sf.php3?list=lids-user
              古いアーカイブは、次のところにある-
              http://groups.yahoo.com/group/lids

       LIDS FAQ
              LIDS FAQ は次のところにある-
              http://www.lids.org/lids-faq/lids-faq.html
              あるいは、
              http://www.roedie.nl/lids-faq

グ
       LIDS   に関するバグは、Xie   やPhil  に送るか、あるいはメーリングリスト
       (lids-user@lists.sourceforge.net)                      に送ってほしい。
       カーネルをコンパイルするとい忙箸辰拭.config  ファイルと、/etc/lids  に
       あるlids.conf     とlids.cap     ファイルを一緒に送ること。また、このマ
       ニュアルページでエラーを見付けたら、Sander Klein まで知らせて欲しい。

ル
       /etc/lids/lids.conf - LIDS 設定ファイル
       /etc/lids/lids.cap - 全体の権限の定義
       /etc/lids/lids.net - e-mail アラートの設定
       /etc/lids/lids.pw - 暗号化されたLIDS パスワード

目
       lidsconf(8)

AUTHORS

       Huagang Xie <xie@lids.org>

       Philippe Biondi <biondi@cartel-securite.fr>

       マニュアルページは、Sander Klein によって書かれた。 <roedie@roedie.nl>

布
       LIDS             の最新のバージョンは、            http://www.lids.org/
       か、ミラーからダウンロードでい襦

       LIDS    is    (C)    1999-2003    by    Huagang     Xie(xie@lids.org)。
       その他の注意点は、lidsadm (8) のマニュアルを参照のこと。

                                                                    LIDSADM(8)