Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20100315-1_all bug

TCP_WRAPPERSト
       この版の rpc.statdtcp_wrapper  ライブラリによって保護されている。
       クライアントからの        rpc.statd        に対するアクセスが必要なら、
       許可するよう設定しなければならない。.bar.com                 ドメインの
       クライアントからのアクセスを許可するには、             /etc/hosts.allow
       に次のように書けばよい。

       statd: .bar.com

       デーモンの名前は      (バイナリのファイル名が異なっていても)      statd
       としなければならない。

       詳細は man ページ tcpd(8) と hosts_access(5) を見てほしい。

ル
       SIGUSR1                       を送ると、                      rpc.statd
       はディスクから通知リストを読み直して、クライアントに通知を送る。
       このシグナルは高可用  NFS  (HA-NFS)  環兇砲いて、  他のサーバから NFS
       エクスポートの引し僂を行うとい法
       クライアントに通知を行ってファイルロックを再取得するために使用される。

ル
       /var/lib/nfs/state
       /var/lib/nfs/sm/*
       /var/lib/nfs/sm.bak/*

目
       rpc.nfsd(8), portmap(8)

者
       Jeff Uphoff <juphoff@nrao.edu>
       Olaf Kirch <okir@monad.swb.de>
       H.J. Lu <hjl@gnu.org>
       Lon Hohberger <hohberger@missioncriticallinux.com>
       Paul Clements <paul.clements@steeleye.com>

                                  31 Aug 2004                     rpc.statd(8)