Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

GNU 詳細
       GNU 版ではコロンの代わりにドットが使える (BSD に従っている)。 [POSIX で
       はユーザー名にドットが使えるため、これは許されていなかった。]

       ユーザー名に続いてコロンもしくはドットがあるのにグループ名が無い場合、
       ファイルの所有権はそのユーザーになり、 ファイルのグループはそのユーザー
       のログイングループに変更される。 コロンもしくはドットとグループは指定さ
       れているがユーザー名が無い場合、 ファイルのグループのみが変更される; こ
       の場合、 chown コマンドは chgrp コマンドと同じ働きをする。

POSIX オプション
       -R     ディレクトリやそこに含まれるものの所有権を再帰的に変更する。

GNU オプション
       -c, --changes
              実際に所有権の変更があった file それぞれについての動作を詳細に表
              示する。

       --dereference
              シンボリックリンクそれ自身ではなく、指している先を変更する。

       -f, --silent, --quiet
              所有権を変更できなかったファイルについてのエラーメッセージを出力
              しない。

       --from=owner:group
              ownergroup にマッチするファイルのみを変更する。 どちらかを省
              略することもできる。

       -h, --no-dereference
              指している先ではなく、シンボリックリンクそれ自身を変更する。  こ
              れがデフォルトである。  lchown(2)  が提供されていない場合、chown
              は失敗する。  再帰的に処理している時にシンボリックリンクを見付け
              ても、 --verbose が指定されていない場合、 エラーメッセージは出力
              されない。

       -v, --verbose
              全ての file について変更した (もしくはしなかった) という動作を詳
              細に表示する。

       -R, --recursive
              ディレクトリやそこに含まれるものの所有権を再帰的に変更する。

       --reference=file
              明示的に user-group 値を指示する代わりに、 参照用に指定した file
              のユーザー、グループを使う。

GNU 標準オプション
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

環境変数
       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

準拠
       POSIX 1003.2 ではユーザー名とグループ名の間の区切り文字として  ドットの
       使用を認めていない。

注意
       chown(2)  で  set-uid ビットや set-gid ビットがリセットできるシステムで
       も、 set-uid や set-gid は保護される。

       このページでは fileutils-4.1 パッケージでの chown  コマンドについて説明
       している。  その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。 修正や追
       加は aeb@cwi.nl, aw@mail1.bet1.puv.fi, ragnar@ragnar-hojland.com 宛てに
       メールで連絡してほしい。         プログラムのバグについては        bug-
       fileutils@gnu.org へ報告してほしい。