Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

名前

       dircolors - `ls' コマンドのカラー出力の設定

書式

       dircolors  [-b]  [--sh]  [--bourne-shell] [-c] [--csh] [--c-shell] [-p] [--print-database]
       [--help] [--version] [FILE]

説明

       dircolors コマンドは ls (及び dir、 等) コマンド用に、希望するカラー出力を得るためのシェル
       コマンドのシーケンスを出力する。
              eval `dircolors [OPTION]... [FILE]`

       FILE を指定すると、 dircolors はファイルタイプや拡張子に応じたカラーを決めるためにそれを読
       む。指定しない場合には  予めプログラムに組み込まれたデータが使われる。これらのファイルの書
       式についての詳細は `dircolors --print-database'を実行する。

       出力は環境変数  LS_COLORS を設定するシェルコマンドである。コマンドのオプションでどのシェル
       用かを指定することができ、 指定しないと dircolors は環境変数 SHELL の値から推測する。

       このコマンドを実行後、`ls --color' (これを ls コマンドとエイリアスするのも良い) は希望した
       カラーでファイルをリスト出力する。

オプション

       -b, --sh, --bourne-shell
              Bourneシェル用コマンドを出力する。環境変数  SHELL に値が設定されていて csh もしくは
              tcsh のいずれでも終っていない場合にはこれが標準である。

       -c, --csh, --c-shell
              Cシェル用コマンドを出力する。環境変数 SHELL の値が csh もしくは  tcsh  のいずれかで
              終っている場合にはこれが標準である。

       -p, --print-database
              読み込まれている標準のカラー構成情報を出力する。この出力はそれ自身で有効な構成ファ
              イル となっており、設定できることについてかなり説明されている。

GNU 標準オプション

       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

環境変数

       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。 変数 LS_COLORS は ls  コマン
       ドに情報を渡すために使われる。

準拠

       ls(1) コマンドのカラー出力は GNU での拡張である。

関連項目

       ls(1)

注意

       このページでは fileutils-4.1 パッケージでの dircolors コマンドについて説明している; その他
       のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。修正や       追加は       aeb@cwi.nlaw@mail1.bet1.puv.fi そして ragnar@ragnar-hojland.com 宛てメイルしてください。プログラムの
       バグについては bug-fileutils@gnu.org へ報告してください。