Provided by: gfarm-client_2.4.1-1ubuntu1_i386 bug

NAME

       gfkey - Gfarm セッション・キー管理コマンド

SYNOPSIS

       gfkey [  ]

DESCRIPTION

       信頼された環境で  gfsd、gfmd  を共有秘密鍵認証でアクセスするのに 必要な
       セッション・キー・ファイル $HOME/.gfarm_shared_key を扱うコマンドです。

       ホーム・ディレクトリを共有している環境では、このコマンドを使う必要性 は
       あまりありませんが、そうでない環境では、このコマンドでキーを生成し   た
       後、全ファイルシステムノードにキーを配付する必要があります。

OPTIONS

       -c     このオプションを指定すると、有効なセッション・キーがない場合
              に、セッ  ション・キー・ファイルを作成します。既に有効なセッショ
              ン・キーが存 在する場合には何もしません。

       -f     強制的にセッション・キーを作成します。    既に有効なセッション・
              キーが存在する場合でも、そのキーを捨てて新た    にキーを作成しま
              す。

       -p period
              セッション・キーの有効期限を指定します。単位は秒です。  このオプ
              ションは -c オプションあるいは -f オプションと同時に指定する必要
              があります。

       -l     現在のキーを表示します。

       -e     現在のキーの期限が切れる時刻を表示します。

       -L message-priority-level
              このオプションで指定したレベル以上の優先度のメッセージを出力しま
              す。             デフォルトはinfoです。             指定できる値
              はgfarm2.conf(5)のlog_levelの項を参照してください。

       -?     引数オプションを表示します。

FILES

       $HOME/.gfarm_shared_key
              セッション・キー・ファイルです。