Provided by: gfarm-client_2.4.1-1ubuntu1_amd64 bug

NAME

       gfrm - Gfarm ファイル,ディレクトリ,ファイル複製を削除する.

SYNOPSIS

       gfrm [ -frRnqv ] [ -I ファイルセクション ] [ -h ファイルシステムノード ] [ -D ドメイン名 ]
       [ -H ホスト指定ファイル ] [ -N 複製数 ] [ -j スレッド数 ] gfarm-URL ...

DESCRIPTION

       Gfarm-URL に指定されたファイルを削除します.  デフォルトではディレクトリの削除は行いません
       が,  -rあるいは-R オプションが指定された場合, 指定されたディレクトリ以下のファイルおよび
       ディレクトリが再帰的に消去されます. なお,. あるいは ..  が指定された場合はエラーになりま
       す.

       -Iオプションを指定することにより,  ファイルの特定のファイルセクションを削除することができ
       ます. ファイルセクションとは,実行形式のファイルの場合はアーキテクチャ名, 通常ファイルの
       場合はファイルインデックス番号となります.

       -h-D-H オプションでファイルシステムノードを指定することにより, 指定されたノードに格納
       されているファイル複製を削除することができます. デフォルトでは, ファイルの削除となってし
       まう全てのファイル複製の削除はできませんが,  -fオプションをつけることにより削除することが
       できます.

OPTIONS

       -f     ファイル複製削除の場合に, 全てのファイル複製を削除することになってもファイル複製を
              削除します.    この時,ファイル自体が削除されることになります.   このオプションは
              -h-D-H のいずれかのオプションとともに指定された場合に有効です.

       -j スレッド数
              指定されたスレッド数で並列にファイル/ファイル複製を削除します.   このオプションは
              gfrm が OpenMP C コンパイラでコンパイルされたときに 限り有効です.

       -n     消去されるファイルを表示します. 実際には何も実行されません.

       -q     余分なメッセージを表示しません.

       -r, -R 引数がディレクトリだった場合,そのディレクトリ以下を 全て,再帰的に削除します.

       -v     冗長にメッセージを表示します.

       -h ファイルシステムノード
              複製を削除するファイルシステムノード名を指定します. -Iオプションと共に用いることに
              より, 特定のファイルセクションの複製を削除することができます.

       -D ドメイン名
              複製を削除するファイルシステムノードのドメイン名を指定します.

       -H ホスト指定ファイル
              複製を削除するファイルシステムノード群を記載したファイル名を指定します.   ホスト名
              は,各行に一ホストずつ記述します.

              ファイル名として  ``-''  を指定した場合,標準入力からホスト名のリストを  読み込みま
              す.

       -I ファイルセクション
              削除するファイルセクションを指定します. ファイルセクションとは,  実行形式のファイ
              ルの場合は,アーキテクチャ名(例     「sparc-sun-solaris8」),    通常ファイルの場合
              は,ファイルインデックス番号のことです.

       -N 複製数
              指定された複製数より多くの複製をもつファイルに対し, 複製を消去し指定された複製数に
              します.

       -?     引数オプションを表示します.