Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

GNU バックアップオプション
       GNU 版のプログラム cp, mv, ln, install, patch  は、上書き・修正・削除と
       いった場合に、指示すればファイルの  バックアップを作成する。 バックアッ
       プファイルを必要とする場合は -b オプションで指定する。 どのような名前に
       するかは   --backup  オプションで指定する。  バックアップファイルの名前
       を、ファイル名に拡張子を追加する形で 与えるようにしたい場合、  この拡張
       子を -S オプションで指示する。

       -b, --backup[=method]
              上書きもしくは削除の必要がある場合には、  ファイルのバックアップ
              を作成する。 -b が引き数をとらない点に注意すること。

       -S suffix, --suffix=suffix
              SUFFIX をバックアップファイルそれぞれに付け加える。 このオプショ
              ンが指定されていない場合、環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX に設定さ
              れている値が使われる。 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX が設定されていない場
              合のデフォルトは `~' である。

       -V method, --version-control=method
              バックアップファイルの命名方法を指定する。   引き数   method  に
              は、`numbered' (または `t')、`existing' (または `nil')、 `never'
              (または  `simple') を指定できる。 このオプションが指定されていな
              い場合、環境変数        VERSION_CONTROL         の値が使われる。
              VERSION_CONTROL  が設定されていない場合のデフォルトは `existing'
              である。

              このオプションは Emacs 変数の `version-control' に対応している。
              有効な method は以下の通り。(他と重複しない短縮形が使える):

              t, numbered
                     常に番号の拡張子を持つバックアップが作られる。

              nil, existing
                     番号の拡張子を持つバックアップがすでにある場合には 番号の
                     拡張子を持つバックアップを、 そうでない場合には単純なバッ
                     クアップを作成する。

              never, simple
                     常に単純なバックアップが作られる。

              このオプションは推奨されない。  代りに  --backup=method を使うこ
              と。

GNU 標準オプション
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストの終りを示す。

環境変数
       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。 GNU  版で
       は、変数  SIMPLE_BACKUP_SUFFIX と VERSION_CONTROL が バックアップファイ
       ルの命名法を上で説明した方法で管理する。

準拠
       BSD 4.2 (-c, -m, -o, -g, -s オプションがある)。

注意
       このページは fileutils-4.1 パッケージの install  コマンドについて説明し
       たものである; その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。 修正や
       追加は aeb@cwi.nl, aw@mail1.bet1.puv.fi, ragnar@ragnar-hojland.com 宛に
       メールで連絡してください。        プログラムのバグについては       bug-
       fileutils@gnu.org へ報告してください。