Provided by: kterm_6.2.0-46ubuntu4_i386 bug

NAME

       kterm - 多国語用 X 端末エミュレータ

SYNOPSIS

       kterm [-toolkitoption ...] [-xtermoption ...] [-option ...]

DESCRIPTION

       kterm は、xterm(1) をもとにした、多国語用端末のエミュレー タです。xterm
       との主な違いは、ISO2022   で符号化された多国語テキス   トを扱うことがで
       き、色の付いたテキストを表示でき、ステータスライン機能 を持つという点で
       す。多国語テキストの入力には、X  Input   Method   (XIM)   プ   ロトコル
       と、kinput2   プロトコルの両方を利用することができます。詳しくは  USING
       XIM と USING KINPUT2 の節を参照してください。

OPTIONS

       kterm は、xterm(1) のコマンドラインオプションに加え、  以下のオプション
       を受け付けます:

       -dfl    kterm  がフォントを動的に(要求があったときに)ロードすることを指
               示 します。大きなフォントをロードする際に、kterm や X  サーバが
               一瞬 止まってしまうことがあります。

       +dfl    kterm がフォントをあらかじめロードしておくことを指示します。

       -fl fontlist
               フォントのリストを指定します。fontlist は任意のワイルドカードを
               含む XLFD を、カンマで区切って並べたリストです。kterm  は、必要
               な 文字セットを持つフォントをこのリストから選択します。本リリー
               スでは以下 の文字セットを使用することがあります:
               "iso8859-1",
               "iso8859-2",
               "iso8859-3",
               "iso8859-4",
               "iso8859-5",
               "iso8859-6",
               "iso8859-7",
               "iso8859-8",
               "iso8859-9",
               "jisx0201.1976-0",
               "jisx0208.1990-0" または "jisx0208.1983-0",
               "jisx0212.1990-0",
               "gb2312.1980-0",
               "ksc5601.1987-0",
               "jisc6226.1978-0" または "jisx0208.1983-0"。

       -fn iso8859/1-font
               Latin-1  (ASCII  を含む)   のテキストを表示する時に用いる、通常
               の(ボールド  でない) ISO8859/1 のフォントを指定します。指定され
               ていない時は、 fontlist の中から探します。

       -fr roman-kana-font
               通常の      JISX0201       のフォントを指定します。このフォント
               は、ISO8859/1 のフォ ントと同じ高さと幅を持っていなければなりま
               せん。指定されていない時は、 fontlist の中から探します。

       -fk kanji-font
               漢字テキストを表示する時に用いる通常の JISX0208  のフォントを指
               定します。    このフォントは、ISO8859/1    のフォントと同じ高さ
               で、2倍の幅を持っていな    ければなりません。指定されていない時
               は、fontlist の中から探しま す。

       -flb bold-fontlist

       -fb bold-font

       -frb roman-kana-bold-font

       -fkb kanji-bold-font
               ボールドフォントを指定します。

       -lsp dots
               このオプションは各行間に挿入するスペースのドット数を指定しま
               す。

       -ka     kterm が X サーバとのソケット接続に KEEPALIVE  オプションを用い
               る  ことを指示します。サーバが電源をしばしば切る X 端末であるよ
               うな時に有 用です。

       +ka     kterm が X サーバとのソケット接続に KEEPALIVE  オプションを用い
               な いことを指示します。

       -km kanji-mode
               pty        とやりとりされる漢字コードを指定します。漢字モードが
               ``euc''   の場    合、入出力は日本語    EUC    であると仮定しま
               す。``sjis''   の場合、Shift-JIS  コード(マイクロソフト漢字コー
               ド)であると仮定します。

       -sn     デフォルトでは、ステータスラインは(ウインドウの他の部分に対して
               相対的  に)反転します。このオプションはステータスラインを反転し
               なくします(しか し、箱で囲まれます)。

       +sn     このオプションはステータスラインを反転します。

       -st     ステータスラインがスタート時に表示されるようにします。

       +st     ステータスラインがスタート時に表示されないようにします。

       -version
               単に kterm のバージョンを表示します。

       -xim    kterm  の起動時に   IM   をオープン(しようと)することを指示しま
               す。適 切な IM サーバが走っていない場合は、kterm はそれを待つこ
               とはなく、 サーバが利用可能になってから接続を行います。

       +xim    kterm が起動時に IM をオープンしないことを指示します。

RESOURCES

       このプログラムは、xterm のすべてのリソースと同様に、以下の  vt100  ウィ
       ジェット用リソースも解釈します。

       dynamicFontLoad (class DynamicFontLoad)
               kterm がフォントを動的にロードするかどうかを指定します。 デフォ
               ルトは ``true'' です。

       fontList (class FontList)
               フォント名のリストを指定します。デフォルトは ``-*-fixed-medium-
               r-normal--14-*,   -*-gothic-medium-r-normal--14-*,   -*-mincho-
               medium-r-normal--14-*'' です。

       boldFontList (class FontList)
               ボールドフォント名のリストを指定します。デフォルトでは指定しま
               せん。

       font (class Font)
               Latin-1 のフォント名を指定します。デフォルトでは指定しません。

       boldFont (class Font)
               Latin-1  のボールドフォント名を指定します。デフォルトでは指定し
               ません。

       romanKanaFont (class RomanKanaFont)
               JIS-Roman  と片仮名のフォント名を指定します。デフォルトでは指定
               しません。

       romanKanaBoldFont (class RomanKanaFont)
               JIS-Roman  と片仮名のボールドフォント名を指定します。デフォルト
               では指定しません。

       kanjiFont (class KanjiFont)
               漢字のフォント名を指定します。デフォルトでは指定しません。

       kanjiBoldFont (class KanjiFont)
               漢字のボールドフォント名を指定します。デフォルトでは指定しませ
               ん。

       kanjiMode (class KanjiMode)
               pty  とやりとりする漢字コードを指定します。デフォルトは ``jis''
               です。

       lineSpace (class LineSpace)
               各行間に挿入するスペース量を指定します。デフォルトは  ``0''  で
               す。

       keepAlive (class KeepAlive)
               kterm  が X サーバとのソケット接続に KEEPALIVE オプションを用い
               るかどうか指定します。 デフォルトは ``false'' です。

       statusLine (class StatusLine)
               ステータスラインをスタート時に表示します。デフォルトは
               ``false'' です。

       statusNormal (class StatusNormal)
               ステータスラインが反転しないことを指定します。デフォルトは
               ``false'' です。

       forwardKeyEvent (class ForwardKeyEvent)
               false          だと変換サーバにキーイベントを送りません。この場
               合、フォーカスが kterm にあるがポインタは他のウインドウ上にある
               時には変換サーバは イベントを受け取ることができません。その代わ
               り遅いネットワークでは変換 時のレスポンスが改善されることがあり
               ます。デフォルトは ``true'' です。

       openIm (class OpenIm)
               kterm の起動時に IM  をオープン(しようと)するかどうかを指定しま
               す。 デフォルトは ``false'' です。

       eucJPLocale (class EucJPLocale)
               入力メソッドのロケールを、カンマで区切ったリストの形式で指定し
               ます。デ                                               フォルト
               は``ja_JP.eucJP,ja_JP.ujis,ja_JP.EUC,japanese.euc,    Japanese-
               EUC,ja,japan'' です。詳しくは  USING  XIM  の節を参照してくださ
               い。

       inputMethod (class InputMethod)
               入力メソッドモディファイアを指定します。デフォルトでは指定しま
               せん。 (これは、環境変数 XMODIFIERS を使用するという意味です)

       preeditType (class PreeditType)
               XIM  プロトコルで用いる入力スタイルを、カンマで区切ったリストの
               形式で指  定します。現在は ``OverTheSpot'' と ``Root'' がサポー
               トされています。 デフォルトは ``OverTheSpot,Root'' です。

ACTIONS

       vt100 のトランスレーションリソース内で利用できるアクションが以下 のよう
       に追加されています:

       open-im([input-method])
               このアクションは、指定された入力メソッドモディファイアの  IM を
               オープン (しようと)します。もし input-method が省略されれば、最
               後に指定さ       れたモディファイアがそのまま使用されます。もし
               input-method   がキー   ワード   XMODIFIERS    ならば、環境変数
               XMODIFIERS が使用されます。

       close-im()
               このアクションは IM をクローズします。

       begin-conversion(conversion-atom)
               このアクションは、kinput2  プロトコルを用いて、テキスト入力のた
               めの変換  を開始します。日本語変換のための  conversion-atom  は
               ``_JAPANESE_CONVERSION'' です。

TERMCAP

       kterm   で利用できる   termcap(5)  エントリには、``kterm'',  ``xterm'',
       ``vt102'', ``vt100'' および ``ansi'' があります。

USING XIM

       kterm は、まず国際環境(ロケール)を、vt100 リソース "eucJPLocale" を用い
       て設定します。環境変数  LANG  は無視されます。これは kterm が日本語 EUC
       を内部入力コードとして用いているためです。も し、お使いのシステムが、デ
       フォルトで用意されているロケール名をサポート     していない場合は、app-
       defaults ファイルに適切に設定してください。その 後 kterm は、ロケールモ
       ディファイアを、リソース  "inputMethod"  ま  たは環境変数 XMODIFIERS に
       従って設定します。

       kterm  が、"-xim"  オプションで起動されたり、vtMenu  内の  "Open  Input
       Method"  が選択されると、kterm  は単に IM サーバの起動を知ら せるための
       コールバックを登録することしかしません。この時点で適切なサー バが走って
       いたり、後から利用可能になると  kterm はそのサーバに接 続します。変換の
       開始は、IM サーバの設定に依存します。

       もし、kterm が kinput2 プロトコルのサーバと接続していると、IM は オープ
       ンできません。

       さらに詳しい情報(テキストの入力/変換/修正方法など)は変換サーバのドキュ
       メント(kinput2(1))を参照して下さい。

       日本語以外の言語
       日本語以外の言語を入力するには、vt100 リソース "eucJPLocale" を  必要な
       ロケール名に設定し、漢字モードを("-km         euc"         オプション、
       "*vt100.kanjiMode: euc"  リソース、あるいは  vtMenu  の  "Japanese  EUC
       Mode"  エントリを用いて)日本語  EUC に設定してください。日本語 EUC モー
       ドでは、IM から入力された文字は、修正されずに pty  に渡されるので、この
       方法はどのようなロケールに対しても動作するはずです。ただし、この機構
       は、 将来変更される可能性があります。

       注意
       接続している IM サーバがあるタイミングで死ぬと kterm がハングし  てしま
       うことがあります。ある    kterm   上でそれに接続しているサーバ、   およ
       び、kterm  と接続を確立しようとしているサーバを殺してはいけま  せん。IM
       サーバを殺すときは、どの  kterm もそのサーバに接続してい ないことを必ず
       確かめてください。

       お知らせ
       kterm は、X11R5 に基づく XIMP プロトコルを用いたサーバとは通信で きませ
       ん。

USING KINPUT2

       デフォルトでは、control-Kanji  キーを押すと、kinput2 プロトコルを用いた
       日本語テキストのための変換が始まります。kinput2(1) などの変換サー  バは
       それまでに走らせてある必要があり、でなければ   `Conversion  Server  not
       found' という警告メッセージが現れます。他の言語については、もしサー  バ
       が利用可能ならば、トランスレーションテーブルを変更することによって、 変
       換を開始するためのキーをバインドすることができます。

       IM  がオープンされ(ようとし)ている場合は、kinput2  プロトコルを用いた変
       換は開始できません。

       さらに詳しい情報(テキストの入力/変換/修正方法など)は変換サーバのドキュ
       メント(kinput2(1))を参照して下さい。

SEE ALSO

       xterm(1), resize(1), X(1), kinput2(1), pty(4), tty(4)
       ``Xterm Control Sequences''

BUGS

       kterm  は2バイト文字が1バイト文字の二倍の幅を持っているものと仮定  しま
       す。不定幅のフォントは xterm 同様扱うことができません。

       本バージョンでは  JIS  モードで漢字を入力する際、``ESC $ B'' を漢字文字
       セットの割当に用います。

AUTHORS

       以下を含む多くの人々:

       佐野勝也 (株式会社東芝), 入江英夫 (ソニー株式会社), 加藤朗  (東京大学),
       有座道春  (株式会社 SRA), 石曽根信 (株式会社 SRA), 籠谷裕人 (岡山大学),
       武川進 (日本電信電話株式会社)