Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

POSIX オプション
       -f     指定したリンクファイルがすでにあった場合は削除する。

GNU オプション
       -d, -F, --directory
              スーパーユーザーがディレクトリへのハードリンクを作成するのを許
              す。

       -f, --force
              指定したリンクファイルがすでにあった場合は削除する。

       -i, --interactive
              指定したリンクファイルがすでにあった場合は、削除するかどうか問い
              合わせを行う。

       -n, --no-dereference
              明示的にディレクトリにシンボリックリンクしているリンクファイル
              が指定された場合、それを普通のファイルと同じように扱う。
              リンク先が実際のディレクトリ (どこかへのシンボリックリンクではな
              い) の場合、 そのディレクトリ内にリンクが作成される。 しかしディ
              レクトリへのシンボリックリンクがリンクファイルとして指定された場
              合、  2 つの可能性がある。 ln コマンドは指定されたリンクファイル
              を通常のディレクトリのように扱い、  その中にリンクを作成すること
              ができる。  もう 1 つは、リンクファイルが非ディレクトリ - シンボ
              リックリンクそのものであるとして扱うことができる。    その場合に
              は、 ln コマンドは新しいリンクを作成する前にシンボリックリンクを
              削除、 またはバックアップする必要がある。 デフォルトでは、ディレ
              クトリへのシンボリックリンクが指定された場合には、  ディレクトリ
              と同じように扱う。

       -s, --symbolic
              ハードリンクの代わりにシンボリックリンクを作成する。  シンボリッ
              クリンクをサポートしないシステムでは、  このオプションを指定する
              と単にエラーメッセージを出力する。

       --target-directory=DIR
              コマンドラインの最後の引き数として指定する代わりに、    このオプ
              ションでリンク先ディレクトリを指定する。 xargs(1) と一緒に使う場
              合に便利である。

       -v, --verbose
              リンクを作成する前にそれぞれの名前を出力する。

GNU バックアップオプション
       GNU 版のプログラム cp, mv, ln, install, patch  は、指示すれば上書き、修
       正、削除といった場合に  ファイルのバックアップを作成する。 バックアップ
       ファイルを必要とする場合は -b オプションで指示する。 どういう名前にする
       かは     --backup   オプションで指定する。   バックアップファイルの名前
       を、ファイル名の添字の拡張によって   与えるようにしたい場合、この添字を
       -S オプションで指示する。

       -b, --backup[=METHOD]
              上書きもしくは削除の必要がある場合にはファイルのバックアップを作
              成する。 -b は引き数をとらない点に注意すること。

       -S SUFFIX, --suffix=SUFFIX
              SUFFIX をバックアップファイルそれぞれに付け加える。 このオプショ
              ンが指定されていない場合、環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX に設定さ
              れている値が使われる。 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX が設定されていない場
              合、デフォルトは `~' である。

       -V METHOD, --version-control=METHOD
              このオプションは推奨されない。 代わりに --backup=METHOD を使うこ
              と。
              バックアップファイルの命名方法を指定する。  METHOD  引き数として
              `numbered' (または `t')、`existing' (または `nil')、 `never' (ま
              たは `simple') を指定できる。 このオプションが指定されていない場
              合、環境変数 VERSION_CONTROL の値が使われる。 VERSION_CONTROL が
              設定されていない場合、デフォルトのバックアップタイプは
              `existing' である。

              このオプションは Emacs 変数の `version-control' に対応している。
              有効な METHOD は (他と重複しない短縮形が使える):

              t, numbered
                     常に番号の添字を持つバックアップが作られる。

              nil, existing
                     番号の添字を持つバックアップがすでにある場合には番号の添
                     字を持つバックアップを、そうでない場合には単純なバック
                     アップを作成する。

              never, simple
                     常に単純なバックアップが作られる。

GNU 標準オプション
       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

環境変数
       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

準拠
       POSIX 1003.2 に準拠する。 しかし、POSIX 1003.2 (1996)  ではソフトリンク
       について触れていない。  ソフトリンクは  BSD  により持ち込まれ、System V
       release 3 (そしてそれ以前) のシステムでは無い。

関連項目
       ls(1),  rm(1),  link(2),  lstat(2),  open(2),   readlink(2),   stat(2),
       unlink(2)

注意
       このページでは fileutils-4.1 パッケージでの ln コマンドについて説明して
       いる。 その他のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。  修正や追加は
       aeb@cwi.nl,  aw@mail1.bet1.puv.fi, ragnar@ragnar-hojland.com 宛てにメー
       ルで連絡してほしい。  プログラムのバグについては  bug-fileutils@gnu.org
       へ報告してほしい。