Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

名称

       makeinfo - Texinfo 文書を変換する

書式

       makeinfo [OPTION]... TEXINFO-FILE...

説明

       Texinfo  で書かれたドキュメントを他のさまざまなフォーマットに変換します : Emacs またはスタ
       ンドアロンの GNU Info でオンラインに読むのに 適している Info ファイル  (デフォルトではこれ
       になります)、プレーンテキスト  (--no-headers を使用したとき)、あるいは HTML (--html を使用
       したとき) です。

オプション

       --commands-in-node-names
              ノード名に @ コマンドを許可します。

       -D VAR 変数を定義します。@set を使用した場合と同様です。

       -E, --macro-expand FILE
              マクロを展開したソースを FILE に出力します。

       --error-limit=NUM
              NUM 個のエラーが出ると終了します (デフォルトでは NUM は 100 です)。

       --fill-column=NUM
              Info ファイルの行を NUM 文字目で折り返します (デフォルトでは 72 です)。

       --footnote-style=STYLE
              STYLE に従った脚注を出力します :

              `separate' は、そのノード自身の中に脚注を置きます。 `end'  は、脚注が定義されている
              ノードの末尾に脚注を置きます (これがデフォルトです)。

       --force
              エラーが起こっても出力を保持します。

       --help このヘルプ画面を表示し、終了します。

       --html Info フォーマットではなく、HTML フォーマットで出力します。

       -I DIR DIR を @include のサーチパスに加えます。

       --ifhtml
              HTML を生成しないときでも、@ifhtml および @html テキストを 処理します。

       --ifinfo
              HTML を生成するときでも、@ifinfo テキストを処理します。

       --iftex
              @iftex および @tex テキストを処理します。

              --no-split オプションを暗に含んでいます。

       --no-headers
              Info  のノードセパレータおよび Node: 行を省き、標準出力に --output オプションを付け
              ないものを出力します。

       --no-ifhtml
              @ifhtml および @html テキストを処理しません。

       --no-ifinfo
              @ifinfo テキストを処理しません。

       --no-iftex
              @iftex および @tex テキストを処理しません。

       --no-split
              Info フォーマットの出力が大きいときに分割したり、ノード毎に HTML ファイルを作成した
              りするのをやめます。

       --no-validate
              ノードの相互参照の検証処理を省きます。

       --no-warn
              警告を出力しません (ただし、エラーは出力します)。

       --number-sections
              出力に章、セクションなどの番号を含むようにします。

       -o, --output=FILE
              FILE に出力します。@setfilename は無視します。

       -P DIR DIR を @include サーチパスの先頭に置きます。

       --paragraph-indent=VAL
              Info の段落を VAL 文字だけスペースで字下げします (デフォルトは 3 です)。

              VAL が `none' であるとき、字下げは行いません。 VAL が `asis' であるとき、現在存在す
              る字下げ処理を保持します。

       --reference-limit=NUM
              NUM 個の参照までに関して警告を出します (デフォルトは 1000 です)。

       -U VAR 変数の定義を無効にします。@clear を使用した場合と同じです。

       -v, --verbose
              現在何を処理しているかを表示します。

       --version
              バージョン情報を表示し、終了します。

       @if... 条件文に対するデフォルトの動作は、出力フォーマットに依存します : HTML  を生成する場
       合、--ifhtml  がオンになり、他はオフになります。 Info ファイルやプレーンテキストのファイル
       を生成する場合、--ifinfo が オンになり、他はオフになります。

使用例

       makeinfo foo.texi
              Info ファイルを foo の @setfilename で定義されているファイルへ書き出します。

       makeinfo --html foo.texi
              HTML ファイルを foo の @setfilename で定義されているファイルへ書き出します。

       makeinfo --no-headers -o - foo.texi
              プレーンテキストを標準出力に書き出します。

       makeinfo --number-sections foo.texi
              番号づけした章を付けた Info ファイルを書き出します。

       makeinfo --no-split foo.texi
              Info ファイルを 1 つだけ書き出します。大きいかもしれませんが。

バグレポート

       バグレポートは  bug-texinfo@gnu.org  へ電子メールで送ってください。   一般的な質問や議論は
       help-texinfo@gnu.org へお願いします。

関連項目

       makeinfo   のドキュメント全体は、Texinfo  マニュアルとして管理されています。  info  および
       makeinfo プログラムがあなたのサイトで正しくインストールされていれば、

              info makeinfo

       コマンドで完全なマニュアルにアクセスすることができます。

COPYRIGHT

       Copyright ©  1999  Free  Software  Foundation,  Inc.   There  is  NO  warranty.   You  may
       redistribute  this  software  under the terms of the GNU General Public License.  For more
       information about these matters, see the files named COPYING.