Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

名前

       mkdir - ディレクトリを作成する

書式

       mkdir [options] directory...

       POSIX オプション: [-p] [-m mode]

       GNU オプション (簡略形式): [-pv] [-m mode] [--help] [--version] [--]

説明

       mkdir コマンドは指定した名前でディレクトリを作成する。

       作成されたディレクトリのアクセス権は、特に指定がない場合、  0777  (`a+rwx')  から umask に
       セットされているビットを引いたものになる。

オプション

       -m mode, --mode=mode
              作成したディレクトリのアクセス権を   mode   で指定して設定する。   このアクセス権は
              chmod(1)  コマンドと同様にシンボルを使い指定できる。 その時標準のアクセス権を初期値
              として使う。

       -p, --parents
              引き数に指定した各々の directory で、存在しない親ディレクトリも含めて作成する。  作
              成された親ディレクトリのアクセス権は、 umask の値に `u+wx' としたものが設定される。
              すでに存在するディレクトリに対応する引き数は無視される。  (従って、ディレクトリ  /a
              が存在する場合に `mkdir /a' とするとエラーとなるが、 `mkdir -p /a' とするとエラーに
              ならない。)

       -v, --verbose
              作成したディレクトリごとにメッセージを表示する。 このオプションは --parents  を一緒
              に指定するととても役立つ。

GNU 標準オプション

       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストを終了する。

環境変数

       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

準拠

       POSIX 1003.2

注意

       このページでは  fileutils-4.1 パッケージでの mkdir コマンドについて説明している。 その他の
       バージョンでは少し違いがあるかもしれない。 修正や追加は aeb@cwi.nl,  aw@mail1.bet1.puv.fi,
       ragnar@ragnar-hojland.com  宛てにメールで連絡してほしい。  プログラムのバグについては bug-
       fileutils@gnu.org へ報告してほしい。