Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

名前

       mkfifo - FIFO (名前付きパイプ) を作る

書式

       mkfifo [options] file...

       POSIX オプション: [-m mode]

       GNU オプション (簡略形式): [-m mode] [--help] [--version] [--]

説明

       mkfifo は指定されたファイル名で、FIFO (「名前付きパイプ」とも呼ばれる) を作成する。

       "FIFO"  は独立なプロセス間の通信を許可する特別なファイルタイプである。 あるプロセスが FIFO
       ファイルを書き込みのために開き、 他のプロセスが読み取りのために開く。 その後、シェルや他の
       場合における 普通の名前なしパイプと同様に、データを流すことができる。

       デフォルトでは、作成される FIFO の許可モードは 0666 (`a+rw') から umask のビットを引いたも
       のになる。

オプション

       -m mode, --mode=mode
              作成される FIFO の許可モードを mode に設定する。 この許可モードは chmod(1) のシンボ
              ル表現で指定し、 デフォルトの許可モードに対する変更点として扱われる。

GNU 標準オプション

       --help 標準出力に使用方法のメッセージを出力して正常終了する。

       --version
              標準出力にバージョン情報を出力して正常終了する。

       --     オプションリストの終りを示す。

環境変数

       変数 LANG, LC_ALL, LC_CTYPE, LC_MESSAGES が通常の意味を持つ。

準拠

       POSIX 1003.2

注意

       このページは  fileutils-4.1 パッケージの mkfifo コマンドについて説明したものである; その他
       のバージョンでは少し違いがあるかもしれない。           修正や追加は            aeb@cwi.nl,
       aw@mail1.bet1.puv.fi,  ragnar@ragnar-hojland.com 宛にメールで連絡してください。 プログラム
       のバグについては bug-fileutils@gnu.org へ報告してください。