Provided by: timidity_2.13.2-40build2_amd64 bug

名前

       TiMidity++ - MIDI-to-WAVE変換およびプレーヤー

書式

       timidity [options] filename [...]

説明

       TiMidity++ は,標準 MIDI ファイル(*.mid),RCP ファイル(*.rcp, *.r36, *.g18, *.g36)あるいは
       Module  ファイル(*.mod)を,RIFF  WAVE  形式等   のオーディオファイルへ変換するコンバータで
       す。各種  MIDI ファイルからデ ィジタルオーディオデータを生成するために,Gravis Ulstarsound
       互換の patch ファイル,あるいは AWE32/64 の SFX,SF2 ファイルなどを使用します。 TiMidity++
       によって生成されたデータは,更に加工するためにファイル  に格納したり,オーディオデバイスを
       使ってリアルタイムに演奏したりするこ とができます。
       リアルタイム演奏時には,KAR ファイルや WRD ファイルなどを読み込んで,歌 詞を表示することも
       できます。

ファイル名

       filename には,以下の表記が使用可能です。

       -      標準入力から読み込んだ MIDI ファイルを演奏します。

       path/filename
              ディスク上のファイルを演奏します。

       dir:directory
       directory/
              directory 内すべてのファイルを演奏します。例えば,

              % timidity some/where/

              として起動すると,some/where/ ディレクトリ内すべてのファイルが演 奏されます。

       アーカイブファイル
              アーカイブファイルから MIDI ファイルを展開しながら演奏します。アーカイ ブファイル中
              の個々のファイルを指定するには,アーカイブファイル名の後に 続けて `#'  を記述し,そ
              の後に続けてアーカイブ中のファイル名を指定します。 `#' の後は UNIX shell の正規表現
              のパターンになっています。ただし,UNIX shell  の正規表現とは少し異なり,大文字/小文
              字は区別されません。
              ここで,\xHH という表現は,16 進数 `HH' で表した ASCII 文字列に マッチします。

              例:

              % timidity file.zip#file.mid
                     file.zip 中の file.mid ファイルを演奏します。

              % timidity file.lzh#*.mid
                     file.lzh 中の *.mid にマッチするファイルを演奏します。

              % timidity file.tgz#*
                     これは file.tgz と等価です。

              これらは自前で展開していますので,Windows  でもこれらのファイルを読むこ  とができま
              す。

              TiMidity++ が内部で展開できるアーカイブ形式は以下の通りです。

              tar ファイル(*.tar)

              tar+gzip ファイル(*.tar.gz, *.tgz)

              zip ファイル(*.zip)

              lzh ファイル(*.lzh *.lha)
                     (lh0,lh1,lh2,lh3,lh4,lh5,lh6,lz4,lzs,lz5 に対応)

              なお,これ以外でも,拡張子に対してその展開コマンドがコンパイル時に定義 されている場
              合,TiMidity++ は指定された展開コマンドにファイルをパ イプで流しこみ,展開します。

       news://news-server[:port]/Message-ID
       news://news-server[:port]/newsgroup[/first-last]
              news-server に保存されている MIDI ファイルを演奏します。 newsgroup を指定すると,そ
              のグループに投稿されている MIDI ファイ ルを演奏します。
              news://* で指定したファイルは MIME の Multi  Part  を認識し,そこに  投稿されている
              MIDI      ファイルを展開して演奏することができます。また通常     のファイルであって
              も,*.mime という拡張子で保存するか,あるいはファイル 名に mime: というプレフィック
              スを指定して入力すると MIME を認識し ます。

              現在,以下のフォーマットが認識できます。

              uu-encoded file
                     begin
                     という文字から始まっている行が必要

              base64 encoded
                     Content-Transfer-Encoding: base64
                     が必要

              quoted-string
                     Content-Transfer-Encoding: quoted-string
                     が必要

              Mac BinHex format
                     HQX のみ対応

       http://address
       ftp://address
              URL で指定した MIDI ファイルを演奏します。

              例:

              % timidity http://www.goice.co.jp/member/mo/dist/midi/impromptu.mid
                     ネットワークを介して MIDI ファイルを演奏します。

              同様に,*.cfg  ファイル内で URL を指定すればリモートのパッチファイルを利 用すること
              もできます。

入力ファイル

       TiMidity++ が自分で認識し,演奏することができる MIDI ファイルの形 式は以下の通りです。

       .mid, .rmi (Format 0, 1, 2)
              標準 MIDI ファイル(SMF)です。

       .rcp, .r36, .g18, .g36 (レコンポーザ形式)
              カモンミュージック社製レコンポーザ形式ファイルです。

       .mfi (MFi Version 3 - i モード用メロディ形式)
              最近流行りの携帯電話の着メロも再生できます。

       .kar (Karaoke フォーマット)
              Lyric Meta Event と同じように,歌詞が表示されます。

       .mod, mod.* (Module ファイル)

       .wrd (WRD 形式)

オプション

       TiMidity++ では次のコマンドラインオプションが使用可能です。

       -A [n][,m](a)
       --amplification=n
       --drumpower=m
       --[no-]volume-compensation
              全体の音量を n% にします。デフォルトでは 70 です。大きな値 を指定するほど大きな音に
              なります。また,通常音色の音量とドラム音色の音  量の比率(ドラムパワー)を  m% にしま
              す。デフォルトでは 100 で す。それぞれ,0 (無音)から 800 までの値が有効です。
              さらに,-a オプションに `a' の文字を付加するか, --volume-compensation オプションを
              指定することにより,音量自動    補正機能を有効にします。この機能は,MIDI   データの
              MAINVOLUME  を最大音量   (0x7f)に正規化するもので,できるだけダイナミックレンジを稼
              ぐ,曲間での 音量格差を小さくする,などの目的で使用されます。

              例:

              -A90   音量 90%,ドラム比 100%,補正無

              -A,120 音量 70%,ドラム比 120%,補正無

              -A90,120
                     音量 90%,ドラム比 120%,補正無

              -Aa    音量 70%,ドラム比 100%,補正有

              -A90a  音量 90%,ドラム比 100%,補正有

              -A,120a
                     音量 70%,ドラム比 120%,補正有

              -A90,120a
                     音量 90%,ドラム比 120%,補正有

       -a, --[no-]anti-alias
              アンチエイリアシングを有効にします。-s  オプションで低いサンプリ ングレートを指定し
              たときに,折り返し雑音と呼ばれる不自然な成分が発生す ることがあります。-a  オプショ
              ンで起動することで,この不自然な成 分を取り除くことができます。

       -B n,m, --buffer-fragments=n,m
              音源にデータを書き込む時の分割数(バッファフラグメント)  n およびバ ッファサイズ 2^m
              を指定します。n は,0  から  1000  までの値が有効です。フラグメントの数を大きくする
              と,プロセス が多数動いている時の音切れが減りますが,早送り,巻き戻し,ボリューム制
              御などに対する反応は遲くなります。また,状態表示も同期が取れなくなりま す。n0
              にすると,できるだけ大きなフラグメントの値を取り             ます。このオプションは
              Linux,FreeBSD,Windows のみで有効です。

       -C n, --control-ratio=n
              制御レートを指定します。TiMidity++ では,エンベロープやトレモロな どの音量計算を  1
              サンプルごとに行うのではなく,複数のサンプルをまとめて 計算することで高速化を図って
              います。すなわち,n サンプルごとに, エンベロープやトレモロの音量が再計算されていま
              す。n  の値を小さく すればするほど音質が良くなりますが,その分 CPU パワーを必要とし
              ます。 n には 1 から 255 までの値を指定することができます。 デフォルトでは  1  msec
              に相当するサンプル数となっています。

       -c file, --config-file=file
              TiMidity++ の設定ファイル file を読み込みます。 TiMidity++ のデフォルトの設定ファイ
              ルを読み込んだ後,file が読み込まれます。

       -D n, --drum-channel=n
              n チャンネル目をドラムチャンネルにします。-D -n の ように指定すると, n  チャンネル
              目をドラムではなく,メロディチャン  ネルにすることできます。n0 を与えると,すべ
              てのチャンネ ルがメロディチャンネルになります。

       -d dir, --interface-path=dir
              ダイナミックリンクインタフェースモジュールがインストールされているディ   レクトリを
              dir で指定します。

       -E mode, --ext=mode
              TiMidity++ シーケンサの拡張モードを指定します(複数指定可)。以下の mode が指定できま
              す。

              w/W, --[no-]mod-wheel
                     モジュレーションホイール制御を有効/無効にします。

              p/P, --[no-]portamento
                     ポルタメント制御を有効/無効にします。

              v/V, --[no-]vibrato
                     NRPN ビブラート制御を有効/無効にします。

              s/S, --[no-]ch-pressure
                     チャンネルプレッシャー制御を有効/無効にします。

              e/E, --[no-]mod-envelope
                     モジュレーションエンベロープを有効/無効にします。

              t/T, --[no-]trace-text-meta
                     すべての/特定のテキストメタイベントをトレースします。

              o/O, --[no-]overlap-voice
                     同一音の重なったボイスを許します/許しません(前の音は消音されます)。

              z/Z, --[no-]temper-control
                     MIDI Tuning Standard の音律制御を有効/無効にします。

              mHH, --default-mid=HH
                     デフォルトマニュファクチュア ID を 2 桁の16進数 HH で指定します。
                     このとき,HHGS/gsXG/xgGM/gm にすること で,それぞれ 41437e  を指
                     定したことになります。
                     入力ファイルから音源を自動的に認識できないような場合には,このパラメー  タで
                     デフォルトの ID を指定することができます。

              MHH, --system-mid=HH
                     システムマニュファクチュア ID を 2 桁の16進数 HH で指定します。
                     このオプションで指定されたマニュファクチュア ID は固定され,入力ファイ  ルか
                     らのマニュファクチュア ID は無視されます。

              bn, --default-bank=n
                     パッチのデフォルトのバンクを  n  にします。この設定は,MIDI  の  Bank select
                     メッセージにより変更されます。

              Bn, --force-bank=n
                     -Eb と異なり,すべてのチャンネルのパッチのバンクを常に n にします。n  を省略
                     するとデフォルトの動作になります。

              in[/m], --default-program=n[/m]
                     デフォルトのプログラム番号を  n  にします。デフォルトでは  n0(通常はピア
                     ノ)となっています。
                     また,n の後に /m を付けると,チャンネル m のデフォル トのプログラム番号を指
                     定することができます。/m を省略した場合には, 全チャンネルに対する指定となり
                     ます。

              In[/m], --force-program=n[/m]
                     プログラム番号を常に n にします。この設定は,MIDI の Program change メッセー
                     ジを受け取っても変更されません。
                     また,n の後に /m を付けると,チャンネル m のプログラ ム番号を指定することが
                     できます。/m を省略した場合には,全チャンネ ルに対する指定となります。

              F args エフェクトオプションです。以下の args が指定できます。

                     delay=(d|l|r|b)[,msec], --delay=(d|l|r|b)[,msec]
                            イヤホンで聞いた時の音の臨場感を出すようにします。

                            d, 0   ディレイを無効(Disable)にします(デフォルト)。

                            l, 1   左(Left)ディレイを有効にします。主に左から音が聞こえてきます。

                            r, 2   右(Right)ディレイを有効にします。主に右から音が聞こえてきま
                                   す。

                            b, 3   左右(Both)ローテートを有効にします。ときどき,左右の音場が変化
                                   します。

                            msec は左右のディレイタイムを指定するオプションです。

                     chorus=(d|n|s)[,level], --chorus=(d|n|s)[,level]

                            d, 0   コーラスを無効(Disable)にします。

                            n, 1   標準的(Normal)な MIDI コーラス制御を有効にします(デフォルト)。

                            s, 2   サラウンド(Surround)コーラスを有効にします。

                            level はコーラスレベル 0 から 127 を指定するオプショ ンです。

                     reverb=(d|n|g|f|G)[,level], --reverb=(d|n|g|f|G)[,level]

                            d, 0   MIDI リバーブ制御を無効(Disable)にします。

                            n, 1   標準的(Normal)な MIDI リバーブ制御を有効にします。

                            g, 2   グローバル(Global)リバーブを有効にします。

                            f, 3   Freeverb MIDI リバーブ制御を有効にします(デフォルト)。

                            G, 4   グローバル Freeverb MIDI リバーブ制御を有効にします。

                            level はリバーブレベル 0 から 127 を指定するオプショ ンです。

                     vlpf=(d|c|m), --voice-lpf=(d|c|m)

                            d, 0   ボイス単位 LPF を無効(Disable)にします。

                            c, 1   Chamberlin  レゾナント  LPF  (12dB/oct)を有効にします(デフォル
                                   ト)。

                            m, 2   Moog レゾナントローパス VCF (24dB/oct)を有効にします。

                     ns=n, --noise-shaping=n
                            n 次ノイズシェーピングフィルタを有効にします。ディケイでの歪みが 改善
                            されますが,ノイズが高域にシフトし聴感上のノイズも増えます。8 ビッ ト
                            線形符号化のとき,n  には  0  から  4 までの値を指定す ることができま
                            す。0 のときフィルタは機能せず,4  のとき最大  の効き方となります。デ
                            フォルトでは 4 です。16 ビット線形符号化の とき,n には 0 から 4 まで
                            の値を指定することができま   す。値によって,下記の動作になります。デ
                            フォルトでは 4 です。

                            0      ノイズシェーピングなし

                            1      従来のノイズシェーピング

                            2      過負荷風ソフトクリッピング + 新ノイズシェーピング

                            3      真空管風ソフトクリッピング + 新ノイズシェーピング

                            4      新ノイズシェーピング

                     resamp=(d|l|c|L|n|g), --resample=(d|l|c|L|n|g)

                            d, 0   補完処理を無効(Disable)にします。

                            l, 1   線形(Linear)補完アルゴリズムを有効にします。

                            c, 2   C スプライン補完アルゴリズムを有効にします。

                            L, 3   ラグランジュ(Lagrange)補完アルゴリズムを有効にします。

                            n, 4   ニュートン(Newton)補完アルゴリズムを有効にします。

                            g, 5   ガウス(Gauss)風補完アルゴリズムを有効にします(デフォルト)。

                            -EFresamp-N オプションの挙動に影響します。

       -e, --evil
              TiMidity++  のスレッドプライオリティを上げます。Windows  のみで有効  です。このオプ
              ションを有効にすると,TiMidity++ 以外のプログラムが  ほとんど動作できなくなる  evil
              モードに入ります。

       -F, --[no-]fast-panning
              ファーストパンを指定します。このオプションを指定すると,Note   ON  のまま  の状態で
              Midi control change 10: Panning が有効になります。デフォルトで はすぐには変化しない
              で,音量の再計算が必要になったときに変化します。改 良版ではトグルオプションになって
              います。

       -f, --[no-]fast-decay
              ファーストディケイを指定します。このオプションを指定にすると,エンベロ ープの変化時
              間が半分になり高速に動作します。ただし,音の立ち上がりとリ リース時間が短くなってし
              まいます。

       -g sec, --spectrogram=sec
              サウンドスペクトログラムを表示する  Window  を開きます。このオプションは  X  Window
              System  がサポートされている環境のみで動作します。サウンドスペ クトログラムは声紋の
              ようなもので,スペクトラムの時間変化を表現したもの です。

       -H n, --force-keysig=n
              調号の数を指定します。n が正の場合は♯(シャープ)の数,n が 負の場合は♭(フラット)の数
              のキーに移調ながら,MIDI ファイルを演奏します。 n には -7 から 7 までの値を指定する
              ことができます。 例えば,n-1 を与えると,いかなる調性の MIDI ファイルで  あって
              も,♭(フラット)が 1 個のヘ長調あるいはニ短調に移調しながら演奏す るので,演奏しやす
              い調性で楽器を練習するときの伴奏などに使うと便利です。

       -h, --help
              TiMidity++ のオプションの簡単な説明を表示します。

       -i mode, --interface=mode
       --realtime-priority=n
       --sequencer-ports=n
              ユーザインタフェースを指定します。環境によって利用可能なインタフェー   スが異なりま
              す。
              ALSA  シーケンサインタフェースでは,別途 --realtime-priority オプションにより,リア
              ルタイム・プライオリティを指定できます。また,   --sequencer-ports   オプションによ
              り,シーケンサのポート数を指定 できます。デフォルトでは 4 です。
              以下の mode が存在します。

              -id    dumb インタフェース

              -in    ncurses インタフェース

              -is    S-Lang インタフェース

              -ia    X Athena Widget インタフェース

              -ik    Tcl/Tk インタフェース

              -im    Motif インタフェース

              -iT    vt100 インタフェース

              -ie    Emacs インタフェース
                     Emacs 上から ``M-x timidity'' により起動されます。

              -ii    skin インタフェース
                     環境変数 TIMIDITY_SKIN に,使用する skin のパス(圧縮状態でもよい) を指定して
                     おいてください。

              -ig    GTK+ インタフェース

              -ir    MIDI サーバインタフェース

              -iA    ALSA シーケンサインタフェース

              -iW    Windows シンセサイザインタフェース

              -iw    Windows GUI インタフェース

              -iP    PortMIDI シンセサイザインタフェース

              -ip    UMP インタフェース

              インタフェースオプション
                     上記オプションに続けて,以下の文字列を追加することができます(複数指定化)。

                     v, --verbose=n
                            冗長表示のレベルを累積的に上げます。

                     q, --quiet=n
                            冗長表示のレベルを累積的に下げます。

                     t, --[no-]trace
                            トレース表示を on/off します(トグル)。

                     l, --[no-]loop
                            ループ再生します(インタフェースによっては無視されます)。

                     r, --[no-]random
                            再生前にファイルリスト順をランダムにします。

                     s, --[no-]sort
                            再生前にファイルリスト順をソートします。

                     D, --[no-]background
                            TiMidity++ をバックグラウンドでデーモン化します(alsaseq のみ)。

       -j, --[no-]realtime-load
              このオプションを有効にすると,演奏しながらパッチファイルを読み込みます。

       -K n, --adjust-key=n
              n 半音単位でキーを調節(移調)します。n には -24 から 24 までの値を指定することができ
              ます。

       -k msec, --voice-queue=msec
              ボイスを減少させるオーディオキュータイムを指定します。

       -L path, --patch-path=path
              サーチパスに  path  を追加します。patch  ファイル,設定ファイル, MIDI ファイルなど
              は,このサーチパスに従って探索されます。最後に加えられ たディレクトリは最初に探索さ
              れます。ただし,このサーチパスに関係なく, カレントディレクトリがいつも最初に探索さ
              れるので注意すること。

       -M name, --pcm-file=name
              演奏する PCM ファイル名(*.wav または *.aiff)を指定します。nameauto  を指定する
              と,*.mid.wav  または *.mid.aiff を演奏します。 namenone を指定すると,この機能
              を無効にします(デフォル ト)。

       -m msec, --decay-time=msec
              サステインしたノートがディケイされるまでの最大時間を指定します。

              -m0    サステイン減衰を無効にして,サステインボリュームを一定にします(デフォル
                     ト)。

              -m1    サステインが存在しないものとします。音量減衰は,標準のステージ  3  と同じ で
                     す。

              -m3000 最大音量のノートがサステイン状態になってから 3 秒 で減衰します(ス  テージ  3
                     の rate がそれ以上伸びないものとします)。十分小さくなったノー トは,もちろん
                     すぐに消えます。

       -N n, --interpolation=n
              補完パラメータを指定します。-N オプションの挙動は -EFresamp  オプション指定に依存し
              ます。

              cspline, lagrange
                     4 点補完を指定します。デフォルトでは有効です。

              newton n  次のニュートン補完を指定します。n には 1 から 57 までの奇数を指定すること
                     ができます。

              gauss  n+1 点ガウス風補完を指定します。n には 1 から 34  までの整数を指定することが
                     できます。デフォルトでは 25 で す。

              オーディオキューが 99% 以下のときは,線形補完が使われます。

       -O mode, --output-mode=mode
       --flac-verify
       --flac-padding=n
       --flac-complevel=n
       --oggflac
       --speex-quality=n
       --speex-vbr
       --speex-abr=n
       --speex-vad
       --speex-dtx
       --speex-complexity=n
       --speex-nframes=n
              出力モードやフォーマットを指定します。
              Ogg              FLAC              出力モードでは,別途             --flac-verify--flac-padding--flac-complevel--oggflac  オプションにより,それぞれ元波形とのべ
              リファイ(圧縮速度が少し遅くなる),        ファイルヘッダのパディング長(デフォルトで
              は4096),0 から 8 までの圧縮レベル(デフォルトでは5),OggFLAC ストリームで出  力を指
              定できます。
              Ogg             Speex             出力モードでは,別途            --speex-quality--speex-vbr--speex-abr--speex-vad--speex-dtx--speex-complexity  オプション
              により,そ  れぞれ0 から 10 までの圧縮品質(デフォルトでは 8), VBR で出力,レート n
              の   ABR   で出力,VAD(voice    activity    detection)    で出力,DTX(discontinuous
              transmission)  で出力,0 から 10 までの解析の複雑さ(デフォルトでは 3),0 から 10 ま
              で のOgg パケット内のフレーム数(Speex  の処理単位)(デフォルトでは  1)  を指定できま
              す。
              以下の mode が有効です。

              -Od    オーディオデバイスに出力します(デフォルト)。

              -Os    ALSA オーディオデバイスに出力します。

              -Or    ヘッダのないオーディオのデータ部分のみを出力します。下記のすべてのフォ    ー
                     マットオプションが使えます。一般的なフォーマットは以下の通りです。

                     -OrU   μ-Law

                     -Or1sl 16 ビット符号あり線形符号化

                     -Or8ul 8 ビット符号なし線形符号化

              -Ou    Sun Audio (au)ファイルを出力します。

              -Oa    AIFF(Audio Interchange File Format) ファイルを出力します。

              -Ow    RIFF    WAVE    ファイルを出力します。出力がシーケンシャルファイルだったり,
                     TiMidity++ がファイルを閉じる前に中断された場合,ファイルヘッダは 0xffffffff
                     の RIFF およびデータブロック長フィールドを含みます。著名なサ  ウンド変換ユー
                     ティリティ sox は,そのような規格外のファイルを読めるので, 別フォーマットへ
                     のオンザフライ変換として,sox に直接データをパイプでき ます。

              -Ol    MIDI イベントのリストを出力します。

              -OM    MOD ファイルから MIDI ファイルに変換して出力します。

              -Oe    EsounD

              -Op    PortAudio

              -Oj    JACK

              -OR    aRts

              -OA    Alib

              -Ov    Ogg Vorbis

              -OF    Ogg FLAC

              -OS    Ogg Speex

              -OO    libdao

              フォーマットオプション
                     上記オプションに続けて,以下の文字を追加することで出力フォーマットを指  定で
                     きます(複数可)。

                     S, --output-stereo
                            ステレオ

                     M, --output-mono
                            モノラル

                     s, --output-signed
                            符合あり出力

                     u, --output-unsigned
                            符合なし出力

                     1, --output-16bit
                            16 ビットサンプル精度

                     2, --output-24bit
                            24 ビットサンプル精度

                     8, --output-8bit
                            8 ビットサンプル精度

                     l, --output-linear
                            線形符合化

                     U, --output-ulaw
                            μ-Law 符合化

                     A, --output-alaw
                            A-Law 符合化

                     x, --[no-]output-swab
                            バイト反転出力

                     一部のモードでは,指定しても効果がないオプションがあります。例えば,バ  イト
                     反転した RIFF WAVE ファイルを作ることはできませんし,μ-Law 出力は Linux  PCM
                     デバイスに対しては使用できません。

       -o file, --output-file=file
              出力ファイル名を指定します。出力先がファイルでない場合はこのオプション は無視されま
              す。file を `-' にすると標準出力に出力されます。

       -P file, --patch-file=file
              すべての楽器を file(パッチ) を用いて演奏します。

       -p [n](a)
       --polyphony=n
       --[no-]polyphony-reduction
              最大同時発音数を n にします。
              さらに,-p オプションに `a' の文字を付加するか, --polyphony-reduction オプションを
              指定することにより,自動で発 音数の減少させることを可能にします。デフォルトでは有効
              です。

       -Q n[,...](t)
       --mute=n[,...]
       --temper-mute=n[,...]
              n チャンネル目を演奏しないようにします。`,' で区切って,複数のチ ャンネルを指定する
              ことができます。n0  を指定すると,すべ  てのチャンネルを演奏しないようにしま
              す。続けて,-n を指定するこ とにより,n チャンネル目だけを演奏することができます。
              一方,-Q オプションに `t' の文字を付加するか, --temper-mute オプションを指定するこ
              とにより,音律種別 n をミュートします。n には,プリセット音律種別として 0 から 3 ま
              での値を,ユーザ定義音律種別として 4 から 7 までの値を指定することができます。

       -q sec/n, --audio-buffer=sec/n
              オーディオ最大バッファを sec 秒,オーディオ開始バッファを n% にします。デフォルトで
              は 5.0/100 です。100% のサイズはデ バイスバッファサイズと等価です。

       -R msec
              エンベロープリリースを msec に修正して音響効果を得ます(疑似リバー ブ)。msec0 の
              とき,msec800 に設定されま す。

       -S n, --cache-size=n
              リサンプリングキャッシュの大きさをバイト数で指定します。頻繁に用いられ   るサンプル
              は,あらかじめリサンプリングしておくことで高速化しています。   ただし,ビブラートや
              ピッチベンドなどによってピッチが変化するサンプルは キャッシュされません。0 を指定す
              ると,まったくキャッシュしません。  デフォルトでは  n2097152 (2MB)となっていま
              す。

       -s freq, --sampling-freq=freq
              再生サンプルレート(Hz または kHz)を指定します。

       -T n, --adjust-tempo=n
              テンポを n% に調節します。n120 にすると,MOD ファ イルを NTSC Amiga  のタイミン
              グで演奏します。

       -t code, --output-charset=code
              テキストの出力文字コードを指定します。以下の  code が指定可能です (大文字小文字は区
              別されません)。

              auto   LANG 環境変数によってコードが決まります。

              ascii  非可読 ASCII をピリオド(0x2e)に変換して出力します。

              nocnv  出力文字コードを変換しません。

              1251   windows-1251 から koi8-r に変換して出力します。

              euc    EUC コード(japan)で出力します。

              jis    JIS コードで出力します。

              sjis   SJIS コードで出力します。

       -U, --[no-]unload-instruments
              このオプションを有効にすると,演奏ごとに毎回,パッチに割り当てられてい たメモリを解
              放します。

       -V power, --volume-curve=power
              ベロシティ/ボリューム/エクスプレッションカーブを amp=vol^powerpower の値が 0 で
              自動,1 で線形,約 1.661 で理 想,約 2 で GS 設定となります。

       -v, --version
              TiMidity++ のバージョン情報を表示します。

       -W mode, --wrd=mode
              入力ファイルの拡張子を .WRD または .wrd に変更したファイルが存在すれば, それを WRD
              ファイル として読み込み,そのコマンドと歌詞を表示します。

              表示方法は以下の通りです。

              x      X Window System を使用して,グラフィカルに WRD を表示します。

              w      Windows コンソール上に WRD を表示します。

              t      エスケープシーケンスを使用して,WRD に含まれる文字情報を表示します。

              d      WRD のイベント情報をそのまま出力します。

              -      WRD のトレースを行いません。

              R[opts]
                     WRD 読み込み時の設定を行います。

                     a1=b1,a2=b2,...
                            WRD 読み込み時のオプションを指定します。an にオプション名, bn にその
                            値が入ります。

                     d=n    @WAIT,@WMODE まわりの MIMPI のタイミングに関するバグをエミュレートし
                            ま す。以下のオプションでエミュレートレベルを変更できます。

                            -WRd=0 MIMPI のバグをエミュレートしないで,規格通りに動作します。

                            -WRd=1 おそらく間違いないと思われるバグのみをエミュレートします(デ
                                   フォルト)。

                            -WRd=2 怪しいバグまでエミュレートします。

                            エミュレートレベルをあげると,今までタイミングが合っていたものがずれ
                            る 可能性があります。

                     F=file WRD  ファイル名を指定します。WRD ファイルが見つからない場合のみ,指定
                            し た file が WRD ファイルとして用いられます。

                     f=file WRD ファイル名を指定します。常に指定した WRD ファイル file を用い  ま
                            す。

              なお,WRD はトレースモードで実行しないとタイミングが合いません。

       -w mode, --rcpcv-dll=mode
              Windows 用の拡張モードのオプションです。以下の mode が有効です。

              -w r   rcpcv.dll を使用します。

              -w R   rcpcv.dll を使用しません(デフォルト)。

       -x str, --config-string=str
              指定した文字列で  TiMidity++  の設定を行います。str  の書式は timidity.cfg と同じで
              す。例えば

              -x'bank 0\n0 violin.pat'

              とすると 0 番で指定される音色ををバイオリンにすることができます。 -x に続く文字列中
              の  `\' (ASCII 0x5c)は特別文字として扱われ,そ れ以降の文字(列)に対し,C 言語のリテ
              ラルと同様の展開が行われます。例え ば,`\n' は改行を意味します。

       -Z file, --freq-table=file
              周波数テーブルを読み込みます。file に ``pure'' を指定すると,簡易  純正律で演奏しま
              す。

              -Zpure[n(m)], --pure-intonation=[n(m)]
                     MIDI  ファイルの Key Signature メタイベントに基づき,簡易的な純正律で演 奏し
                     ます。MIDI ファイルに Key Signature メタイベントが含まれていない場  合は,初
                     期の調性として  n(m)  を指定することで,正しい純正律演奏が 可能となります。n
                     は調号の数で,♯(シャープ)の場合は正の数,♭(フ  ラット)の場合は負の数を指定し
                     ます。n  には -7 から 7 までの値を指定することができます。さらに,短調の場合
                     は `m' の文字を付加 します。

       --module=n
              特定の音源モジュールの動作をできるだけ真似ます。今のところ,定義されて いる n  の値
              は次のとおりです。

              0      TiMidity++ デフォルト

              1      Roland SC-55

              2      Roland SC-88

              3      Roland SC-88Pro

              4      Roland SC-8850

              5-15   GS 用にリザーブ

              16     YAMAHA MU-50

              17     YAMAHA MU-80

              18     YAMAHA MU-90

              19     YAMAHA MU-100

              20-31  XG 用にリザーブ

              32     SoundBlaster Live!

              33     SoundBlaster Audigy

              34-111 任意の音源モジュール用にリザーブ

              112    TiMidity++ スペシャル 1

              113-126
                     TiMidity++ 特定目的用にリザーブ

              127    TiMidity++ デバッグ

関連項目

       lsmidiprog(1), mididump(1), patinfo(1), sf2text(1), wav2pat(1), timidity.cfg(5)

著作権

       Copyright (C) 1999-2004 Masanao Izumo <iz@onicos.co.jp>
       Copyright (C) 1995 Tuukka Toivonen <tt@cgs.fi>

       The  original  version  was  developed by Tuukka Toivonen <tt@cgs.fi> until the release of
       TiMidity-0.2i.  His development was discontinued because of his being busy with work.

       This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of
       the  GNU  General  Public  License  as  published  by the Free Software Foundation; either
       version 2 of the License, or (at your option) any later version.

       This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT ANY  WARRANTY;
       without  even the implied warranty of MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
       See the GNU General Public License for more details.

       You should have received a copy of the GNU General Public License along with this program;
       if  not,  write to the Free Software Foundation, Inc., 59 Temple Place, Suite 330, Boston,
       MA 02111-1307 USA

入手元

       TiMidity++ は 改良版 TiMidity のページ

       URL http://www.timidity.jp/

       で手に入ります。

バグ

       小さな CPU-time-eating 獣よりも CPU time を喰う。

著者

       Version 0.2i and earlier:
              Tuukka Toivonen <tt@cgs.fi>
              Vincent Pagel <pagel@loria.fr>
              Takashi Iwai <tiwai@suse.de>
              Davide Moretti <dave@rimini.com>
              Chi Ming HUNG <cmhung@insti.physics.sunysb.edu>
              Riccardo Facchetti <riccardo@cdc8g5.cdc.polimi.it>

       TiMidity++:
              出雲正尚 (IZUMO Masanao) <iz@onicos.co.jp>
              原田智和 (HARADA Tomokazu) <harada@prince.pe.u-tokyo.ac.jp>
              山手圭一郎 (YAMATE Keiichirou) <keiich-y@is.aist-nara.ac.jp>
              木竜雅樹 (KIRYU Masaki) <mkiryu@usa.net>
              青木大輔 (AOKI Daisuke) <dai@y7.net>
              松本庄司 (MATSUMOTO Shoji) <shom@i.h.kyoto-u.ac.jp>
              小柳雅明 (KOYANAGI Masaaki) <koyanagi@okilab.oki.co.jp>
              今井邦彦 (IMAI Kunihiko) <imai@leo.ec.t.kanazawa-u.ac.jp>
              野上貴哉 (NOGAMI Takaya) <t-nogami@happy.email.ne.jp>
              渡辺尊紀 (WATANABE Takanori) <takawata@shidahara1.planet.kobe-u.ac.jp>
              竹川視野 (TAKEKAWA Hiroshi) <sian@big.or.jp>
              長野大介 (NAGANO Daisuke) <breeze.nagano@nifty.ne.jp>
              木下浩介 (KINOSHITA Kosuke) <kino@krhm.jvc-victor.co.jp>
              重村法克 (SHIGEMURA Norikatsu) <nork@ninth-nine.com>
              山幡為佐久 (YAMAHATA Isaku) <yamahata@kusm.kyoto-u.ac.jp>
              荒井良重 (ARAI Yoshishige) <ryo2@on.rim.or.jp>
              Glenn Trigg <ggt@netspace.net.au>
              Tim Allen <thristian@usa.net>
              Michael Haardt <michael@moria.de>
              Eric A. Welsh <ewelsh@ccb.wustl.edu>
              Paolo Bonzini <bonzini@gnu.org>
              木本雅彦 (KIMOTO Masahiko) <kimoto@ohnolab.org>
              岩井隆 (IWAI Takashi) <tiwai@suse.de>
              Saito <saito2@digitalme.com>
              佐藤研太郎 (SATO Kentaro) <kentaro@ps.catv.ne.jp>
              田向正一 (TAMUKI Shoichi) <tamuki@linet.gr.jp>
              卜部昌平 (URABE Shohei) <root@mput.dip.jp>
              末永圭司 (SUENAGA Keishi) <s_keishi@mutt.freemail.ne.jp>
              SUZUKI Koji <k@kekyo.net>

       (敬称略・順不同)

       これ以外にも,TiMidity++ メーリングリストの皆様をはじめ多くの方か ら情報,バグ報告などを頂
       いています。

       WRDで使用される端末ターミナルエミュレーションのコードは  X Consotium 等の kterm のコードの
       一部を取り込み,またそれを参考に実装を行いました。

       和訳は松本庄司(MATSUMOTO Shoji <shom@i.h.kyoto-u.ac.jp>)。この和訳は正  確かどうかは保証で
       きません。あなたがこの和訳の使用でいかなる損害を受け ても責任は持ちません。

       TiMidity++ のオプション,cfg ファイルの解説は出雲正尚(IZUMO Masanao <iz@onicos.co.jp>)が,
       その         nroff         化,およびマニュアルのリライトは長野大介(NAGANO         Daisuke
       <breeze.nagano@nifty.ne.jp>)が行いました。

       現在は,田向正一(TAMUKI     Shoichi      <tamuki@linet.gr.jp>)と卜部昌平(URABE      Shohei
       <root@mput.dip.jp>)が,マニュアルをメンテナンスしています。