Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

名前

       viewres - グラフィック表示する Xt 用クラスブラウザ

書式

       viewres [-option ...]

説明

       viewres  プログラムは Athena ウィジェットセットのウィジェットクラ ス階層を示すツリーを表示
       する。 ツリーの各ノードは展開することができ、あるウィジェットが生成された時に ノードに対応
       するクラスが追加した(つまり親から継承しなかった)リソースを 表示することができる。 このアプ
       リケーションを使うと、ユーザは Athena ウィジェットセットの構造  と継承されたリソースを視覚
       的に調べることができる。

オプション

       viewres  には、Xt  ツールキットの標準コマンド行オプションに加えて 次のオプションを指定でき
       る:

       -top name
               このオプションは、表示するウィジェット階層中で最も高レベルの  ウィジェットの名前を
               指定する。  このオプションは通常、表示範囲をツリーの一部に制限するときに使われる。
               デフォルト値は Object である。

       -variable
               このオプションを指定すると、ウィジェットのクラスではなくウィジェットの 変数名(ヘッ
               ダファイル内で宣言される)がノード内に表示される。 このオプションは、同じ名前を持つ
               ウィジェットクラス(Text など)を 区別するときに役立つことがある。

       -vertical
               このオプションを指定すると、ツリーは左から右ではなく、上から下へ向かっ  て表示され
               る。

VIEW メニュー

       ツリーの表示のされかたは、View メニューのエントリによって変化する。

       Show Variable Names
               このエントリは、対応するウィジェットクラスの宣言に使われた変数名をノー  ドのラベル
               にセットする。この操作は  SetLabelType(variable)  トラン  スレーションでも実行でき
               る。

       Show Class Names
               このエントリはリソースを指定したときに使われたクラス名をノードの    ラベルに設定す
               る。 この操作は SetLabelType(class) トランスレーションでも実行できる。

       Layout Horizontal
               このエントリは、ツリーのレイアウトを左から右への表示にする。この操作            は
               SetOrientation(West) トランスレーションでも実行できる。

       Layout Vertical
               このエントリは、ツリーのレイアウトを上から下への表示にする。この操作            は
               SetOrientation(North) トランスレーションでも実行できる。

       Show Resource Boxes
               このエントリは選択されたノードを展開し(次のセクションを参照すること)、  新しいウィ
               ジェットと  constraint  リソースを表示する。この操作は  Resources(on) トランスレー
               ションでも実行できる。

       Hide Resource Boxes
               このエントリは、選択されたノードからリソース表示を取り除く(普通は スペースの節約の
               ために使う)。 この操作は Resources(off) トランスレーションでも実行できる。

SELECT メニュー

       1つのウィジェットクラスに対するリソースは、対応するノード上で Button2 をクリックするか、ま
       たは  Button1  を使ってノード  をセレクションリストに追加してから  View  メニューの   Show
       Resource Boxes エントリを使うことにより表示できる。 Button1 は実際にはノードの選択状態をト
       グルさせるので、選択されている  ノードをクリックするとそのノードは選択されているノードのリ
       ストから取り 除かれる。

       Select メニューのさまざまなエントリを用いてノードの集合を選択 することができる:

       Unselect All
               このエントリは、全てのノードを選択リストから取り除く。この操作は   Select(nothing)
               トランスレーションでも実行できる。

       Select All
               このエントリは、全てのノードを選択リストに追加する。この操作は Select(all)  トラン
               スレーションでも実行できる。

       Invert All
               このエントリは未選択状態のノードを選択リストに追加し、選択状態のノード  を選択リス
               トから取り除く。 この操作は Select(invert) トランスレーションでも実行できる。

       Select Parent
               このエントリは、選択された全てのノードの直接の親を選択する。この操作            は
               Select(parent) トランスレーションでも実行できる。

       Select Ancestors
               このエントリは選択された全てのノードの全ての親を再帰的に選択する。      この操作は
               Select(ancestors) トランスレーションでも実行できる。

       Select Children
               このエントリは全ての選択されたノードの直接の子を選択する。この操作は
               Select(children) トランスレーションでも実行できる。

       Select Descendants
               このエントリは選択された全てのノードの全ての子を再帰的に選択する。      この操作は
               Select(descendants) トランスレーションでも実行できる。

       Select Has Resources
               このエントリは、対応するウィジェットクラスに新しいリソース     (通常リソースまたは
               constraintリソース)を追加した全てのノードを選択する。  この操作はSelect(resources)
               トランスレーションでも実行できる。

       Select Shown Resource Boxes
               このエントリは、リソースボックスが現在展開されている全てのノードを選 択する(通常は
               Hide  Resource  Boxes を使って閉じられるようにするた め)。この操作は Select(shown)
               トランスレーションでも実行できる。

アクション

       以下のアプリケーションアクションが用意されている:

       Quit()
               このアクションは viewres を終了させる。

       SetLabelType(type)
               このアクションは、引き数 type に従って、ウィジェットの 変数 または クラス 名を表示
               するためにノードのラベルを設定する。

       SetOrientation(direction)
               このアクションは、ツリーのルートを以下のウィンドウ領域のいずれかに設定 する: West,
               North, East, South.

       Select(what)
               このアクションは、VIEW メニュー セクションで指定されたように、指  定されたノードを
               選択する:   nothing  (全てのノードの選択を解除する),  invert,  parent,  ancestors,
               children, descendants, resources, shown.

       Resources(op)
               このアクションは、選択されたノードに対してリソースボックスを on, off, toggles のい
               ずれかの状態にする。 (キーボードやポインタを使って)1つのノード内で呼び出された場合
               には、そ のノードだけが使用される。

ウィジェットの階層構造

       以下のウィジェットに対してリソースを指定できる:

       Viewres viewres
            Paned pane
                 Box buttonbox
                      Command quit
                      MenuButton view
                           SimpleMenu viewMenu
                                SmeBSB layoutHorizontal
                                SmeBSB layoutVertical
                                SmeLine line1
                                SmeBSB namesVariable
                                SmeBSB namesClass
                                SmeLine line2
                                SmeBSB viewResources
                                SmeBSB viewNoResources
                      MenuButton select
                           SimpleMenu selectMenu
                                SmeBSB unselect
                                SmeBSB selectAll
                                SmeBSB selectInvert
                                SmeLine line1
                                SmeBSB selectParent
                                SmeBSB selectAncestors
                                SmeBSB selectChildren
                                SmeBSB selectDescendants
                                SmeLine line2
                                SmeBSB selectHasResources
                                SmeBSB selectShownResources
                 Form treeform
                      Porthole porthole
                           Tree tree
                                Box variable-name
                                     Toggle variable-name
                                     List variable-name
                      Panner panner

       ここで、variable-name はそれぞれのノードのウィジェット変数名であ る。

関連項目

       X(7), xrdb(1), listres(1), editres(1), appres(1), 適切なウィジェットの 文書

著作権

       Copyright ([, X Consortium
       権利と許諾の正式な声明については X(7) を参照すること。

著者

       Jim Fulton, MIT X Consortium