Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

名前

       x11perfcomp - X11 サーバ性能比較プログラム

書式

       x11perfcomp [ -r | -ro ] [ -l label_file ] files

説明

       x11perfcomp  プログラムは複数の  x11perf(1) を実行した出力をマージして、見やすい表の形にす
       る。このプログラムはそれ  ぞれのファイル内の結果を取り出し、必要に応じて足りないテスト結果
       を補充 し、それぞれのテストに対して各サーバにおけるオブジェクト/秒のレートを 表示する。 -r
       または -ro オプションをつけて起動した場合には、 x11perfcomp は最初のサーバに対する各サーバ
       の相対性能を表示する。

       通常  x11perfcomp は、最初のファイルを用いてどのテストをレポートするか決める。サーバによっ
       ては(DEC 以外 :-))全てのテストを実行できないことがある。この場合には、 x11perfcomp  は自動
       的に  0.0  オブジェクト/秒という値を用いる。  最初のファイルがレポートするテストを決めるた
       め、このファイルは他のファ  イルでレポートされるテストを全て含まなければならない。これを含
       まない場 合には x11perfcomp は失敗する。

       -l オプションでラベルのファイルを指定することにより、レポートするテス トのリストを明示的に
       指定することができる。ユーザは x11perf で -label  オプションを用いることにより、ラベルファ
       イルを生成することが できる。

オプション

       x11perfcomp には、以下に挙げるオプションを指定することができる:

       -r              通常の出力に加えて、相対サーバ性能も出力することを指定する。

       -ro             相対サーバ性能だけを出力することを指定する。

       -l label_file   使用するラベルファイルを指定する。

X のデフォルト値

       このプログラムが使う X のデフォルト値はない。

関連項目

       X(7), x11perf(1)

著者

       サーバを比較するためのオリジナルのスクリプトは、Mark Moraes によって書 かれた。
       Joel McCormack は一緒に少し作業しただけである。