Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

X のデフォルト値
       アプリケーションのクラス名は   XBiff  である。このプログラムは  Mailbox
       ウィジェットを使う。これは以下のものと同様に全てのコアのリソース名とク
       ラスを理解する。

       checkCommand (class CheckCommand)
               file     の大きさを調べるということよりも、むしろ新しいメールを
               チェックするため に実行するシェルコマンドを指定する。指定された
               string 値は system (3) コールに対する記述に使われるので、入出力
               のリダイレクションを含んでも構 わない。 戻り値 0 は新しいメール
               が待っており、1 はメールボックスの大きさに変更 はなく、2 はメー
               ルが消去されたことを意味する。デフォルトではシェルコ マンドは与
               えられていない。

       file (class File)
               このオプションは監視するファイルの名前を指定する。 デフォルトで
               は、前述のコマンド行オプション -file と同じ動作をする。

       onceOnly (class Boolean)
               新しいメールが見つかった初めの時だけベルが鳴らされ、少なくとも
               待ってい るメールがない状態での次のインターバルまではベルは再び
               鳴らされない、と いうことを指定する。ウィンドウは復帰されるまで
               は新しいメールのあること を表示し続ける。デフォルトでは無効にし
               てある。

       width (class Width)
               メールボックスの幅を指定する。

       height (class Height)
               メールボックスの高さを指定する。

       update (class Interval)
               メールがチェックされる頻度を秒単位で指定する。デフォルト
               は30秒。

       volume (class Volume)
               ベルが鳴らされる時の音の大きさを指定する。デフォルトは 33 %。

       foreground (class Foreground)
               前景色を指定する。

       reverseVideo (class ReverseVideo)
               前景色と背景色を入れ換える。

       flip (class Flip)
               メールが到着したときに表示される画像を逆転させるか否かを指定す
               る。デフォ ルトは"true"。

       fullPixmap (class Pixmap)
               メールが届いた時に表示するビットマップ画像を指定する。デフォル
               トは flagup。

       emptyPixmap (class Pixmap)
               メールが届いていない時に表示するビットマップ画像を指定する。デ
               フォルト は flagdown。

       shapeWindow (class ShapeWindow)
               与えられた fullPixmapMask と emptyPixmapMask に対してメールボッ
               クスの ウィンドウを整形するか否か指定する。デフォルトは false。

       fullPixmapMask (class PixmapMask)
               新しいメールが届いた際に表示されるビットマップ画像の  mask を指
               定する。 デフォルトは無指定。

       emptyPixmapMask (class PixmapMask)
               新しいメールが届いていない時に表示されるビットマップ画像の mask
               を指定 する。デフォルトは無指定。

アクション
       Mailbox  ウィジェットはイベントのトランスレーションで以下の action を提
       供する。

       check() このアクションはウィジェットに新しいメールのチェックと適切な旗
               を表示さ せる。

       unset() このアクションは新しいメールが届くまでウィジェットに旗を下げさ
               せる。

       set()   このアクションはユーザがリセットするまでウィジェットに旗を上げ
               させる。

       デフォルトのトランスレーションは

               <ButtonPress>:  unset()

       である。

環境変数
       DISPLAY デフォルトのホスト名とディスプレイ番号を得る。

       XENVIRONMENT
               RESOURCE_MANAGER プロパティーの中に保存されているグローバルなリ
               ソース を上書きするリソースファイルの名前を得る。

関連項目
       X(7), xrdb(1), stat(2)

バグ
       メールボックスのビットマップが汚い。

著者
       Jim Fulton, MIT X Consortium
       Additional hacks by Ralph Swick, DEC/MIT Project Athena