Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

XDMCP のアクセス制御
       DisplayManager.accessFile      によって指定したデータベースファイルは、
       XDMCP サービスを要求するディスプレイからのアクセスを xdm が制御をするた
       めに使う情報を与える。このファイルは 3 種類の項目が含ま れる: Direct と
       Broadcast  の問い合わせに応答する制御項目、Indirect の 問い合わせに応答
       する制御項目、マクロ定義である。

       Direct   項目の書式は単純であり、ディスプレイデバイスのホスト名と比較さ
       れるホスト名またはパターンである。パターンは1つ以上のメタ文字(`*'  は 0
       個以上の任意の文字に一致し、`?'   は任意の一文字に一致する)を含むことに
       よってホスト名とは区別される。 項目がホスト名の場合は、全ての比較はネッ
       トワークアドレスを使って行われ るので、正しいネットワークアドレスに変換
       される任意の名前を使うことがで  きる。 項目がパターンの場合は、カノニカ
       ルなホスト名だけが比較に使われるので、 エイリアスにマッチさせようとしな
       いように注意すること。  ホスト名またはパターンの前に  `!'  文字をつける
       と、その項目にマッチする ホストが除外される。

       ホスト名もしくはパターンの Direct 問い合わせにだけに応答させるには、 オ
       プションの   ``NOBROADCAST''   キーワードを後に加えること。  これを使っ
       て、xdm サーバが Broadcast の問い合わせに基づくメニューに現  われないよ
       うにすることができる。

       Indirect   項目もホスト名もしくはパターンを含むが、この項目の場合はその
       後に間接的な問い合わせを送るホスト名またはマクロのリストが続けられる。

       マクロ定義は、マクロ名とホスト名のリストとマクロを展開するその他のマク
       ロを含む。マクロとホスト名を区別するため、マクロ名は `%' 文字で始まる。
       マクロはネストさせることができる。

       Indirect   項目では、接続できるホストのメニューを出すために   xdmchooser を実行させるように指定することもできる。Chooser の セクションを
       参照すること。

       特定のディスプレイホストへのアクセスを調査するときは、各項目は順番に調
       べられ、最初にマッチする項目で応答が決められる。Direct  と Broadcast 項
       目は Indirect 項目を調べるときには無視される。その逆も同じである。

       空白行は無視される。`#'  はコメント区切りとして扱われ、その行の残りは無
       視 される。`\newline' は改行を無視されるようにし、間接ホストのリス トを
       複数行に渡って記述できるようにする。

       Xaccess ファイルの例を示す:

       #
       # Xaccess - XDMCP アクセス制御ファイル
       #

       #
       # Direct/Broadcast query entries
       #

       !xtra.lcs.mit.edu   # xtra に対する direct/broadcast サービスを禁止する
       bambi.ogi.edu       # この特定のディスプレイからのアクセスを許可する
       *.lcs.mit.edu       # LCS ドメインの任意のディスプレイからのアクセスを許可する

       *.deshaw.com        NOBROADCAST         # direct アクセスのみを許可する
       *.gw.com                                # direct アクセスと broadcast アクセスを許可する

       #
       # Indirect 問い合わせ項目
       #

       %HOSTS              expo.lcs.mit.edu xenon.lcs.mit.edu \
                           excess.lcs.mit.edu kanga.lcs.mit.edu

       extract.lcs.mit.edu xenon.lcs.mit.edu   # extract を xenon に接続させる
       !xtra.lcs.mit.edu   dummy               #indirect アクセスを禁止する
       *.lcs.mit.edu       %HOSTS              #他の全てのホストを選択させる

CHOOSER

       Broadcast または Indirect 問い合わせを使ってホストメニューを出さない  X
       端末に対しては、chooser プログラムがメニューを出す。 Xaccess ファイルの
       中で、Indirect  ホストリスト内の最初の項目に  ``CHOOSER''  を指定するこ
       と。chooser  は Query リクエストをリスト 中の残りのホスト名それぞれに送
       り、応答した全てのホストをメニューに出す。

       リストで  ``BROADCAST''  という語を使うこともでき、この場合には代わりに
       chooser  は Broadcast を送り、応答した全てのホストをメニューに出 す。OS
       によっては UDP パケットをブロードキャストできず、この機能が動作  しない
       場合がある点に注意すること。

       chooser を用いる場合の Xaccess ファイルの例を示す:

       extract.lcs.mit.edu CHOOSER %HOSTS      #これらのホストのメニューを出す
       xtra.lcs.mit.edu    CHOOSER BROADCAST   #全てのホストのメニューを出す

       chooser  を使用するプログラムは、 DisplayManager.DISPLAY.chooser リソー
       スによって指定 される。この段階をより柔軟にするため、chooser をシェルス
       クリプトにする  こともできる。 ここで、chooser はセッションマネージャで
       あり、子プロセスの xdm の代わりにディスプレイを管理する。

       このプログラム用のリソースは、 DisplayManager.DISPLAY.resources  にファ
       イル名を記述 することができる。

       ユーザがホストを選択するとき、chooser  は選択されたホスト(これは 親であ
       る xdm が取得する)を出力して終了する。 xdm は X  サーバへの接続を閉じ、
       サーバはリセットを行い、別の  Indirect  XDMCP リクエストを送る。 xdm は
       ユーザに選択されたホストを  (DisplayManager.choiceTimeout   秒間)記憶す
       る。この選択されたホス トはそのディスプレイでセッションを開始する。

ローカルサーバ指定
       DisplayManager.servers   リソースはサーバの指定を与える。あるいは、  ス
       ラッシュ(/)で始まる値の場合には、サーバを指定しているファイルの名前
       を1行に1つずつ指定する。

       それぞれの指定は、常に管理されており  XDMCP  を使っていないディスプレイ
       を示す。 この方法は普通はローカルサーバだけで使われる。このリソースまた
       はリソー  スで指定したファイルが空の場合は、xdm は XDMCP サービスだけを
       提 供する。

       それぞれの指定は最低 3  個の部分から構成されている:  これはディスプレイ
       名、ディスプレイクラス、ディスプレイタイプであり、(ローカルサーバに対
       しては) サーバを起動するコマンド行である。番号0のローカルディスプ  レイ
       に対する典型的な項目は次のようになる:

         :0 Digital-QV local /usr/X11R6/bin/X :0

       ディスプレイタイプは次のようになる:

       local     ローカルディスプレイ: xdm はサーバを起動しなければならない
       foreign   リモートディスプレイ: xdm は動作しているサーバに対する X 接続をオープンする

       ディスプレイ名は、-display オプションで X プログラムに渡せるよ うなもの
       でなければならない。この文字列はディスプレイ固有のリソース名を 生成する
       ために使われるので、その名前とマッチするように注意すること(例  えば、他
       のリソースが ``DisplayManager._0.session'' のように設定されて  いる場合
       には、``localhost:0  Sun-CG3 local /usr/X11R6/bin/X :0'' ではな く ``:0
       Sun-CG3 local /usr/X11R6/bin/X :0'' を使用すること)。  ディスプレイクラ
       ス部分も、リソースのタイプのようにディスプレイ固有のリ   ソースで使われ
       る。これは、似たようなディスプレイがたくさんあり(X 端末  を並べているよ
       うな場合)これらにまとめてリソースをセットしたいような場    合に便利であ
       る。XDMCP を使うときはディスプレイにはディスプレイクラスを 指定しなけれ
       ばならないので、個別の  X 端末のマニュアルにはそのデバイス に対するディ
       スプレイクラスが記述されているはずである。これが記述されて いなければ、
       xdm  をデバッグモードで起動して、そのデバイスに対して生成されるリソース
       文字 列を見ること。これにはクラス文字列が含まれているはずである。

       xdm   はセッションを開始するときに、サーバに対する認証データを設定   す
       る。ローカルサーバに対しては、xdm     はサーバのコマンド行で    ``-auth
       filename'' を渡し、認証データの場所を示す。 XDMCP サーバに対しては、xdmAccept XDMCP リクエストを経 由して認証データをサーバに渡す。

リソースファイル
       Xresources ファイルは xrdb コマンドを使って、リソースデータベースとして
       ディスプレイに読み込まれる。 認証ウィジェットは起動前にこのデータベース
       を読み込むので、このファイル は認証ウィジェット用のパラメータも含んでよ
       い:

            xlogin*login.translations: #override\
                 Ctrl<Key>R: abort-display()\n\
                 <Key>F1: set-session-argument(failsafe) finish-field()\n\
                 <Key>Return: set-session-argument() finish-field()
            xlogin*borderWidth: 3
            xlogin*greeting: CLIENTHOST
            #ifdef COLOR
            xlogin*greetColor: CadetBlue
            xlogin*failColor: red
            #endif

       トランスレーションの項目に注意すること。ここでは、ユーザがデフォルト
       セッ   ションから抜け出せる(また、ここで起こる問題を避ける)ようにするた
       め、ウィ     ジェットのトランスレーションをいくつか新たに指定している。
       #override  を指定しないと標準のトランスレーションが消去され、新しい値に
       置き換えられてしまう。デフォルトのトランスレーションも非常に便利なので
       (例えば、通常の文字入力に応答する  ``<Key>:  insert-char ()'' 等)、この
       ような置き換えはあまり好ましい結果ではない。

       このファイルは設定プログラムと chooser に対するリソースも含んで よい。

設定プログラム
       Xsetup ファイルはサーバがリセットされた後、かつ Login ウィンドウ が出る
       前に起動する。  このファイルは普通はにシェルスクリプトである。 このファ
       イルはルート権限で実行されるので、セキュリティには注意が必要で   ある。
       このファイルには、ルートウィンドウの背景を変えたり、Login  ウィジェット
       と一緒にスクリーンに表示する他のウィンドウを呼び出すための記述を行う。

       DisplayManager.exportList による指定に加え、次の環境変数が渡され る:

            DISPLAY        関連するディスプレイ名
            PATH           DisplayManager.DISPLAY.systemPath の値
            SHELL          DisplayManager.DISPLAY.systemShell の値
            XAUTHORITY     認証ファイルがセットされる

       xdm はキーボードを占有するので、他のウィンドウはキーボード入力を 受け付
       けない点に注意すること。しかし、マウスで操作することはできる。 セキュリ
       ティホールの可能性に注意すること。 DisplayManager.DISPLAY.grabServer が
       セットされている 場合は、Xsetup はディスプレイに全く接続できない。 この
       プログラム用のリソースは DisplayManager.DISPLAY.resources  が指すファイ
       ルに記 述することができる。

       以下に Xsetup スクリプトの例を挙げる:

            #!/bin/sh
            # Xsetup_0 - ワークステーション 1 台用の設定スクリプト
            xcmsdb < /usr/X11R6/lib/monitors/alex.0
            xconsole -geometry 480x130-0-0 -notify -verbose -exitOnFail &

認証ウィジェット
       認証ウィジェットはユーザ名/パスワードの組をキーボードから読み込む。考
       えられるようなパラメータのほとんど全てはリソースで制御できる。このウィ
       ジェット用のリソースは  DisplayManager.DISPLAY.resources が指すファイル
       に記 述すること。全てのリソースにはちゃんとしたデフォルト値が設定されて
       いる ので、これらに値を指定する必要はない。

       xlogin.Login.width, xlogin.Login.height, xlogin.Login.x, xlogin.Login.y
              通常、Login ウィジェットのジオメトリは自動的に計算される。この位
              置を変 えたい場合には、これらのリソースで指定すること。

       xlogin.Login.foreground
              入力したユーザ名の表示に使う色。

       xlogin.Login.font
              入力したユーザ名の表示に使うフォント。

       xlogin.Login.greeting
              このウィンドウを識別するための文字列。 デフォルト値は ``X Window
              System'' である。

       xlogin.Login.unsecureGreeting
              X の認証がこのディスプレイ用の設定ファイルで要求されているが、全
              く使用  されていないとき、標準のグリーティングはこのグリーティン
              グに置き換えら   れる。デフォルト値は   ``This  is  an  unsecure
              session'' である。

       xlogin.Login.greetFont
              グリーティングの表示に用いるフォント。

       xlogin.Login.greetColor
              グリーティングの表示に用いる色。

       xlogin.Login.namePrompt
              ユーザ名のプロンプトに表示する文字列。 xrdb はリソースの値の末尾
              の空白文字を取り除き、プロンプトの末尾に空白を追加 し(普通はこれ
              で良い)、バックスラッシュでエスケープした空白を追加する。 デフォ
              ルト値は ``Login:  '' である。

       xlogin.Login.passwdPrompt
              パスワードのプロンプトに表示する文字列。          デフォルト値は
              ``Password:  '' である。

       xlogin.Login.promptFont
              両方のプロンプトの表示に用いるフォント。

       xlogin.Login.promptColor
              両方のプロンプトの表示に用いる色。

       xlogin.Login.fail
              認証が失敗したときに表示するメッセージ。 デフォルト値は  ``Login
              incorrect'' である。

       xlogin.Login.failFont
              認証失敗のメッセージの表示に用いるフォント。

       xlogin.Login.failColor
              認証失敗のメッセージの表示に用いる色。

       xlogin.Login.failTimeout
              認証失敗のメッセージを表示する秒数。  デフォルト値は  30  秒であ
              る。

       xlogin.Login.translations
              ログインウィジェットで使うトランスレーションを指定する。詳しい説
              明につ  いては、X ツールキットの文書を参照すること。デフォルトの
              トランスレーショ ンテーブルを以下に示す:

                   Ctrl<Key>H:    delete-previous-character() \n\
                   Ctrl<Key>D:    delete-character() \n\
                   Ctrl<Key>B:    move-backward-character() \n\
                   Ctrl<Key>F:    move-forward-character() \n\
                   Ctrl<Key>A:    move-to-begining() \n\
                   Ctrl<Key>E:    move-to-end() \n\
                   Ctrl<Key>K:    erase-to-end-of-line() \n\
                   Ctrl<Key>U:    erase-line() \n\
                   Ctrl<Key>X:    erase-line() \n\
                   Ctrl<Key>C:    restart-session() \n\
                   Ctrl<Key>\\:   abort-session() \n\
                   <Key>BackSpace:delete-previous-character() \n\
                   <Key>Delete:   delete-previous-character() \n\
                   <Key>Return:   finish-field() \n\
                   <Key>:         insert-char() \

       xlogin.Login.allowRootLogin
              このリソースに ``false'' が設定されてると、root (およびユーザ ID
              が  0 である全てのユーザ)は直接ログインできない。 デフォルト値は
              ``true'' である。

       xlogin.Login.allowNullPasswd
              このリソースを ``true'' に設定すると、アカウントがパスワードを全
              く必要  としなければ、パスワードが一致しない場合を除いて認証を成
              功とする。 デフォルト値は ``false'' であり、パスワードが割り当て
              られているユーザ だけがログインできる。

       このウィジェットがサポートしているアクションを以下に挙げる:

       delete-previous-character
              カーソルの前の文字を消去する。

       delete-character
              カーソルの次の文字を消去する。

       move-backward-character
              カーソルを後ろに動かす。

       move-forward-character
              カーソルを前に動かす。

       move-to-begining
              (スペルを間違えた名前がアクションについています。すみません。)
              編集可能なテキストの初めまでカーソルを移動させる。

       move-to-end
              編集可能なテキストの最後までカーソルを移動させる。

       erase-to-end-of-line
              カーソルの後ろのテキストをすべて消去する。

       erase-line
              すべてのテキストを消去する。

       finish-field
              カーソルがログイン名フィールドにある場合、パスワードフィールドに
              進む。  パスワードフィールドにある場合は、現在のログイン名とパス
              ワードの組をチェッ  クする。ログイン名とパスワードの組が有効であ
              れば、xdm  はセッショ ンを開始する。この組が有効でなければ、認証
              失敗のメッセージを表示してプ ロンプトを再び表示する。

       abort-session
              サーバを終了し再スタートさせる。

       abort-display
              サーバを終了して使用不能にする。このアクションはデフォルトの設定
              ではア  クセスできないようになっている。  システムコンソール上の
              xdm  を停止させる理由はいくつかある。   この理由には、システムの
              シャットダウンをしたいとき、xdmshell を 使用しているとき、他のタ
              イプのサーバを起動するため、一般にコンソールに  アクセスするため
              等がある。  xdm に SIGHUP を送るとディスプレイは再スタートする。
              XDM の制御セクションを参照すること。

       restart-session
              X サーバをリセットして、新しいセッションを開始する。このアクショ
              ンは変    更したリソースをテストしたい場合、あるいはシステムメッ
              セージで画面が上 書きされてしまった場合に使うことができる。

       insert-char
              入力した文字を挿入する。

       set-session-argument
              セッション開始時にセッションに渡される1語の引き数を指定する。
              セッションプログラム セクションを参照すること。

       allow-all-access
              サーバのアクセス制御を無効にする。これは xdm が .Xauthority ファ
              イルを生成できなかった場合に使用することができる。  これを使用す
              るときは十分注意すること。これを行う前にはネットワークから  マシ
              ンを切り放しておいた方が良いだろう。

       一部のシステム(OpenBSD)では、ユーザのシェルが /etc/shells  に書かれてい
       ないと  xdm 経由でのログインは許可されない。 パスワードとアカウントの有
       効期限も通常通りに適用される。

起動プログラム
       Xstartup プログラムはユーザがログインしたときに  root  権限で実行  され
       る。 これは普通はシェルスクリプトである。 Xstartup は root 権限で実行す
       るので、Xstartup についてはセ  キュリティに十分注意すること。このファイ
       ルには  /etc/utmp  にエン  トリーを追加するコマンドやファイルサーバから
       ユーザのホームディレクトリ をマウントするコマンド、ログインが許可されな
       い場合にセッションを中止さ せるコマンド等を記述する。

       DisplayManager.exportList による指定に加え、以下の環境変数を渡す ことが
       できる:

            DISPLAY        関連するディスプレイ名
            HOME           ユーザの最初の作業ディレクトリ
            LOGNAME        ユーザ名
            USER           ユーザ名
            PATH           DisplayManager.DISPLAY.systemPath の値
            SHELL          DisplayManager.DISPLAY.systemShell の値
            XAUTHORITY     認証ファイルをセットすることができる

       スクリプトへは引き数は全く渡されない。 xdm はユーザセッションを開始する
       前に、このスクリプトが終了するのを待つ。 このスクリプトの終了値がゼロで
       ない場合、 xdm はセッションを続行を行わず、他の認証サイクルを開始する。

       ここで示すサンプルの Xstartup ファイルは、/etc/nologin ファ  イルが存在
       する間はログインを行わせない。 これは完全な例ではなく、単に利用できる機
       能のデモである。

       以下にサンプルの Xstartup を示す;

            #!/bin/sh
            #
            # Xstartup
            #
            # このプログラムはユーザの認証後、root 権限で実行される
            #
            if [ -f /etc/nologin ]; then
                 xmessage -file /etc/nologin -timeout 30 -center
                 exit 1
            fi
            sessreg -a -l $DISPLAY -x /usr/X11R6/lib/xdm/Xservers $LOGNAME
            /usr/X11R6/lib/xdm/GiveConsole
            exit 0

セッションプログラム
       Xsession プログラムはユーザセッションとして実行されるコマンドで  ある。
       これは認証されたユーザの権限で実行される。

       DisplayManager.exportList の指定に加え、次の環境変数が渡される:

            DISPLAY        関連するディスプレイ名
            HOME           ユーザの初期作業ディレクトリ
            LOGNAME        ユーザ名
            USER           ユーザ名
            PATH           DisplayManager.DISPLAY.userPath の値
            SHELL          ユーザのデフォルトのシェル(getpwnam で取得する)
            XAUTHORITY     標準でない認証ファイルをセットすることができる
            KRB5CCNAME     Kerberos 証明書のキャッシュ名をセットすることができる

       X  を普通にインストールした場合には、Xsession は $HOME にある .xsession
       を参照する。このファイルには、各ユーザがセッションと して利用するコマン
       ドが記述される。  Xsession はまた、ユーザ指定のセッションが存在しない場
       合に実行す るシステム標準のセッションも実装している。 通常の使用方法 セ
       クションを参照すること。

       `set-session-argument'   アクションを使用する認証ウィジェットから、この
       プログラムへ引き数を渡すことができる。これを用いて違うスタイルの   セッ
       ションを選択できる。この機能の便利な使い方の  1 つは、通常の セッション
       が失敗したときにユーザがこのセッションからエスケープできるよ うにするこ
       とである。この機能を使えば、ユーザは  .xsession  の設定  に失敗した場合
       に、管理者の仲介がなくても自分の .xsession を修正 できる。 次の例でこの
       機能を示す:

       これは特殊な「フェールセーフ」モードを使えるようにする例題である。 この
       モードは Xresources  ファイルのトランスレーションで指定し、  通常のセッ
       ションからエスケープできるようにする。この例題では .xsession ファイルが
       実行可能であることも必要であるので、このファイルが使おうとす るシェルを
       推定する必要はない。

            #!/bin/sh
            #
            # Xsession
            #
            # これは、ディスプレイマネージャに対するクライアント
            # として実行されるプログラムである。

            case $# in
            1)
                 case $1 in
                 failsafe)
                      exec xterm -geometry 80x24-0-0
                      ;;
                 esac
            esac

            startup=$HOME/.xsession
            resources=$HOME/.Xresources

            if [ -f "$startup" ]; then
                 exec "$startup"
            else
                 if [ -f "$resources" ]; then
                      xrdb -load "$resources"
                 fi
                 twm &
                 xman -geometry +10-10 &
                 exec xterm -geometry 80x24+10+10 -ls
            fi

       ユーザの  .xsession ファイルはこの例のようになっているだろう。 このファ
       イルには実行属性を持たせる必要があるのを忘れないこと。
            #! /bin/csh
            # .cshrc を実行させて  $PATH をセットさせるため、前の行で -f
            # オプションは指定しないこと
            twm &
            xrdb -merge "$HOME/.Xresources"
            emacs -geometry +0+50 &
            xbiff -geometry -430+5 &
            xterm -geometry -0+50 -ls

リセットプログラム
       Xstartup と対になる Xreset スクリプトは、ユーザセッション  が終了した後
       に実行される。このファイルは  root 権限で実行され、 Xstartup で実行され
       たコマンドの効果を打ち消すようなコマンドや、  /etc/utmp  からの項目の削
       除、ファイルサーバからのディレクトリのア   ンマウントを行うコマンドを含
       む。Xstartup に渡された環境変数は Xreset にも渡される。

       Xreset スクリプトの例:
            #!/bin/sh
            #
            # Xreset
            #
            # このプログラムはセッションが終わった後に root 権限で実行される
            #
            sessreg -d -l $DISPLAY -x /usr/X11R6/lib/xdm/Xservers $LOGNAME
            /usr/X11R6/lib/xdm/TakeConsole
            exit 0

サーバの制御
       xdm  は   POSIX   シグナルを用いてローカルサーバを制御する。SIGHUP   で
       は、サーバ がリセットされ、すべてのクライアントの接続のクローズや他の後
       処理が行わ れることが期待される。SIGTERM ではサーバが終了することが期待
       される。               これらのシグナルが期待される動作をしない場合は、
       DisplayManager.DISPLAY.resetSignal,   DisplayManager.DISPLAY.termSignal
       リソースで他のシグ ナルを設定することができる。

       XDMCP を使わないリモート端末を制御するため、 xdm はディスプレイのウィン
       ドウの階層構造を検索し、次のセッションのために端     末を片づけるために
       KillClient  プロトコルリクエストを用いる。これは実際 には全てのクライア
       ントを破棄するのではなく、ウィンドウを生成したクライ アントだけが通知を
       受ける。XDMCP はより確実に動作する機構を提供している。 xdm が最初の接続
       を閉じたとき、そのセッションは終了し、端末には他のすべての 接続を閉じる
       ことが要求される。

XDM の制御
       xdm  は二つのシグナル SIGHUP と SIGTERM に応答する。SIGHUP を送ると xdm
       は設定ファイル、アクセス制御ファイルとサーバファイルを再読み込みする。
       サーバファイルについては、項目の追加や削除があれば通知がなされる。新し
       い項目が追加されたら、  xdm  は対応するディスプレイのセッションを開始す
       る。削除された項目は即座に無   効にされる。これは通知無しに進行中のセッ
       ションが終了し、新しいセッショ ンが開始されるということである。

       SIGTERM を送ると、 xdm は進行中のすべてのセッションを終了させ、自身も終
       了する。これはシステム をシャットダウンするときに使用する。

       xdm はコマンド行引き数リストを適宜修正して、 ps(1) のために各種サブプロ
       セスに印をつけようとする。 xdm はこの作業のために追加の割り当てを行うこ
       とができないので、 xdm を十分な長いコマンド行(フルパス名で十分だろう)を
       使って起動するとよ い。  ディスプレイを提供しているそれぞれのプロセスに
       は、 -display の印が付けられる。

追加のローカルディスプレイ
       ローカルディスプレイを追加するには、Xservers  ファイルに一行追加 する。
       (ローカルサーバの指定セクションを参照すること。)

       xdm-config                内のディスプレイ固有のリソースを調べ(例えば、
       DisplayManager._0.authorize)、どのリソースを新しいディスプレイ用   にコ
       ピーするか考えること。 デフォルトの xdm-config には :0:1 に対する適
       切な 指定がある。

他の可能性
       4.3 init オプションを使い、xdm で同時に1つのセッションを実 行することが
       できる。また、コマンド行でサーバを指定することにより、 他の適切なデーモ
       ンを実行することができる。

            xdm -server ":0 SUN-3/60CG4 local /usr/X11R6/bin/X :0"

       あるいは、ファイルサーバと何台もの  X  端末があるものとする。この場合の
       設定ファイルは、Xservers ファイルが次のようになる点以外は前述の  例と同
       じである:

            extol:0 VISUAL-19 foreign
            exalt:0 NCD-19 foreign
            explode:0 NCR-TOWERVIEW3000 foreign

       これは、  xdm をこれらの3台の端末全てのセッションを管理することを指示す
       る。 init(8)  と同じようにシグナルを使ってこれらの端末を有効/無効にする
       方法について は、XDM の制御 セクションを参照すること。

制限事項
       xdm  と他のウィンドウシステムとの共存はあまりうまくいかない。同じハード
       ウェ アで複数のウィンドウシステムを使う場合には、 xinit  を使う方が良い
       だろう。

ファイル
       <XRoot>/lib/X11/xdm/xdm-config
                           デフォルトの設定ファイル

       $HOME/.Xauthority   xdm    がクライアントに対するキーの格納、取得を行う
                           ユーザ認証ファイル

       <XRoot>/lib/X11/xdm/chooser
                           デフォルトの chooser

       <XRoot>/bin/xrdb    デフォルトのリソースデータベース読み込みプログラム

       <XRoot>/bin/X       デフォルトのサーバ

       <XRoot>/bin/xterm   デフォルトのセッションプログラムとフェールセーフク
                           ライアント

       <XRoot>/lib/X11/xdm/A<display>-<suffix>
                           認証ファイルのデフォルトの位置

       /tmp/K5C<display>   Kerberos の証明書キャッシュ

       注意: <XRoot> は X11 のインストールツリーのルートディレクトリを示す。

関連項目
       X(7), xinit(1), xauth(1), Xsecurity(7), sessreg(1), Xserver(1),
       X Display Manager Control Protocol

著者
       Keith Packard, MIT X Consortium