Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

OPTIONS

       -config configuration_file
               フォントサーバが使う設定ファイルを指定する。 この引き数を指定し
               なければ、デフォルトのファイルとして
               /usr/X11R6/lib/X11/fs/config が使われる。

       -ls listen_socket
               既に待ち状態ソケットとして準備されているファイルディスクリプタ
               を指定する。 このオプションが意図しているのは、追加の接続を処理
               するためにフォント     サーバが自分のコピーを自動的に生成する際
               に、そのフォントサーバ自身が 使う場合だけである。

       -port tcp_port
               フォントサーバが接続を待つ TCP ポート番号を指定する。  デフォル
               トのポート番号は7100である。

       -daemon フォントサーバの起動時に、自動的に  fork してバックグラウンドで
               動作するように指示する。  このオプションを指定しなければ(かつデ
               フォルトでデーモンとして  動作するように xfs を構築していなけれ
               ば)、xfs は通常プロセスとして動作 する。

       -droppriv
               このオプションを指定すると、xfs はユーザ xfs およびグループ xfs
               の権限で動作しようとする(   -user  オプションを指定していない場
               合)。 このオプションはセキュリティ上の理由で用意されている。 と
               いうのも、ローカルおよびリモートの両方からのアクセスに対して、
               xfs には未発見のバッファオーバーフローがあるかもしれないし、 他
               にも悪用できる抜け穴があるかもしれないからである。 このオプショ
               ンに加えて、設定ファイルで "no-listen = tcp" も指定するとよいだ
               ろう。  このオプションを指定すると、xfs はまったく TCP ポートを
               使わない。

       -nodaemon
               xfs  がデフォルトでデーモンとして(バックグラウンドで)動作するよ
               うに構築 されている場合、このオプションを指定するとデーモンとし
               ての動作は行われ ず、xfs は通常プロセスとして起動される。

       -user username
               このオプションは -droppriv とよく似ているが、ユーザ username と
               して xfs が動作する点が異なる。

シグナル
       SIGTERM このシグナルはフォントサーバを正常終了させる。

       SIGUSR1 このシグナルを使うと、フォントサーバは設定ファイルを再読み込み
               する。

       SIGUSR2 このシグナルを使うと、フォントサーバはもしキャッシュを持ってい
               れば フラッシュさせる。

       SIGHUP  このシグナルを使うと、フォントサーバがリセットされ、全てのアク
               ティブな 接続は切断され、設定ファイルが再読み込みされる。

設定
       設定言語は、キーワードと値のペアを並べたものである。 それぞれのキーワー
       ドの後には `=' と設定したい値を続ける。

       認識されるキーワードは以下の通りである:

       catalogue (文字列のリスト)
              フォントパス要素名の順序付きのリスト。            現在のところは
              "catalogue" というキーワードを使っていることで紛らわし  いことに
              なっているが、現在の実装で対応しているカタログはひとつ("all") だ
              けである。 "all" カタログは指定されたフォントを全て含む。

       alternate-servers (文字列のリスト)
              このフォントサーバに対する、代理フォントサーバのリスト。

       client-limit (cardinal)
              このフォントサーバがサービスを拒絶しないで受け入れるクライアント
              の数。  この設定は、個々のフォントサーバの負荷を調節するのに便利
              である。

       clone-self (boolean)
              接続するクライアントの数が制限に達した時、  フォントサーバが自分
              の複製を作るかどうかを指定する。

       default-point-size (cardinal)
              サイズが指定されていないフォントのデフォルトのポイントサイズ(単
              位は 1/10 ポイント)。 デフォルト値は 120 である。

       default-resolutions (解像度のリスト)
              サーバがデフォルトで対応する解像度。  この情報は、プレレンダリン
              グのヒントとして使われたり、解像度が指定され    ていないスケール
              フォントの値を決めるために使われることがある。    ひとつの解像度
              は、x, y の解像度の組をコンマで区切って表す(単位はピクセル毎イン
              チ)。 解像度が複数個ある場合は、解像度をコンマで区切って並べる。

       error-file (文字列)
              エラーファイルのファイル名。  全てのウォーニングとエラーがここに
              記録される。

       no-listen (通信の種類)
              無効にする通信の種類。例えば、"no-listen   tcp"   を指定すると、
              TCP/IP で接続できなくなる。

       port (cardinal)
              サーバが接続待ちをする TCP ポート。

       use-syslog (boolean)
              (syslog に対応しているシステムにおいて)エラー出力に  syslog(3)を
              使うか どうかを指定する。

       deferglyphs (文字列)
              グリフの遅延引き出しとキャッシュのモードを指定する。  指定できる
              値は "none" (遅延グリフを使用しない), "all" (全てのフォント に適
              用する), "16" (16 ビットフォントだけに適用する)である。

設定例
       #
       # フォントサーバの設定ファイルの例
       #

       # 10 クライアントまでフォントサーバへの接続を許可する。
       client-limit = 10

       # フォントサーバへの接続数が制限に達したら、新しいフォントサーバを起動する。
       clone-self = on

       # クライアントが使える代理フォントサーバ
       alternate-servers = hansen:7101,hansen:7102

       # フォントを探す場所の指定:
       # 最初に Speedo フォントのアウトラインフォントを探し、次に misc
       # フォントのビットマップを探し、最後に 100dpi フォントのビットマップを探す
       #
       catalogue = /usr/X11R6/lib/X11/fonts/speedo,
            /usr/X11R6/lib/X11/fonts/misc,
            /usr/X11R6/lib/X11/fonts/100dpi/

       #  12 point で (単位は 1/10 ポイント)
       default-point-size = 120

       # 100 x 100 と 75 x 75
       default-resolutions = 100,100,75,75
       use-syslog = off

フォントサーバの名前
       TCP 接続を受けるフォントサーバの指定には、以下の書式のいずれかが使用 で
       きる:

           tcp/hostname:port
           tcp/hostname:port/cataloguelist

       hostname はフォントサーバが動作しているマシンの名前 (または10進表記での
       アドレス)を指定する。   port  はフォントサーバが接続待ちをしている  TCP
       ポートの番号 (10進表記)である。 cataloguelist  はカタログ名のリストを指
       定する。リストの区切り文字は '+' である。

       指定例: tcp/fs.x.org:7100, tcp/18.30.0.212:7101/all.

       DECnet  接続を受けるフォントサーバの指定には、以下の書式のいずれかが 使
       用できる。

           decnet/nodename::font$objname
           decnet/nodename::font$objname/cataloguelist

       nodename はフォントサーバが動作しているマシンの名前(または 10進表記での
       アドレス)を指定する。 objname は通常の DECnet のオブジェクト名である(大
       文字・小文字は 区別しない)。 cataloguelist はカタログ名のリストを指定す
       る。リストの区切り文字は '+' である。

       例: DECnet/SRVNOD::FONT$DEFAULT, decnet/44.70::font$special/symbols.

関連項目
       X(7), The X Font Service Protocol,
       Font server implementation overview

バグ
       複数個のカタログを扱えるようにすべきである。

作者
       Dave Lemke, Network Computing Devices, Inc
       Keith Packard, Massachusetts Institute of Technology