Provided by: xmanpages-ja_4.1.0.20011224-6_all bug

名前

       xrefresh - X のスクリーンの全体または一部をリフレッシュする

書式

       xrefresh [-option ...]

説明

       xrefresh は、スクリーンの全体または一部を再描画させる簡単なプログラムである。 このプログラ
       ムは、システムのメッセージがスクリーンを乱してしまったとき に便利である。 xrefresh  は、ス
       クリーン上の要求された領域の最前面にウィンドウをマップして、その  直後にこれをアンマップす
       る。これによって、全てのアプリケーションに refresh  イベントが送られる。デフォルトの動作で
       は背景が無いウィンドウが  使われる。これにより、全てのアプリケーションは「滑らかに」再描画
       される。 しかし、この代わりに(任意の色の)塗り潰しの背景やルートウィンドウの背景 の使用をオ
       プションで指定することもできる。

引き数

       -white    白い背景を使用する。スクリーンは一瞬フラッシュしたように見え、それから  再描画さ
                 れる。

       -black    黒い背景を使用する(実際には真空管の電子銃が全て停止する)。一瞬全てを真っ    暗に
                 し、何も分からないようにできる。

       -solid color
                 指定した色で塗りつぶした背景を使用する。green を試してみよ。

       -root     ルートウィンドウの背景を使用する。

       -none     これがデフォルトの動作である。全てのウィンドウを単に再描画するだけであ る。

       -geometry WxH+X+Y
                 スクリーン上の再描画する部分を指定する。X(7) を参照すること。

       -display display
                 リフレッシュさせるサーバとスクリーンを指定する。 X(7) を参照すること。

X のデフォルト値

       xrefresh  プログラムはデフォルト値を取得するために関数  XGetDefault(3X) を用いている。した
       がって、リソースの名前は全て大文字で始まる。

       Black, White, Solid, None, Root
               どのウィンドウ背景を使うかを指定する。

       Geometry
               リフレッシュする領域を指定する。あまり役に立たない。

環境変数

       DISPLAY - デフォルトのホストとディスプレイ番号を取得する。

関連項目

       X(7)

バグ

       xrefresh はデフォルトの背景のタイプを1つだけ持たなければならない。

著者

       Jim Gettys, Digital Equipment Corp., MIT Project Athena