Provided by: dpkg-dev_1.16.1.2ubuntu7_all bug

NAME

       deb-old - Debian バイナリパッケージ旧形式フォーマット

書式

       filename.deb

説明

       .deb    フォーマットは   Debian   バイナリパッケージのファイル形式である。このマニュアルで
       は、Debian  0.93  以前に使用されていた   旧形式   について記述する。新形式の詳細については
       deb(5) を参照されたい。

フォーマット

       2  行の  ASCII  テキストによるフォーマット情報があり、それに  2 つの gzip 圧縮された ustar
       ファイルが続く。

       1 行目は 8 桁にそろえたフォーマットバージョン番号であり、旧形式アーカイブはすべて 0.939000
       である。

       2 行目はひとつ目の gzip 圧縮 tar ファイルの大きさを与える(0 から始まらない) 十進数である。

       それぞれの行の終わりは改行文字ひとつである。

       1  番目の  tar  ファイルは、制御情報を平文ファイル群として含む。control ファイルは必須であ
       り、中心となる制御情報を含む。

       非常に古いアーカイブでは、 control tar ファイル中のファイルが DEBIAN  サブディレクトリにあ
       ることもある。この場合、   control   tar  ファイルにも  DEBIAN  サブディレクトリが存在し、
       control tar ファイルはそのディレクトリ内にのみファイルを保有する。  control  tar  ファイル
       は、 `.', つまりカレントディレクトリにファイルを含むこともある。

       2  番目の gzip 圧縮 tar ファイルはファイルシステムアーカイブであり、インストールされるシス
       テムのルートディレクトリからの相対パス名を含んでいる。パス名の先頭にスラッシュ(/)はない。

関連項目

       deb(5), dpkg-deb(1), deb-control(5).

翻訳者

       関戸  幸一  <sekido@mbox.kyoto-inet.or.jp>.   鍋谷  栄展  <nabe@debian.or.jp>.   倉澤   望
       <nabetaro@debian.or.jp>.   石川睦  <ishikawa@linux.or.jp>.   鵜飼文敏 <ukai@debian.or.jp>.
       喜瀬浩     <kise@fuyuneko.jp>.       中野武雄      <nakano@apm.seikei.ac.jp>.       喜瀬浩
       <kise@fuyuneko.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.