Provided by: wesnoth-1.10-server_1.10.2-1_amd64 bug

名前

       wesnothd - Battle for Wesnoth マルチプレイヤー・ネットワーク・デーモン

書式

       wesnothd [-dv] [-c path] [-p port] [-t number] [-T number]
       wesnothd -V

説明

       Battle for Wesnoth のマルチプレイヤーゲームを管理する。 wesnoth クライアント(/query ...)や
       fifo                          を通して、サーバがどのようなコマンドを受けつけるかについては
       http://www.wesnoth.org/wiki/ServerAdministration を参照。

オプション

       -c path, --config path
              wesnothd   が使用する設定ファイルがどこにあるかを伝える。文法については後述の  サー
              バー設定 の章を参照。サーバープロセスに SIGHUP を送ることによって設定をリロードする
              ことができる。

       -d, --daemon
              wesnothd をデーモンとして実行する。

       -h, --help
              コマンドラインオプションで何が行えるかを表示する。

       --log-level=domain1,domain2,...
              ログ領域(domain)の厳密さのレベルを設定する。 all は、どのログ領域にも対応させるため
              に利用できる。有効なレベルは以下の通り。 errorwarninginfodebug。既定値では
              error レベルが使用され、server 領域には info が使用される。

       -p port, --port port
              指定ポートにサーバをバインドする。もしポートが指定されないなら、  15000番ポートが使
              用される。

       -t number, --threads number
              ネットワーク I/O 用の作業スレッドの数の最大値を  n  に設定する。(既定値:  5、 最大:
              30)

       -T number, --max-threads number
              作成される作業スレッドの数の最大値を設定する。   0   が指定された場合、制限なしとな
              る。(既定値: 0)

       -V, --version
              バージョン番号を表示して、終了する。

       -v, --verbose
              よりデバッグログを有効にする。

サーバー設定

   一般的な文法:
       [tag]

              key="value"

              key="value,value,..."

       [/tag]

   グローバルキー:
       allow_remote_shutdown
              no (既定値)に設定した場合、 fifo から来たものでない限り停止と再起動の要求は無視され
              る。 yes に設定した場合、管理者による /query での遠隔停止を許容する。

       ban_save_file
              サーバが読み書きする(gzip  圧縮の)ファイルへの完全パスまたは相対パス。  ban  はこの
              ファイルへ保存され、サーバ開始時に再度読み込まれる。

       compress_stored_rooms
              部屋ファイルが圧縮形式で読み書きされるか決定する。既定値は yesconnections_allowed
              同じ IP から許可される接続数。 0 は無限大を意味する。(既定値: 5)

       disallow_names
              サーバによって受けつけられない名前やニックネーム。 *?  からなるワイルドカードの
              パターンに対応。詳細は   glob(7)  を参照。既定の値(何も指定されなかった際に使用され
              る)は *admin*,*admln*,*server*,ai,ai?,computer,human,network,playerfifo_path
              サーバコマンド(wesnoth からの /query ... と同じ)をエコーする fifo  へのパス。指定さ
              れない場合の既定値はコンパイル時に指定されたパス(既定値:
              /var/run/socket/wesnothd/socket)。

       max_messages
              messages_time_period の時間内に許可されるメッセージ数。(既定値: 4)

       messages_time_period
              メッセージの殺到(flood)が検出される時間周期(秒単位)。(既定値: 10 秒)

       motd   本日のメッセージ。

       new_room_policy
              サーバ上で新しい部屋を立てられる者を決定する。使用可能な値は everyoneregisteredadminnobody で、それぞれ全員、登録ユーザ、管理者ユーザに権限を与えるか、新し
              い部屋を立てられなくする。既定値は everyonepasswd 管理者権限の獲得に用いられるパスワード。(/query admin password で)

       replay_save_path
              サーバがゲームのリプレイを置くディレクトリ。(/! をつけるのを忘れないこと)  既定値の
              `' は wesnothd が開始したディレクトリを意味する。

       restart_command
              restart コマンドで新しいサーバプロセスを開始するのにサーバが使用するコマンド。(fifo
              で問題があるときのみ。)

       room_save_file
              部屋情報が置かれるファイルへのパス。このファイルはサーバ開始時に読み込まれ、後で書
              き出される。空欄か未設定の場合は、部屋は読み込まれず保存されない。

       save_replays
              サーバが自動的にゲームのリプレイを保存するか定義する。(既定値: false)

       versions_accepted
              カンマで区切られた、サーバに受けつけられるバージョン文字列のリスト。  *? からな
              るワイルドカードのパターンに対応。(既定値では wesnoth のバージョンに一致する)
              例: versions_accepted="*" で、どのようなバージョン文字列も受けつける。

       user_handler
              使用するユーザハンドラの名前。現在利用可能なユーザハンドラは  forum  (wesnothd   を
              phpbb フォーラムデータベースに接続する) と sample (ユーザハンドラインターフェースの
              サンプル実装。もし何かしら本当にこれを使用するならあなたは発狂する)。既定値は
              forum。下記の [user_handler] セクションも追加しなければならならい。

   グローバルタグ:
       [redirect] クライアントのバージョンでリダイレクトするサーバを指定するためのタグ。

              host   リダイレクトするサーバのアドレス。

              port   接続するポート。

              version
                     カンマで区切られた、リダイレクトするバージョンのリスト。ワイルドカードのパ
                     ターンに関しては、 versions_accepted と同様に振る舞う。

       [ban_time] 一時的な ban 時間の長さの短縮キーワードを定義するタグ。

              name   ban 時間の参照に使用される名前。

              time   時間の長さの定義。書式は %d[%s[%d%s[...]]] で %s は  s  (秒)、  m  (分)、  h
                     (時)、  D (日)、 M (月) または Y (年) で %d は数字。もし時間修飾子がない場合
                     は分(m)が指定されたものとする。例: time="1D12h30m" は ban 時間が 1  日と  12
                     時間 30 分となる。

       [proxy] プロキシとして振る舞い、接続クライアントのリクエストを指定したサーバへと転送するよ
       う指定するよう、サーバに伝えるタグ。 [redirect] と同じキーを受けつける。

       [user_handler] でユーザハンドラを指定する。利用可能なキーは user_handler  キーに設定されて
       いるユーザハンドラによって変化する。もし  [user_handler]  セクションが設定中に存在しなけれ
       ば、サーバはニックネーム登録サービスなしで実行される。

              db_host
                     (user_handler=forum のとき) データベースサーバのホスト名

              db_name
                     (user_handler=forum のとき) データベース名

              db_user
                     (user_handler=forum のとき) データベースにログインするユーザ名

              db_password
                     (user_handler=forum のとき) このユーザのパスワード

              db_users_table
                     (user_handler=forum のとき) あなたの phpbb  フォーラムがユーザデータを保存す
                     るテーブル名。最もありそうなのは         <table-prefix>_users        (例えば
                     phpbb3_users)。

              db_extra_table
                     (user_handler=forum のとき) wesnothd  がユーザについてのデータを保存するテー
                     ブル名。このテーブルは手動で作成しなければならない。例:     CREATE     TABLE
                     <table-name>(username VARCHAR(255) PRIMARY KEY, user_lastvisit INT  UNSIGNED
                     NOT NULL DEFAULT 0, user_is_moderator TINYINT(4) NOT NULL DEFAULT 0);

              user_expiration
                     (user_handler=sample のとき) 登録されたニックネームが期限切れになる時間(単位
                     は日)。

       [mail] で SMTP  サーバユーザハンドラがメールを送れるサーバを設定する。現在はサンプルのユー
       ザハンドラとしてのみ使用される。

              server メールサーバのホスト名

              username
                     メールサーバにログインするユーザ名。

              password
                     このユーザのパスワード。

              from_address
                     あなたのメールの返信先アドレス。

              mail_port
                     あなたのメールサーバが動作しているポート。既定値は 25。

EXIT STATUS

       Normal  exit  status  is  0  when  the  server  was properly shutdown. An exit status of 2
       indicates an error with the command line options.

著者

       David     White     <davidnwhite@verizon.net>     によって書かれた。     Nils      Kneuper
       <crazy-ivanovic@gmx.net> と ott <ott@gaon.net> と Soliton <soliton.de@gmail.com> と Thomas
       Baumhauer <thomas.baumhauer@gmail.com> によって編集された。  このマニュアルページは  Cyril
       Bouthors  <cyril@bouthors.org> によって最初に書かれた。 岡田信人 <okyada@gmail.com> によっ
       て日本語に翻訳され、いいむらなおき <amatubu@gmail.com> によって編集された。
       公式ホームページ http://www.wesnoth.org/ を訪問して下さい。

著作権

       Copyright © 2003-2011 David White <davidnwhite@verizon.net>
       This is Free Software; this software is licensed under the GPL version 2, as published  by
       the  Free  Software  Foundation.   There  is  NO warranty; not even for MERCHANTABILITY or
       FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

関連項目

       wesnoth(6).