Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20110915-1_all bug

名称

       groff - GNU roff 言語の簡易リファレンス

解説

       groff とは、 GNU roff を表しており、roff 清書システムをフリーで実装したものです。 groff シ
       ステムの概観ならびに背景については roff(7) を参照してください。

       このドキュメントでは、groff 内で使用される、あらかじめ定義された roff 言語要素を簡潔に説明
       しているだけです。 古くからある機能と groff 拡張機能についての両方とも扱っています。

       歴史的に、  roff 言語troff と呼ばれています。 groff は、古くからあるシステムと互換性を
       持ちつつ、独自の拡張機能も 提供しています。 そのため GNU 版では、 roff, troff, groff  言語
       という術語は同義として使うこともできるでしょう。 しかし、 troff は、どちらかと言えば古くか
       らの機能に対して適用されるという 傾向があり、それに対して、 groff は GNU  拡張に重きを置い
       ています。 そして、 roff は、この言語の一般的な術語になっています。

       このファイルは、 groff info(1) ファイルにある完全なドキュメントの簡易版に過ぎません。 info
       ファイルの方がより詳細で実情に近く、正確な情報を含んでいます。

       groff ドキュメントを書くために使う一般的な文法は比較的 やさしいのですが、 roff  言語の拡張
       機能を書くのは少々骨が折れるかもしれません。

       roff 言語は、行指向の言語です。 行には、制御行とテキスト行の 2 種類しかありません。 制御行
       は制御文字で始まります。 制御文字は、デフォルトではピリオド  “.”  あるいはシングルクォート
       “'” です。 そのほかの文字で始まる行はすべてテキスト行です。

       制御行 は、コマンドを表し、オプションで引数を取ることもあります。 制御行は、次のような文法
       になります。  先頭の制御文字の後には、コマンド名を続けることができます。  引数は、もしあれ
       ば、コマンド名や他の引数と空白で分けられます。 例えば、次のようにします。

              .command_name arg1 arg2

       インデント用に、先頭の制御文字とコマンド名との間にはスペースや  タブ文字をいくつ入れても良
       いですが、制御文字は行の先頭になくては なりません。

       テキスト行 は、表示される部分のことです。 テキスト行はエスケープシーケンスで変更することが
       できます。  エスケープシーケンスは先頭にバックスラッシュ ‘\’ を置くことで認識されます。 こ
       れらは、行や単語の一部に含まれ、整形要素となったり 関数となったりします。 エスケープシーケ
       ンスには、シングルクォート  “'” で区切られた引数を取るものもありますし、 開き括弧 ‘(’ に続
       いて符合化され長さの一定なものや、角括弧 ‘[’ と ‘]’ で括られているものもあります。

       roff 言語は、マクロなど、言語拡張機能を書くための柔軟な手段を 提供しています。  マクロ定義
       を解釈する際に、roff システムは コピーモード と呼ばれる特別なモードに入ります。

       コピーモードの振る舞いはとても扱いにくいものでもありますが、  確実に安全に使えるようにする
       ルールがいくつかあります。

       1.     表示可能なバックスラッシュは \e  と記述しなくてはなりません。  もっと正確に言えば、
              \e  は現在のエスケープ文字を表します。 バックスラッシュのグリフを得るには \(rs を使
              用してください。

       2.     バックスラッシュはすべて 2 重にしてください。

       3.     テキスト行はすべて、スペースをとらない特殊文字 \& で始めてください。

       このやり方は、一番効率の良いコードが生成できる  というわけではありませんが、最初の一歩とし
       ては使えるはずです。 さらに良いやり方については groff info ファイルおよび groff_tmac(5) を
       参照してください。

       roff ソースファイルを読むのはこれよりは簡単です。 すべてのマクロ定義部分で 2  重になってい
       るバックスラッシュを 1 つに置き換えればよいだけです。

groff 要素

       roff  言語の要素は、テキストファイルに整形用情報を 付加するものです。 基本的な要素は、あら
       かじめ定義されたコマンド および変数であり、 この要素のおかげで roff は本格的なプログラミン
       グ言語に なっているのです。

       roff   コマンドには   2   種類あります。  コマンドは引数を取ることもあります。  リクエスト
       は、ドット ‘.’ あるいは “'” で始まる行に書かれるものです。 これに対して エスケープシーケン
        は、 バックスラッシュ ‘\’ で始まる、行埋め込み式の関数や単語中の整形要素です。

       ユーザは独自の整形コマンドを .de リクエストを使って定義することができます。 これらのコマン
       ドは マクロ と呼ばれていますが、実際にはリクエストとまったく同様に使われます。  マクロパッ
       ケージは groff 言語で書かれた定義済みのマクロセットです。 ユーザが独自にエスケープシーケン
       スを作成できる場合というのは 非常に限られており、特殊文字のみマップすることができます。

       groff 言語は、異なるインタフェースを持ついくつかの種類の変数を 提供しています。 定義済みの
       変数もありますが、ユーザも同様に自分で変数を定義できます。

       文字列  変数は文字列を格納します。 この変数は .ds リクエストで設定され、値は \* エスケープ
       シーケンスを使って取り出します。

       レジスタ 変数は数値、スケールファクタつき数字、 場合によっては文字列に似たオブジェクトを格
       納できます。 .nr リクエストで設定され、値は \n エスケープシーケンスを使って取り出します。

       環境  を使うことによって、行の長さやフォントサイズなどのような  グローバルな整形パラメータ
       を、後の再利用のために ユーザが一時的に格納することができます。  これは  .ev  リクエストに
       よって行われます。

       フォント  は、名前もしくは内部番号のどちらかで判別されます。 現在のフォントは .ft リクエス
       トもしくは  \f  エスケープシーケンスで選択されます。  デバイスごとに特別フォントがあります
       が、次のフォントはすべての  デバイスで利用可能です。  R は標準フォント、ローマン体です。 B
       はその ボールド体 です。 イタリック体  フォントは  I  と呼ばれておりどこででも利用可能です
       が、テキストデバイスでは ローマン体フォントに下線がついたものとして表示されます。 グラフィ
       カルの出力デバイスに対しては、次のフォントの固定幅の 修飾文字が存在します。 CR, CI, および
       CB です。 テキストデバイスでは、いずれにしても文字はすべて固定幅です。

       さらに、roff  の拡張要素がいくつかあります。 ディバージョン は、後で利用できるように情報を
       マクロに格納します。 トラップ は、ページの先頭から何行目とか、ディバージョンや入力において
       何行目というような位置条件です。  アクションの中には、条件が揃ったときに自動的に起動するよ
       うに 指示できるものがあります。

       これより詳細な情報については、groff info ファイルに示されています。

制御文字

       ある条件下で特別な制御タスクをもつ文字が いくつかあります。

       .      ドットは、行の先頭あるいは .if, .ie, .el, および .while  リクエスト中の条件の後にあ
              る場合のみ特別です。 その位置では、リクエスト (あるいはマクロ) を導入する制御文字に
              なります。 \. エスケープを使うと、この特別な動作を遅らせることができます。 .cc リク
              エストを使うことで、この制御文字を別の文字に設定して、  ドット ‘.’ を特殊文字でなく
              することができます。

              他の位置にドットがあるときは、ただのドット文字以上の意味はありません。 テキスト段落
              の中では、文はそれぞれ新しい行で始めるほうが有利です。

       '      シングルクォートには  2  つの制御機能があります。  行の先頭および条件リクエスト内で
              は、 シングルクォートは非ブレーク制御文字になります。  これは、ドットのようにリクエ
              ストを導入しますが、 リクエストが行を折り返さないような追加のプロパティをつけるもの
              です。 .c2 リクエストを用いると、非ブレーク制御文字を別の文字に設定する  ことができ
              ます。

              2 つめのタスクとして、シングルクォートは、 いくつかの関数エスケープシーケンスの中で
              引数の区切り文字としてよく使用されます  (引数に含まれない文字のペアならどれでも良い
              のですが)。 その他の場所にあれば、シングルクォート文字 あるいはアポストロフィ文字に
              なります。 groff は、表示用の表記として  エスケープシーケンス  \(cq  を提供していま
              す。

       "      ダブルクォートはリクエストおよびマクロ中の引数を括るときに使用されます。 .ds および
              .as リクエスト内では、引数の先頭にくるダブルクォートは取り除かれ、 その後に続くダブ
              ルクォート以外の文字を定義文字列とします  (先頭に空白が来るのを有効にします)。 エス
              ケープされたダブルクォート \" はコメントの開始になります。 それ以外は、ダブルクォー
              トには特別な機能はありません。  groff  は、表示用の表記として  エスケープシーケンス
              \(dq を提供しています。

       \      バックスラッシュは、通常エスケープシーケンスの開始を意味しています (この文字は、 ec
              リクエストによって変更できます)。 表示用のエスケープ文字は、エスケープシーケンス \e
              で、バックスラッシュのグリフは \(rs で得られます。

       (      開き括弧は、エスケープシーケンス内で、ちょうど 2 文字でできた  エスケープ名あるいは
              引数を導入したときのみ特別な意味を持ちます。 groff では、この動作は [] の組で置き換
              えることができます。

       [      開き角括弧は、groff のエスケープシーケンス内でのみ特別な意味を持ちます。 これは、長
              いエスケープシーケンス名やエスケープシーケンスの引数を   導入するときに使用します。
              それ以外の場合は、例えばマクロ呼び出しなどでも特別な意味はありません。

       ]      閉じ角括弧は、groff のエスケープシーケンス内でのみ特別な意味を持ちます。 これは、長
              いエスケープシーケンス名やエスケープシーケンスの引数を  終わらせます。 それ以外の場
              合は、特別な意味はありません。

       space  空白文字は、機能的な働きしか持たない文字です。 これは、  リクエストやマクロの引数の
              区切り文字、  およびテキスト行における単語の区切り文字です。 また、空白文字は groff
              の単語間の水平方向の空白計算に作用します。  定義された空白幅を得たい場合は、   ‘\ ’
              (エスケープ文字とそれに続いた空白文字)、 \|, \^, あるいは \h のようなエスケープシー
              ケンスを使う必要があります。

       newline
              テキストの段落においては、改行は空白文字とほぼ同じような作用をします。 連結された行
              は、エスケープした改行で指定できます。  つまり、行の最後の文字に ‘\’ を指定するので
              す。

       tab    テキスト中にタブ文字があれば、インタプリタは次の定義済みのタブ位置へ 水平方向にイン
              デントを作ります。 タブ位置の調整には洗練されたインタフェースが存在します。

数式

       数値 は、符号つき整数、符号なし整数、浮動小数点実数のいずれか、 およびそれに単位指定子を付
       加したものです。 単位指定子 は、計測単位を表す 1 文字の略語です。 単位指定子が後についた数
       字は、サイズに関する値を意味しています。 デフォルトでは、数値は単位指定を持ちません。 つま
       り、単なる数字にすぎません。

       roff 言語では、次の単位指定子を定義しています。

                              c   センチメートル
                              i   インチ
                              P   パイカ = 1/6 インチ
                              p   ポイント = 1/72 インチ
                              m   em = ポイント値でのフォントサイズ (文字
                                  `m' の幅)
                              M   em の 100 倍
                              n   en = em/2
                              u   実際の出力デバイスでの基本単位
                              v   基本単位での行送り幅
                              z   スケールされたポイント数 = 1 ポイントの
                                  1/sizescale 倍 (フォントの DESC ファイル
                                  で定義)

       数式  は、先で定義された数値と算術演算子 ‘+’, ‘-’, ‘*’, ‘/’, ‘%’ (剰余), 比較演算子 ‘==’ (
       ‘=’ と同じ), ‘<=’, ‘>=’, ‘<’, ‘>’, 論理演算子 ‘&’ (論理積), ‘:’ (論理和), ‘!’ (否定), およ
       び括弧 ‘(’ と ‘)’ との組み合わせです。

       さらに、 groff は、数式に対して次の演算子を追加しました。

                           e1>?e2   e1e2 の最大値
                           e1<?e2   e1e2 の最小値
                           (c;e)    c をデフォルトの単位指定子として e を評
                                    価

       詳細は groff info ファイルを参照してください。

条件式

       条件式 は、リクエスト .if, .ie, および .while での判定文で出てきます。  次の表にいろいろな
       種類の条件式を示します。

                          N          数式 N は値が 0 より大きければ真を返しま
                                     す。
                          !N         N の値が 0 以下であれば真です。
                          's1's2'    文字列 s1 が文字列 s2 と同一であれば真で
                                     す。
                          !'s1's2'   文字列 s1 が文字列 s2 と同一でなければ真
                                     です。
                          cch        文字 ch が利用可能であれば真です。
                          dname      name という文字列、マクロ、ディバージョ
                                     ン、 リクエストが存在すれば真です。
                          e          現在のページ番号が偶数なら真です。
                          o          現在のページ番号が奇数なら真です。
                          n          フォーマッタが nroff なら真です。
                          rreg       reg というレジスタがあれば真です。
                          t          フォーマッタが troff なら真です。

リクエスト

       このセクションでは、定義済みのリクエストについて短いリファレンスを   与えます。  groff  で
       は、リクエストとマクロの名前を任意の長さにすることができます。  長い名前に対して括弧で括っ
       たりマークをつける必要はありません。

       たいていのリクエストは  1  つ、ないしは複数の引数をとります。 引数は空白文字で区切られます
       (タブではありません!)。   引数の長さや数について、固有の制限はありません。    引数はダブル
       クォートで括ることができます。   引数に空白文字が含まれる場合にとても便利です。   例えば、
       "arg with space" は 1 つの引数を表しています。

       リクエストの中には、引数を与えると、引数なしの場合と異なった動きを するものがあります。 そ
       の詳細すべてについては、ここでは説明しません。 詳細は、groff info ファイルを参照してくださ
       い。

       後に述べるリクエストの説明では、引数の名前の多くは その意味を表すように選ばれています。 次
       にあげる表記についてだけは、意味を明らかにする必要があるでしょう。

                          c          1 文字を表します。
                          font       フォント名あるいはフォント番号で指定され
                                     たフォント
                          anything   行末までのすべての文字、あるいは \{\} に囲われた文字
                          n          評価されると整数値を返す数式
                          N          符号つきまたは符号なしの任意の数式
                          ±N         符号によって 3 つの意味があります。 次に
                                     説明をします。

       ±N で定義された式が ‘+’ 符号で始まる場合、この式の結果の値は、関連するリクエストが  すでに
       持っている固有値に加算されます。  例えば、数値レジスタに加算されます。 式が ‘-’ で始まる場
       合、この式の結果の値は、リクエストの値から減算されます。

       符号がない場合は、既存の値を N で直接置き換えます。 負の値を指定する場合は、 0  を前に置く
       かあるいは負の値を括弧で括ってください。

   リクエストの簡易リファレンス
       .         空行 (無視されます)。ドキュメントの整形に便利です。
       .\" anything
                 行全体がコメントとなります。
       .ab string
                 string を標準エラー出力に出力し、プログラムを終了します。
       .ad       現在の位置揃えモードで出力行の位置揃えを開始します。
       .ad c     位置揃えモード c で行の位置揃えを開始します (c=l,r,b,n)。
       .af register c
                 フォーマット c をレジスタ register に割り当てます (c=l,i,I,a,A)。
       .aln alias register
                 レジスタ register の別名 alias を作成します。
       .als alias object
                 リクエスト、文字列、マクロ、ディバージョン object の別名 alias を作成します。
       .am macro .. が呼ばれるまでのものをマクロ macro に追加します。
       .am macro end
                 .end が呼ばれるまでのものをマクロ macro に追加します。
       .am1 macro
                 リクエスト .am と同じですが、マクロ展開の時に互換モードが無効になります。
       .am1 macro end
                 リクエスト .am と同じですが、マクロ展開の時に互換モードが無効になります。
       .as stringvar anything
                 文字列 anything を文字列変数 stringvar に追加します。
       .asciify diversion
                 ディバージョン diversion に含まれる ASCII 文字、スペース、およびエスケープシーケ
                 ンスの いくつかをアンフォーマットします。
       .backtrace
                 入力のバックトレースを標準エラー出力に出力します。
       .bd font N
                 フォント fontN-1 単位分強調します。
       .bd S font N
                 現在のフォントが font のときに特別フォント S で強調します。
       .blm      空行マクロを解除します。
       .blm macro
                 空白行マクロをマクロ macro に設定します。
       .box      現在のディバージョンを終了します。
       .box macro
                 macro へ転換します。その際、部分的に行詰めされた行は取り除きます。
       .boxa     現在のディバージョンを終了します。
       .boxa macro
                 macro へ転換し、追加します。 その際、部分的に行詰めされた行は 取り除きます。
       .bp       現在のページを終了して新しいページを開始します。
       .bp ±N    現在のページを終了します。 次のページ番号を ±N にします。
       .br       改行です。
       .brp      改行し、出力行を引き延ばします。 \p と同じです。
       .break    while ループを終了します。
       .c2       非改行制御文字を “'” に戻します。
       .c2 c     非改行制御文字を c に設定します。
       .cc       制御文字を ‘.’ に戻します。
       .cc c     制御文字を c に設定します。
       .ce       次の入力行をセンタリングします。
       .ce N     次に来る N 行の入力行をセンタリングします。
       .cf filename
                 ファイル filename の内容をそのまま標準出力またはディバージョンへコピーします。
       .cflags mode c1 c2 ...
                 mode 番号に従って、文字 c1, c2, ... を扱います。
       .ch trap N
                 trap の場所を N に変更します。
       .char c anything
                 文字 c を 文字列 anything と定義します。
       .chop object
                 マクロ、文字列、ディバージョン object の最後の 1 文字をとり除きます。
       .close stream
                 ストリーム stream をクローズします。
       .continue
                 while ループにおける現在の繰り返し処理を終了します。
       .cp       互換モードを有効にします。
       .cp N     N が 0 なら互換モードを無効にします。 それ以外なら有効にします。
       .cs font N M
                 フォント font の固定文字幅モードを N/36 em に設定します (em は値 M)。
       .cu N     nroff の場合の連続アンダーライン。 troff のリクエスト .ul に相当します。
       .da       現在のディバージョンを終了します。
       .da macro マクロ macro に転換・追加します。
       .de macro リクエスト .. が呼ばれるまでマクロ macro を定義 (再定義) します。
       .de macro end
                 リクエスト .end が呼ばれるまでマクロ macro を定義 (再定義) します。
       .de1 macro
                 リクエスト .de と同じですが、マクロ展開の時に互換モードが無効になります。
       .de1 macro end
                 リクエスト .de と同じですが、マクロ展開の時に互換モードが無効になります。
       .dei macro
                 文字列レジスタ macro に名前が含まれるマクロを、 ..  が呼ばれるまで定義  (再定義)
                 します。
       .dei macro end
                 間接的にマクロを定義  (再定義)  します。  macro  および end は文字列レジスタであ
                 り、この内容がそれぞれマクロ名と終了マクロに 挿入されます。
       .di       現在のディバージョンを終了します。
       .di macro マクロ macro に転換します。
       .do name  リクエスト .name を、互換モードを無効にして解釈します。
       .ds stringvar anything
                 文字列変数 stringvar に文字列 anything を設定します。
       .dt N trap
                 ディバージョンのトラップ位置を N に設定します (デフォルトの単位指定子は vです)。
       .ec       エスケープ文字を ‘\’ に戻します。
       .ec c     エスケープ文字を c に設定します。
       .ecr      .ecs を用いて保存されているエスケープ文字を復元します。
       .ecs      現在のエスケープ文字を保存します。
       .el anything
                 if-else リクエスト (.ie) の else ブロックです。
       .em macro 入力が終わった後にマクロ macro を実行します。
       .eo       エスケープ文字の処理を抑制します。
       .ev       直前の環境に変更します。
       .ev env   環境 env (番号または名前で指定) をプッシュして切り替えます。
       .evc env  環境 env の内容を現在の環境にコピーします。 環境のプッシュまたはポップは行いませ
                 ん。
       .ex       roff の処理を終了します。
       .fam      以前のフォントファミリを返します。
       .fam name 現在のフォントファミリを name に設定します。
       .fc       フィールド機構を無効にします。
       .fc a     フィールド区切りを a に設定し、パディング文字を空白にします。
       .fc a b   フィールド区切りを a に、パディング文字を b に設定します。
       .fi       出力行を埋めます。
       .fl       出力バッファをフラッシュします。
       .fp n font
                 位置 n にフォント font をマウントします。
       .fp n internal external
                 長い名前  external のフォントを短い名前 internal のフォントとし、位置 n にマウン
                 トします。
       .fspecial font s1 s2...
                 現在のフォントが font の場合に、 s1, s2, ... を特別フォントにします。
       .ft       直前のフォントに戻します。 リクエスト \fP と同じです。
       .ft font  フォント名または番号 font に変更します。 エスケープシーケンス \f[font]  と同じで
                 す。
       .ftr font1 font2
                 フォント font1 をフォント font2 に変換します。
       .hc       追加ハイフネーション指定文字を削除します。
       .hc c     追加ハイフネーション指定文字として c を設定します。
       .hcode c1 code1 c2 code2 ...
                 文字 c1 のハイフネーションコードを code1 に、文字 c2 のコードを code2 のように設
                 定します。
       .hla lang 現在のハイフネーション言語を lang に設定します。
       .hlm n    ハイフンされた行の最大連続数を n に設定します。
       .hpf file ハイフネーションのパターンをファイル file から読み込みます。
       .hw words 例外的なハイフネーションをする単語のリストを words で指定します。
       .hy N     ハイフネーションモードを N に変更します。
       .hym n    ハイフネーションの余白を n に設定します (デフォルトの単位指定子は m です)。
       .hys n    ハイフネーションの空白を n に設定します。
       .ie cond anything
                 条件式 cond が真ならば anything を処理します。 偽の場合はリクエスト .el へ移動し
                 ます。
       .if cond anything
                 条件式 cond が真ならば anything を処理します。偽の場合は何もしません。
       .ig       リクエスト .. が呼ばれるまでテキストを無視します。
       .ig end   リクエスト .end が呼ばれるまでテキストを無視します。
       .in       インデント量を直前の値に戻します。
       .in ±N    引数 ±N に従ってインデント量を変更します (デフォルトの単位指定子は mです)。
       .it N trap
                 入力行のカウントトラップを位置 N に設定します。
       .kern     ペアワイズカーニングを有効にします。
       .kern n   n が 0 ならばペアワイズカーニングを無効にします。 0 でなければ有効にします。
       .lc       リーダ繰り返し文字の定義を削除します。
       .lc c     リーダ繰り返し文字を c に設定します。
       .length register anything
                 文字列 anything の文字列長をレジスタ register に書き込みます。
       .linetabs
                 行タブモードを有効にします (つまり、出力行に比例したタブ位置を計算します)。
       .linetabs n
                 n が 0 の場合、行タブモードを無効にします。 それ以外の場合は、行タブモードを有効
                 にします。
       .lf N file
                 入力する行数を N に、ファイル名を file に設定します。
       .lg N     引数 N が 0 より大きければリガチャ (合字) モードにします。
       .ll       行幅を直前の値に戻します。
       .ll ±N    行幅を引数 ±N に従って設定します (デフォルトの設定は 6.5i で、単位指定子は m  で
                 す)。
       .ls       追加の行間スキップ量を直前の値に戻します。
       .ls N     追加の行間スキップ量を  N  に設定します。 つまり、テキストの出力行それぞれの後に
                 N-1 行の空白行を挿入します。
       .lt ±N    タイトルの長さです (デフォルトの単位指定子は m です)。
       .mc       余白文字を無効にします。
       .mc c     それぞれのテキスト行の後、 右側余白から現在設定されている距離に文字 c を出力しま
                 す。
       .mc c N   余白文字を c に、右側余白からの距離を N に設定します (デフォルトの単位指定子は m
                 です)。
       .mk register
                 現在の垂直位置を register にマークします。
       .mso file リクエスト .so と同じですが、tmac ディレクトリにある file が検索される点が違いま
                 す。
       .na       出力行の位置揃えを行いません。
       .ne       1 行分の行送りが必要であることを指定します。
       .ne N     N 行分の行送りが必要であることを指定します (デフォルトの単位指定子は v です)。
       .nf       出力行に行詰めや位置揃えを行いません。
       .nh       ハイフネーションをしません。
       .nm       行番号モードを無効にします。
       .nm ±N M S I
                 行番号モードの、行番号、行番号出力間隔、空白、インデントを設定します。
       .nn       次の行に行番号をつけません。
       .nn N     次の N 行に行番号をつけません。
       .nop anything
                 anything を常に実行します。
       .nr register ±N M
                 レジスタの値を、インクリメント値 M±N に設定・変更します。
       .nroff    組み込み条件式 n を真に、 t を偽にします。
       .ns       空白なしモードにします。
       .nx filename
                 次のファイルへ処理を移します。
       .open stream filename
                 ファイル filename を書き込みモードでオープンし、名前 stream を持つストリームに関
                 連づけます。
       .opena stream filename
                 リクエスト .open と同じですが、追加モードでファイルをオープンします。
       .os       リクエスト .sv で指定された行送り量を出力します。
       .pc       ページ番号文字を ‘%’ に戻します。
       .pc c     ページ番号文字を設定します。
       .pi program
                 プログラム program に出力をパイプします (nroff のみ)。
       .pl       ページ長をデフォルトの 11i に設定します。 現在のページ長はレジスタ .p に格納され
                 ています。
       .pl ±N    ページ長を ±N に変更します (デフォルトの単位指定子は v です)。
       .pm       マクロ名とサイズを出力します (サイズは 1 ブロック 128 バイトのブロック数です)。
       .pm t     マクロ全体のサイズのみを出力します (サイズは 1 ブロック 128 バイトのブロック数で
                 す)。
       .pn ±N    次のページ番号を N に設定します。
       .pnr      現在定義されている数値レジスタの名前と内容を標準エラー出力に 出力します。
       .po       ページオフセットを直前の値に戻します。 現在のページオフセットはレジスタ .o  に格
                 納されています。
       .po ±N    ページオフセットを N に設定します。
       .ps       ポイントサイズを直前の値に戻します。
       .ps ±N    ポイントサイズを指定します。 エスケープシーケンス \s[±N] と同じです。
       .psbb filename
                 PostScript 画像 filename のための矩形領域を確保します。
       .pso command
                 リクエスト .so と同様ですが、 command の標準出力から入力します。
       .ptr      すべてのトラップの名前と位置を標準エラー出力に出力します (入力行のトラップとディ
                 バージョンのトラップは含まれません)。
       .rchar c1 c2...
                 文字定義 c1, c2, ... を削除します。
       .rd prompt
                 標準入力からの入力を読み込みます。
       .return   マクロから戻ります。
       .rj n     次の n 行の入力行を右寄せします。
       .rm name  name で指定されたリクエスト、マクロ、文字列を削除します。
       .rn old new
                 old で指定されたリクエスト、マクロ、文字列の名前を new に変更します。
       .rnn reg1 reg2
                 レジスタ名 reg1reg2 に変更します。
       .rr register
                 レジスタ register を削除します。
       .rs       空白を復活させます。つまり空白なしモードを無効にします。
       .rt ±N    (上方向のみ、) マークしておいた垂直位置まで戻します  (デフォルトの単位指定子は v
                 です)。
       .shc      ソフトハイフン文字を \(hy に戻します。
       .shc c    ソフトハイフン文字を c に設定します。
       .shift n  マクロにおいて、引数を位置 n にシフトします。
       .so filename
                 ソースファイルをインクルードします。
       .sp       1 行スキップします。
       .sp N     N  の行送りを挿入します。 N の符号によって上下方向が決まります (デフォルトの単位
                 指定子は v です)。
       .special s1 s2 ...
                 フォント s1, s2, などを特別フォントとします。 現在のフォントにない文字をこれらか
                 ら検索します。
       .ss N     空白文字のサイズを N/12 に設定します。 単位は現在のフォントの空白幅です。
       .ss N M   空白文字のサイズを  N/12  に、文の空白サイズを  M/12 に設定します。 単位は現在の
                 フォントの空白幅 (=1/3 em) です。
       .sty n style
                 位置 n のフォントをスタイル style に関連づけます。
       .substring register n1 n2
                 レジスタ register の文字列の中の部分文字列 n1n2 に置き換えます。
       .sv       行送り量を 1v に設定します。
       .sv N     リクエスト .os で出力される空白行の送り量を N に設定します。
       .sy command-line
                 プログラム command-line を実行します。
       .ta T N   タブ位置を N の倍数に設定します (デフォルトの単位指定子は m です)。
       .ta n1 n2 ... nn T r1 r2 ... rn
                 位置 n1, n2, ... , nn のタブ位置をそれぞれ nn+r1, nn+r2, ...  nn+rn に、さらにそ
                 れ以降を nn+rn+r1, nn+rn+r2, ...  nn+rn+rn のように設定します。
       .tc       タブ繰り返し文字を削除します。
       .tc c     タブ繰り返し文字を c に設定します。
       .ti ±N    次の行を一時的にインデントします (デフォルトの単位指定子は m です)。
       .tkf font s1 n1 s2 n2
                 フォント font のトラックカーニングを有効にします。
       .tl 'left'center'right'
                 3 つの部位をもつタイトルです。
       .tm anything
                 anything を端末 (UNIX の標準的なメッセージ出力先) に出力します。
       .tm1 anything
                 anything   を端末   (UNIX  の標準的なメッセージ出力先)  に出力します。  その際、
                 anything" で始まっている場合は、先頭を空白で始めることができます ( "  自体は
                 取り除かれます)。
       .tmc anything
                 .tm1 と似ていますが、末尾の改行を出力しません。
       .tr abcd....
                 出力で ab に、 cd のように変換します。
       .trf filename
                 ファイル filename の内容をそのまま出力します。
       .trnt abcd....
                 リクエスト  .tr と同じですが、 \! によってディバージョンへと出力されるテキストは
                 変換されません。
       .troff    組み込み条件式 t を真に、 n を偽に設定します。
       .uf font  アンダーラインフォントセットを font に設定します (リクエスト .ul  で切り替わりま
                 す)。
       .ul N     入力行を N 行、アンダーライン付きにします (troff では イタリック体になります)。
       .unformat diversion
                 diversion  内のフォント情報を保存しつつ、空白文字およびタブ文字を アンフォーマッ
                 トします。
       .vpt n    n が 0 でなければ垂直位置のトラップを有効にします。 0 ならば無効にします。
       .vs       行送りの基準線間隔を直前の値に戻します。
       .vs N     行送りの基準線間隔を N に設定します。 デフォルト値は 12p です。
       .warn n   警告コードを n に設定します。
       .wh N trap
                 位置によるトラップを設定します。 負の値の場合はページ末尾からになります。
       .while cond anything
                 条件式 cond が真ならば anything を入力として受理します。
       .write stream anything
                 ストリーム streamanything を書き込みます。

       これらの基本的な groff  リクエストの他にも、  マクロの呼び出しがあります。  これらはマクロ
       パッケージ (概要は roff(7) を参照) やプリプロセッサに由来するものです。

       プリプロセッサマクロを認識するのは容易です。 これらは独特のマクロの対で括られています。

                               ┌───────────────┬────────────┬────────────┐
                               │プリプロセッサ │ 開始マクロ │ 終了マクロ │
                               ├───────────────┼────────────┼────────────┤
                               │     eqn.PS.PE     │
                               │     grap.G1.G2     │
                               │     grn.GS.GE     │
                               │     pic.PS.PE     │
                               │    refer.R1.R2     │
                               │    soelimなしなし    │
                               │     tbl.TS.TE     │
                               └───────────────┴────────────┴────────────┘

エスケープシーケンス

       エスケープシーケンスは、行中の要素であり、通常は バックスラッシュ ‘\’ で開始され、エスケー
       プ名がそれに続きます。 場合によっては、必要な引数をつけることもあります。 入力処理は、エス
       ケープ文字あるいはその引数の直後から再開されます。  引数には区切り文字がはさまっているわけ
       ではありません。 そのため、エスケープ名や引数の終わりを決定する方法が必要です。

       これは、名前 (エスケープ名、および変数名からなる引数) を 角括弧  \[name]  で囲い、定数引数
       (数式および文字) を アポストロフィ (ASCII 0x27) で ’constant’ のように囲うことによって実現
       します。

       エスケープ名には短い名前の省略形があります。 2 文字のエスケープ名は開き括弧で \(xy  のよう
       に指定され、閉じ括弧は必要ありません。 そして、特殊文字である ‘[’ と ‘(’ 以外の 1 文字の名
       前はすべて \c のようにマーカなしで指定することができます。

       長さ 1 の定数の引数もアポストロフィのマーカを省略できますが、 2 文字の名前のときには省略で
       きません。

       1  文字のエスケープシーケンスは主に行中での 関数とシステムに関連したタスク用に使われるのに
       対して、 \( が続いた 2 文字の名前は roff システムで定義済みの特殊文字用に  使われます。  2
       文字より多い文字を持った名前 \[name] は、ほとんどユーザ定義の文字を表しています ( リクエス
       ト .char を参照してください)。

   1 文字のエスケープシーケンス
       \"     コメントの開始です。 行末までのものすべてが無視されます。
       \#     次の改行文字までのものすべてが無視されます。   これは、コピーモードで解釈されます。
              \" と似ていますが、終端となる改行を無視する点が異なります。
       \*s    1 文字の名前 s を持った文字列変数に格納されている文字列です。
       \*(st  2 文字の名前 st を持った文字列変数に格納されている文字列です。
       \*[stringvar]
              任意の長さの名前 stringvar を持った文字列変数に格納されている文字列です。
       \$0    現在のマクロが呼び出されている名前。 リクエスト .als は、1 つのマクロに複数の名前を
              つけることができます。
       \$x    x 番目のマクロの引数。 ここで、 x は、1 から 9 までの数値です。
       \$(xy  2 桁の番号 xy 番目のマクロの引数。
       \$[nexp]
              nexp 番目のマクロの引数。 ここで、 nexp は 1 以上の整数に評価される数値表現です。
       \$*    マクロにおいて、引数すべてを空白文字区切りで連結したもの。
       \$@    マクロにおいて、引数すべてをそれぞれダブルクォートで囲い、 空白文字で区切って連結し
              たもの。
       \\     バックスラッシュ  1 個に縮退します。 コピーモードでエスケープ文字として解釈されるの
              を 遅らせるときに便利です。  表示可能なバックスラッシュには、  \e  を使用してくださ
              い。
       \’     揚音アクセント符号  ´ 。 \(aa と同じです。 エスケープなし: アポストロフィ、右クォー
              テーション記号、シングルクォート (ASCII 0x27)。
       \`     抑音アクセント符号 ` 。 \(ga と同じです。 エスケープなし:  左クォート、バッククォー
              ト (ASCII 0x60)。
       \-     現在のフォントでの - 符号。
       \.     解釈されないドット (ピリオド)。 行頭にあってもそうなります。
       \%     デフォルトでのオプションのハイフン文字。
       \!     透過行指定子。
       \?anything?
              ディバージョンにおいて、そのまま  anything を組み込みます。 コピーモードで anything
              は読み込まれます。 エスケープシーケンス \! および \? も参照してください。
       \space パディングされない、空白の大きさを持った空白文字 (改行もされません)。
       \0     数字の幅の空白。
       \|     1/6 em の狭い空白文字。nroff では幅 0 です。
       \^     1/12 em のさらに狭い空白文字。nroff では幅 0 です。
       \&     表示されない、幅 0 の文字。
       \)     \& と同様ですが、文の終わりを認識する目的で、 cflags リクエストを  用いて透過になる
              ように宣言された文字のように振る舞うという 点で異なります。
       \/     次の文字がローマン体であるときには、それの前の文字の幅を増やして 次の文字との間の空
              白が修正されるようにします。
       \,     前の文字がローマン体であるときには、次の文字の空白を変更して 前の文字との間の空白が
              修正されるようにします。
       \~     改行されない空白。 行を調整するとき、通常の単語間の空白のように 引き延ばされます。
       \:     幅 0 のブレークポイント ( \% と似ていますが、ソフトハイフン文字は使いません)。
       \newline
              無視される改行。 行を連続させるときのためです。
       \{     条件入力の開始。
       \}     条件入力の終了。
       \(st   2 文字の名前を持った特殊文字。 セクション 特殊文字 を参照してください。
       \[name]
              任意の長さの名前 name を持った文字
       \a     解釈されないリーダ文字。
       \A’anything
              anything  が文字列、マクロ、ディバージョン、レジスタ、環境、あるいは フォント名とし
              て受け付けられるものの場合、 1 に展開します。 そうでない場合 0 になります。
       \b’abc...
              角括弧を作る関数。
       \B’anything
              anything が正しい数値表現として受け付けられるものの場合、 1 に展開します。 そうでな
              い場合、 0 になります。
       \c     テキスト処理を中断します。
       \C’char
              char  と呼ばれる文字。  \[char]  と同じですが、他の roff バージョンと互換性がありま
              す。
       \d     垂直単位で 1/2 em だけ前方 (下) に移動します (nroff では 1/2 行です)。
       \D’charseq
              charseq 中の文字で定義されたグラフィカルな要素を描きます。 詳細は groff info ファイ
              ルを参照してください。
       \e     現在のエスケープ文字を表示する時の表記。
       \E     エスケープ文字と等価ですが、コピーモードでは評価されません。
       \fF    1 文字の名前もしくは 1 個の数字 F を持つフォントに変更します。
       \f(fo  2 文字の名前もしくは 2 個の数字 fo を持つフォントに変更します。
       \f[font]
              任意の長さの名前もしくは数式 font で表されるフォントに変更します。
       \g[reg]
              リクエスト .af に適した、名前 reg を持ったレジスタのフォーマットを返します。 別の形
              式として \g(xy および \gx があります。
       \h’N  局所的な水平移動。 右側へ N だけ移動します (負の値のときは左側へ移動します)。
       \H’N  現在のフォントの高さを N に設定します。
       \k[reg]
              任意の長さの名前  reg  を持つレジスタ中の水平入力位置をマークします。  別の形式では
              \k(xy\kx です。
       \l’Nc 水平線描画関数 (文字 c を用いることも可能です)。
       \L’Nc 垂直線描画関数 (文字 c を用いることも可能です)。
       \nr    1 文字の名前 r を持つレジスタ変数に格納されている数値。
       \n(re  2 文字の名前 re を持つレジスタ変数に格納されている数値。
       \n[reg]
              任意の長さの名前 reg を持つレジスタ変数に格納されている数値。
       \N’n  現在のフォントで、コード  n で指定された文字を出力します。 特別フォントは検索されま
              せん。 リクエスト .char を用いて文字にフォントを追加するときに便利です。
       \o’abc...
              文字 a, b, c, などを 2 度打ちします。
       \p     改行し、その出力行を引き延ばします。
       \r     垂直方向に 1 em 逆戻りします (nroff では 1 行逆戻りします)。
       \R’name ±n
              リクエスト .nr name ±n と同じです。
       \s[±N] ポイントサイズを N スケールポイントに設定します。  別の書式として  \s±[N],  \s'±N',
              \s±'N',  \s(±xy,  \s±(xy,  \s±x が使えることに注意してください。 これは、リクエスト
              .ps と同じです。
       \S’N  出力を N 度傾けます。
       \t     解釈されない水平タブ。
       \u     垂直方向に 1/2 em 逆戻りします (nroff では 1/2 行逆戻りします)。
       \v’N  局所的な垂直移動。 N だけ下がります (負の値のときは上がります)。
       \V[env]
              環境変数 env の内容。 別の書式では、 \V(xy\Vx が使えます。
       \w’string
              文字列 string の幅。
       \x’N  さらに行送りする関数 (負の値なら前へ、正の値なら後ろへ行送りします)。
       \X’string
              string をデバイス制御関数として出力します。
       \Y[name]
              文字列変数あるいはマクロ name  をデバイス制御関数として解釈しないように出力します。
              別の書式では、 \Y(xy\Yx になります。
       \zc    幅 0 (空白なし) で c を出力します。
       \Z’anything
              anything を出力し、水平・垂直位置を元に戻します。 anything にはタブや先頭文字は含ま
              れません。

       エスケープシーケンス \e, \., \", \$, \*, \a, \n, \t, \g, および \newline  はコピーモードで
       解釈されます。

       \(  あるいは \[ で始まるエスケープシーケンスは 1 文字のエスケープシーケンスを 表すものでは
       なく、2 つ以上の文字を持ったエスケープ名の 開始を示します。

       バックスラッシュの後に定義済みのエスケープシーケンスを  形成しない文字が続く場合は、バック
       スラッシュは黙って無視され、 文字そのものがマップされます。

   特殊文字
       よく使われる特殊文字は、文字 xy を用いた \(xy の形式のエスケープシーケンスであらかじめ
       定義されています。 特殊文字の中には通常のフォントに含まれているものも一部ありますが、 ほと
       んどは特別フォントでしか利用できません。  最も重要なグリフを抜き出したものを次に示します。
       完全なリストは、 groff_char(7) にあります。

              \(bu   ·      中黒.
              \(co   ©      著作権記号.
              \(ct   ¢      セント記号 (通貨).
              \(dd   ‡      2 重ダガー.
              \(de   °      度記号.
              \(dg   †      ダガー.
              \(em   —      全角ダッシュ.
              \(hy   ‐      ハイフン.
              \(rg   ®      登録記号.
              \(sc   §      セクション記号.
              \(ul   _      アンダーライン文字.
              \(==   ≡      等号.
              \(>=   ≥      以上.
              \(<=   ≤      以下.
              \(!=   ≠      不等号.
              \(->   →      右矢印.
              \(<-   ←      左矢印.
              \(+-   ±      プラスマイナス記号.

レジスタ

       レジスタは値を格納する変数です。 groff では、ほとんどのレジスタは数値を格納しますが  (前述
       セクション 数式 を参照してください)、なかには文字列値を保持できるものもあります。

       各レジスタには名前が与えられています。  任意のレジスタを定義でき、リクエスト  .nr register
       で定義・設定できます。

       レジスタに格納された値は、エスケープシーケンス \n を用いて取り出すことができます。

       最も有用なのは、定義済みのレジスタです。  次からは、レジスタのことを話しているのだというこ
       とを明確にするため、  name という表記を用いて name レジスタのことを示します。 \en[] 修飾は
       レジスタ名の一部ではないことを気にとめておいてください。

   読み込み専用レジスタ
       次のレジスタは、ユーザが書き換えられない定義済みの値を持った レジスタです  (通常、ドットで
       始まるレジスタは読み込み専用です)。 ほとんどは、現在の設定についての情報を提供したり、リク
       エスト呼び出し からの結果を保存したりするものです。

       \n[.$]    現在のマクロの引数の個数。
       \n[.a]    最後に \x'N' を用いて指定した行送り幅。
       \n[.A]    オプション -A が使用されているときに troff 内で 1 が設定されます。 nroff  内では
                 常に 1 です。
       \n[.c]    現在の入力行番号。
       \n[.C]    互換モードが有効になっている場合は 1 で、そうでない場合 0 です。
       \n[.cdp]  現在の環境に追加された最後の文字の深さ。  最後の文字が基準線から下に突き出ている
                 場合に正になります。
       \n[.ce]   リクエスト .ce で設定された、センタリングされる行の残数。
       \n[.cht]  現在の環境に追加された最後の文字の高さ。  基準線よりも上に文字が突き出ている場合
                 に正になります。
       \n[.csk]  現在の環境に追加された最後の文字の傾き。  文字の傾きとは、文字の上についたアクセ
                 ント記号が文字の中央からどれだけ 右に離れて置かれるかということです。
       \n[.d]    現在のディバージョンでの垂直方向の位置です。 レジスタ nl と同じです。
       \n[.ev]   現在の環境の名前もしくは番号です (文字列の値です)。
       \n[.f]    現在のフォント番号です。
       \n[.fam]  現在のフォントファミリです (文字列の値です)。
       \n[.fp]   次に空いているフォント位置番号。
       \n[.g]    GNU troff では常に 1 です。 マクロ中で groff  で動作しているかどうかをテストする
                 場合、 このレジスタを使用すべきでしょう。
       \n[.h]    現在のページあるいはディバージョンでのテキスト基準線の 最高点です。
       \n[.H]    利用可能な水平方向の解像度 (基本単位です)。
       \n[.hla]  リクエスト .hla で設定された現在のハイフネーション言語。
       \n[.hlc]  直前で連続したハイフネーション行数。
       \n[.hlm]  連続したハイフネーション行数の許される最大値。 これは、 リクエスト .hlm で設定さ
                 れます。
       \n[.hy]   現在のハイフネーションフラグ ( リクエスト .hy で設定されます)。
       \n[.hym]  現在のハイフネーションの余白 ( リクエスト .hym で設定されます)。
       \n[.hys]  現在のハイフネーションの空白 ( リクエスト .hys で設定されます)。
       \n[.i]    現在のインデント。
       \n[.in]   現在の出力行に対して適用されるインデント。
       \n[.int]  最後に出力した行に \c が含まれていれば正です。
       \n[.kern] ペアワイズカーニングが有効になっている場合 1 で、無効になっていれば 0 です。
       \n[.l]    現在行の長さです。
       \n[.lg]   現在の合字モード ( リクエスト .lg で設定されます)。
       \n[.linetabs]
                 現在の行タブモード ( .linetabs リクエストによって設定されます)。
       \n[.ll]   現在の出力行に対して適用される行の長さ。
       \n[.lt]   タイトルの長さ ( リクエスト .lt で設定されます)。
       \n[.n]    直前の出力行でのテキスト部分の長さ。
       \n[.ne]   トラップを生起させる原因となった最後のリクエスト .ne が必要とした空白の量。 この
                 レジスタは、 .trunc と一緒に使用すると便利です。
       \n[.ns]   空白なしモードであれば 1 で、そうでなければ 0 が設定されます。
       \n[.o]    現在のページのオフセット。
       \n[.p]    現在のページの長さ。
       \n[.pn]   次ページの番号。  これは、リクエスト .pn で定義された値もしくは現在ページに 1 を
                 足した番号の いずれかです。
       \n[.ps]   スケールポイントで表した現在のポイントサイズ。
       \n[.psr]  最後に要求された、スケールポイントで表したポイントサイズ。
       \n[.rj]   リクエスト rj によって設定された右寄せされる行の数。
       \n[.s]    10 進小数での現在のポイントサイズ。
       \n[.sr]   10 進小数での最後に要求されたポイントサイズ (文字列値)。
       \n[.t]    次のトラップまでの距離。
       \n[.T]    オプション -T が使われている場合 1 に設定されます。
       \n[.tabs] 現在のタブ設定の文字列表現。 リクエスト .ta に対する引数として使用するのに適して
                 います。
       \n[.trunc]
                 最近の垂直位置トラップによって切り詰められた垂直スペースの量。 リクエスト .ne に
                 よるトラップが引き起こされた場合は、そのリクエストによって生じた  垂直移動量をさ
                 らにマイナスした値になります。  別の言い方をすれば、トラップが発生した時点での、
                 トラップが起きなかった場合の垂直位置と現在の垂直位置との差を 表しています。 リク
                 エスト .ne と一緒に使用すると便利です。
       \n[.ss]   リクエスト .ss の第 1 引数によって設定されたパラメータの値。
       \n[.sss]  リクエスト .ss の第 2 引数によって設定されたパラメータの値。
       \n[.u]    行連結モードのときは 1 で、そうでなければ 0 です。
       \n[.v]    現在の垂直方向の行送り量。
       \n[.V]    利用可能な垂直方向の解像度 (基本単位です)。
       \n[.vpt]  垂直位置トラップが有効なら 1 で、無効なら 0 です。
       \n[.w]    直前の文字の幅。
       \n[.warn] 現在有効になっている警告の番号コードの和。
       \n[.x]    メジャーバージョン番号。
       \n[.y]    マイナバージョン番号。
       \n[.Y]    groff のリビジョン番号。
       \n[.z]    現在のディバージョン名。

   書き込み可能なレジスタ
       次のレジスタは、ユーザによって読み書き可能です。      定義済みのデフォルト値を持っています
       が、ドキュメントを カスタマイズするために変更できます。

       \n[%]     現在のページ番号。
       \n[c.]    現在の入力行番号。
       \n[ct]    文字の種類 (幅関数 \w で指定されます)。
       \n[dl]    最後に行われたディバージョンの最大幅。
       \n[dn]    最後に行われたディバージョンの高さ。
       \n[dw]    現在の曜日 (1-7)。
       \n[dy]    現在の日 (1-31)。
       \n[hp]    現在の入力行における水平位置。
       \n[llx]   与えられた PostScript 画像 ( .psbb で設定されます) の左下 x 座標 (PostScript  単
                 位)。
       \n[lly]   与えられた  PostScript 画像 ( .psbb で設定されます) の左下 y 座標 (PostScript 単
                 位)。
       \n[ln]    出力行番号。
       \n[mo]    現在の月 (1-12)。
       \n[nl]    最後に表示されたテキストの基準線の垂直方向の位置。
       \n[rsb]   sb と同様ですが、文字の高さおよび深さを勘定に含めています。
       \n[rst]   st と同様ですが、文字の高さおよび深さを勘定に含めています。
       \n[sb]    文字列の、基準線の下側の深さ (幅関数 \w で生成されます)。
       \n[skw]   \w 引数の最後の文字の中央からの右スキップ幅。
       \n[slimit]
                 0 よりも大きければ、入力スタック上のオブジェクトの最大数。 0  以下であれば、制限
                 はありません。  つまり、仮想メモリを使い果たすまで再帰呼び出しし続けることができ
                 ます。
       \n[ssc]   添字の直前にある文字に追加すべき水平方向の空白量 (幅関数 \w で生成されます)  (負
                 の値になる可能性もあります)。
       \n[st]    文字列の、基準線の上の高さ (幅関数 \w で生成されます)。
       \n[systat]
                 最後の .sy リクエストによって実行された system() 関数の戻り値。
       \n[urx]   与えられた  PostScript 画像 ( .psbb で設定されます) の右上 x 座標 (PostScript 単
                 位)。
       \n[ury]   与えられた PostScript 画像 ( .psbb で設定されます) の右上 y 座標 (PostScript  単
                 位)。
       \n[year]  現在の年 (2000 年問題対応です)。
       \n[yr]    現在の年から 1900 を引いたものです。 2000 年問題対応にするにはレジスタ year を代
                 わりに使用してください。

警告

       groff が生成する警告は各々名前およびコード番号で識別されます。 コードは 2 の累乗になってい
       て、1 つの整数の上にビットエンコード できるようになっています。 また警告のグループを参照す
       るのに使用することのできる名前もあります。

       警告と関連のある名前は、 -w および -W オプションで使用されます。  コード番号は  リクエスト
       .warn および \n[warn] レジスタで使用されます。

       all         group
                   di, mac および reg を除いたすべての警告です。 伝統的なマクロパッケージでの警告
                   をすべて網羅しています。
       break       4
                   行連結モード時に、1 行の長さよりも短くなるように  行を分割できませんでした。デ
                   フォルトでは有効です。
       char        1
                   存在しない文字です。 デフォルトでは有効です。
       delim       8
                   閉じ区切り記号がないか、もしくは対応が取れません。
       di          256
                   現在ディバージョンが存在しないのに、引数なしで  .di  あるいは .da を使っていま
                   す。
       el          16
                   対応するリクエスト .ie が存在しないのに、 .el リクエストを使っています。
       escape      32768
                   認識されないエスケープシーケンスです。 そのためエスケープ文字は無視されます。
       font        131072
                   存在しないフォントです。 デフォルトでは有効です。
       ig          262144
                   リクエスト .ig  を使って無視されているテキスト中で不正なエスケープがあります。
                   無視されるテキストの外側でこの警告が発生する場合、 エラーとなる状態です。
       mac         512
                   定義されていない文字列、マクロ、およびディバージョンが使われました。  自動的に
                   空文字として扱われます。 通常は、名前ごとに 1 つしか警告は出ません。
       missing     8192
                   オプションではない引数が指定されていないリクエストです。
       input       16384
                   不正な入力文字です。
       number      2
                   不正な数式です。 デフォルトでは有効です。
       range       64
                   引数が範囲外です。
       reg         1024
                   定義されていない番号レジスタを使っています。 自動的に値 0 をもつレジスタとして
                   扱われます。 通常は、名前ごとに 1 つしか警告は出ません。
       right-brace 4096
                   数字を指定すべき場所で \} が使われました。
       scale       32
                   意味のない単位指定子です。
       space       65536
                   リクエストあるいはマクロとその引数との間に空白がありません。  そのため、自動的
                   にマクロは定義されません。 デフォルトでは有効です。 この警告は互換モードでは絶
                   対に発生しません。
       syntax      128
                   数式中の構文が曖昧です。
       tab         2048
                   タブ文字の使い方が適切ではありません  (クォートされていない マクロ引数中や数字
                   を指定すべきところにタブ文字がある)。
       w           group
                   すべての警告です。

       ┌──────────────────────────┬─────────────────────────────────┬───────────────────────────┐
       │ Bit     Code      警告   │  Bit     Code         警告      │  Bit      Code      警告  │
       ├──────────────────────────┼─────────────────────────────────┼───────────────────────────┤
       │   0        1      char   │    8       256         di       │   16      65536     space │
       │   1        2     number  │    9       512         mac      │   17     131072     font  │
       │   2        4     break   │   10      1024         reg      │   18     262144      ig   │
       │   3        8     delim   │   11      2048         tab      │                           │
       │   4       16       el    │   12      4096     right-brace  │                           │
       │   5       32     scale   │   13      8192       missing    │                           │
       │   6       64     range   │   14     16384        input     │                           │
       │   7      128     syntax  │   15     32768       escape     │                           │
       └──────────────────────────┴─────────────────────────────────┴───────────────────────────┘

互換性

       groff は、古典的な troff 用に書かれた roff コードや他の roff 実装用の roff  コードを同じ方
       法で 処理できるようにする 互換モード を提供します。

       互換モードはコマンドラインオプション  -C を用いて有効にでき、リクエスト .cp で有効にしたり
       無効にしたりできます。 番号レジスタ \n(.C は、互換モードが有効であるとき 1  で、無効である
       とき 0 です。

       長い名前に対する GNU の考え方によってある種の非互換性が 生まれてしまうのでこれが必要になり
       ました。 古典的な troff は、

              .dsabcdcd という中身を持った文字列 ab を定義しているものとして解釈します。 groff  は、通常これ
       を dsabcd という名前のマクロ呼び出しとして解釈します。

       さらに、  古典的な troff では \*[ または \n[[ と呼ばれる文字列レジスタあるいは番号レジ
       スタへのリファレンスとして 解釈します。 しかし、 GNU 独自の モード  では通常これを長い名前
       の始まりとして解釈してしまいます。

       互換性  モードでは、 groff はこれらを古典的な方法で解釈するようになりますが、長い名前は 認
       識されなくなります。

       これに対して、 GNU 独自モード での groff  は、文字列やマクロ、変換、番号レジスタ、フォント
       あるいは  環境名にエスケープシーケンス  \e,  \|, \^, \&, \}, \{, \ (スペース), \', \`, \-,
       \_, \!, \%, \c を使うことはできません。 これに対して 古典的な troff ではこれらのエスケープ
       シーケンスを使えます。  エスケープシーケンス \A は、名前の中でこれらのエスケープシーケンス
       を使わないようにするとき 役に立ちます。

       小数のポイントサイズは、顕著な非互換性を生み出します。 古典的な troff では、 .ps  リクエス
       トは単位指定子を無視しますので、

              .ps 10u

       とするとポイントサイズを 10 ポイントに設定します。 これに対して groff 独自のモードでは、ポ
       イントサイズは スケールポイントで 10 ポイントに設定します。

       groff  モードでは、整形されていない入力と整形された出力文字との間に   基本的な違いがありま
       す。 出力文字がどのように出力されるかに影響を与えるものは、 すべてその文字と一緒に格納され
       ます。 一度出力文字が作られれば、 その後でどのようなリクエストが実行されても出力文字は影響
       を受けません。 .bd, .cs, .tkf, .tr, .fp のいずれのリクエストでも同様です。

       通常、出力文字は、入力文字を現在の出力行に追加する直前に作られます。  マクロ、ディバージョ
       ン、文字列は、実はすべて 同じオブジェクトタイプです。 これらは、どのような組み合わせでも入
       力文字のリスト ならびに出力文字のリストを持っています。

       マクロを処理する目的では、出力文字は入力文字と同じような   振る舞いはしません。   出力文字
       は、自分の構築元となった入力文字ならば持っていたであろう  特別な属性を一切引き継ぎません。
       次の例は、これらのことをもっと明解に示しています。

              .di x
              \\\\
              .br
              .di
              .x

       GNU  モード  では、これは  \\  として表示されます。 つまり、入力されたバックスラッシュの対
       ‘\\’ はそれぞれ 1 つのバックスラッシュ ‘\’  に変換されます。  そして、結果として出力される
       バックスラッシュは、 再度読み込まれるときにはエスケープ文字としては解釈されません。

       古典的な troff では、こうしたバックスラッシュは再度読み込まれるときには エスケープ文字とし
       て解釈されるので、最終的には 1 つのバックスラッシュ ‘\’ として出力されるでしょう。

       出力可能な  ‘\’  を得る正しい方法は  エスケープシーケンス  \e  を使うことでしょう。   これ
       は、ディバージョン内で使用されているかどうかに関わらず、 現在のエスケープ文字を常に 1 つだ
       け出力します。 さらにこれは GNU モードでも互換モードでも動作します。

       ディバージョン内に、再度読み込まれたときに解釈したい      エスケープシーケンスを格納するに
       は、伝統的な  透過出力ファシリティ \! あるいは新しいエスケープシーケンス \? のどちらかが使
       用できます。

バグ

       現在、groff システムのドキュメントは変更・刷新途上にあります。  それぞれのマニュアルには小
       さな不一致がある可能性があります。

       警告 セクションは troff(1) に属しています。

作者

       このドキュメントは    groff、すなわち    GNU    roff   配布物の一部です。   Bernd   Warken
       <bwarken@mayn.de> が書きました。

       このドキュメントは、FDL (GNU Free Documentation License) バージョン 1.1 以降の条項のもとに
       配布されています。 システムに FDL のコピーがあるはずですし、オンライン

              http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html

       でも入手できます。

       もともと、groff  言語拡張については troff(1) マニュアルページで管理されていました。 このド
       キュメントは groff 言語拡張の不可欠な部分を含んではいますが、  詳しい説明については、groff
       info ファイルの中にあります。

関連項目

       groff 言語の主な情報源は groff info(1) ファイルです。

       roff   および   groff   システムを調べたり、さらなるドキュメントへの  ポインタを得るには、
       roff(7) を参照してください。

       フォーマッタプログラムについては groff(1) および troff(1) で説明されており、  前もって定義
       されているグリフ名のすべては groff_char(7) で説明されています。

       古くからある troff のドキュメントはオンライン

              http://cm.bell-labs.com/cm/cs/cstr.html
       および
              http://www.kohala.com/start/troff/
       にあります。