Provided by: po4a_0.41-1ubuntu1_all bug

po/ への移行
       つまり、トップレベルの po/ ディレクトリを作成
       し、/usr/share/doc/po4a/examples/ にあるサンプルファイルを、移動してく
       ださい。

       LINGUAS
           空だったとしても存在しなければなりません。翻訳のリストでできてお
           り、'#' で始まらない各行は、存在する PO ファイルに一致しなければな
           りません。例えば、LINGUAS に 'fr' とだけ書かれていれば、fr.po ファ
           イルが LINGUAS ファイルと同じディレクトリになければなりません。

            $ cat po/LINGUAS
            cs
            de
            fr
            $

           規約では LINGUAS ファイルはアルファベット順にソートされますが、手作
           業です。

       POTFILES.in
           ランタイム (つまりスクリプト内) で翻訳される必要があるメッセージを
           持つファイルリストです。トップレベル po/ ディレクトリを使用する場
           合、パスは po/ ディレクトリそのものではなく、トップレベルディレクト
           リからの相対パスにしてください。

            $ ls -l
            myscript.pl
            another.pl
            foo/support.pl
            po/
            po/POTFILES.in
            $ cat po/POTFILES.in
            myscript.pl
            another.pl
            foo/support.pl
            $

           ランタイムの翻訳とドキュメントの翻訳の両方を含むスクリプト (例: ラ
           ンタイムに gettext を使用し、ドキュメントに埋め込み POD 内容を含む)
           は、明らかにサポートされるということに注意してください。そのた
           め、po/POTFILES.indoc/po4a-build.conf に、同じファイルがリスト
           されていても問題ありません。

       Makevars-perl.example
           スクリプトが Perl の場合、このサンプルファイルを po/Makevars として
           コピーし、適合するように編集してください。

       Makevars-shell.example
           スクリプトが シェル の場合、このサンプルファイルを po/Makevars とし
           てコピーし、適合するように編集してください。

       po4a-build.make
           このサンプルファイルを po/Makefile としてコピーしてください。編集す
           る必要はないはずですが、po4a のリリースにより、根本的に intltool の
           サポートが変更される可能性があるた
           め、/usr/share/doc/po4a/examples/po4a-build.make を更新したくなるか
           もしれません (このファイル自体は Autotools や intltool を用いた別プ
           ロジェクトで生成されます)。

構築
       以下のスニペットを、最上位の Makefile や、配付用にソースを準備する手段
       ならどこでも追加する必要があります。

        clean:
               $(MAKE) -C po/ clean

        install:
               $(MAKE) -C po/ install DESTDIR=$(DESTDIR)

        dist:
               $(MAKE) -C po/ pot

       (Autotools プロジェクトでは、Makefile.am の "SUBDIRS" に po を追加する
       だけで、自動的にこうなります)

保守
       新しい翻訳を加える際には、po/LINGUAS の編集が必要なので、ランタイムの翻
       訳は po4a-build とまったく同じように簡単とは言えません。しかしそれは別
       にしても、翻訳の更新は PO ファイルを新しいバージョンに置き換えるだけに
       過ぎません。

       ソースコード tarball の用意のしかたによりますが、MANIFEST ファイルに新
       しい PO ファイルをリストしたり、tarball を用意するスクリプトに追加した
       りといったことも、必要になるでしょう (これは po4a-build にも適用しま
       す)。

       po/ にある *.mo*.gmo はすべて削除されます。\

著作権
       サンプルファイルは po4a プロジェクトの一部ですが、Automake 自体のような
       他の構築ツールと同様に、著作権表示で po4a を参照したり、po4a チームを列
       挙したりせずに、あなたのプロジェクトで自由に使用、変更、頒布できま
       す。po4a に言及してくださるなら、それもまたすばらしいと思います。

著者
        Neil Williams <linux@codehelp.co.uk>