Provided by: po4a_0.41-1ubuntu1_all bug

名前

       po4a-runtime - po4a と Autotools を使用しないランタイム gettext 翻訳

概要

       po4a-build, po4a では、gettext を用いたランタイム出力メッセージの翻訳もサポートしています
       が、Autotools や 典型的な ./configure プロセスを採用したパッケージでは必要ありません。

       サンプルの Makefile スニペットを用いると、最小限の労力でパッケージに intltool を組み込めま
       す。

レイアウト

       ドキュメントの翻訳は、ランタイム翻訳と同じ po/ ディレクトリを使用するべきではありませ
       ん。ランタイム翻訳は po/ と異なるディレクトリを使用できますが、通常この規約を用いるのが一
       番簡単です。

複数の言語

       これは、複数のプログラム言語のスクリプトを用いたパッケージという意味です。一般的なミックス
       は Perl とシェルです。注意: ファイルの拡張子がほとんど問題のないものである場合を除
       き、gettext は混乱してしまい、どちらかの言語を取り除いてしまうでしょう。

       複数の言語を使用する際、POT ファイルに必要な文字列がすべて取得できるまで、po/Makevars で各
       種設定を実験してください。

       具体的には、po/Makevars に複数の言語を指定すると、問題があります。以下の代わりにしてくださ
       い。

        # このようにしてはいけません
        XGETTEXT_OPTIONS = -L Perl -L Shell --from-code=iso-8859-1

       ひとつの言語に関係する名前の変更 (やシンボリックリンクの作成) や、-L オプションでの明示の
       省略だと考えてください。po/POTFILES.in を処理する際に、ファイルの拡張子が必要なだけです。

       --keywords オプションも便利です - xgettext のドキュメントをご覧ください。

po/ への移行

       つまり、トップレベルの po/ ディレクトリを作成し、/usr/share/doc/po4a/examples/ にあるサン
       プルファイルを、移動してください。

       LINGUAS
           空だったとしても存在しなければなりません。翻訳のリストでできており、'#' で始まらない各
           行は、存在する PO ファイルに一致しなければなりません。例えば、LINGUAS に 'fr' とだけ書
           かれていれば、fr.po ファイルが LINGUAS ファイルと同じディレクトリになければなりませ
           ん。

            $ cat po/LINGUAS
            cs
            de
            fr
            $

           規約では LINGUAS ファイルはアルファベット順にソートされますが、手作業です。

       POTFILES.in
           ランタイム (つまりスクリプト内) で翻訳される必要があるメッセージを持つファイルリストで
           す。トップレベル po/ ディレクトリを使用する場合、パスは po/ ディレクトリそのものではな
           く、トップレベルディレクトリからの相対パスにしてください。

            $ ls -l
            myscript.pl
            another.pl
            foo/support.pl
            po/
            po/POTFILES.in
            $ cat po/POTFILES.in
            myscript.pl
            another.pl
            foo/support.pl
            $

           ランタイムの翻訳とドキュメントの翻訳の両方を含むスクリプト (例: ランタイムに gettext
           を使用し、ドキュメントに埋め込み POD 内容を含む) は、明らかにサポートされるということ
           に注意してください。そのため、po/POTFILES.indoc/po4a-build.conf に、同じファイルが
           リストされていても問題ありません。

       Makevars-perl.example
           スクリプトが Perl の場合、このサンプルファイルを po/Makevars としてコピーし、適合する
           ように編集してください。

       Makevars-shell.example
           スクリプトが シェル の場合、このサンプルファイルを po/Makevars としてコピーし、適合す
           るように編集してください。

       po4a-build.make
           このサンプルファイルを po/Makefile としてコピーしてください。編集する必要はないはずで
           すが、po4a のリリースにより、根本的に intltool のサポートが変更される可能性があるた
           め、/usr/share/doc/po4a/examples/po4a-build.make を更新したくなるかもしれません (この
           ファイル自体は Autotools や intltool を用いた別プロジェクトで生成されます)。

構築

       以下のスニペットを、最上位の Makefile や、配付用にソースを準備する手段ならどこでも追加する
       必要があります。

        clean:
               $(MAKE) -C po/ clean

        install:
               $(MAKE) -C po/ install DESTDIR=$(DESTDIR)

        dist:
               $(MAKE) -C po/ pot

       (Autotools プロジェクトでは、Makefile.am の "SUBDIRS" に po を追加するだけで、自動的にこう
       なります)

保守

       新しい翻訳を加える際には、po/LINGUAS の編集が必要なので、ランタイムの翻訳は po4a-build と
       まったく同じように簡単とは言えません。しかしそれは別にしても、翻訳の更新は PO ファイルを新
       しいバージョンに置き換えるだけに過ぎません。

       ソースコード tarball の用意のしかたによりますが、MANIFEST ファイルに新しい PO ファイルをリ
       ストしたり、tarball を用意するスクリプトに追加したりといったことも、必要になるでしょう (こ
       れは po4a-build にも適用します)。

       po/ にある *.mo*.gmo はすべて削除されます。\

著作権

       サンプルファイルは po4a プロジェクトの一部ですが、Automake 自体のような他の構築ツールと同
       様に、著作権表示で po4a を参照したり、po4a チームを列挙したりせずに、あなたのプロジェクト
       で自由に使用、変更、頒布できます。po4a に言及してくださるなら、それもまたすばらしいと思い
       ます。

著者

        Neil Williams <linux@codehelp.co.uk>