Provided by: lxc_1.0.3-0ubuntu3_amd64 bug

NAME

       lxc-stop - コンテナ内で動作しているアプリケーションの停止

SYNOPSIS

       lxc-stop {-n name} [-W] [-r] [-t timeout] [-k] [--nokill] [--nolock]

説明

       lxc-stop  は,リブート,クリーンシャットダウン,コンテナ内の全てのプロセスの kill のどれか
       を行います. デフォルトでは,コンテナのクリーンなシャットダウンを lxc.haltsignal (デフォル
       トでは  SIGPWR) をコンテナの init プロセスに送ることでリクエストし,コンテナの終了を 60 秒
       待ち,return    します.    コンテナが     60     秒の間にクリーンに終了するのに失敗した場
       合,lxc.stopsignal (デフォルトでは SIGKILL) を送り,強制的にシャットダウンします.

       [-W],  [-r],  [-s], [-k], [--nokill] オプションは実行する際のアクションを指定します. [-W]
       は,指定したアクションの後に,lxc-stop は速やかに終了します. 一方,[-t TIMEOUT]  はコンテ
       ナが完全にシャットダウンやリブートするのを待つ時間の最大値を設定します.

オプション

       -r,--reboot
              コンテナのリブートをリクエストします.

       -k,--kill
              コンテナのクリーンシャットダウンをリクエストするのでなく,明確にコンテナ内の全ての
              タスクを kill します. これは,以前の lxc-stop の動作です.

       --nokill
              クリーンなシャットダウンのみをリクエストします. クリーンなシャットダウンに失敗した
              場合でも,コンテナのタスクを kill しません.

       --nolock
              このオプションはいかなる場合でも API の lxc のロックの使用を回避します. システム状
              態が不良な場合に lxc-stop の応答がない状態の場合のみ使用すべきです.

       -W,--nowait
              リクエストされたアクション (reboot, shutdown, 強制的な kill) を実行するだけで (すぐ
              に) 終了 (exit) します.

       -t,--timeout TIMEOUT
              コンテナの強制停止まで TIMEOUT 秒待ちます.

終了ステータス

       0      コンテナの停止が成功しました.

       1      コンテナの停止中にエラーが発生しました.

       2      指定のコンテナは存在しますが,実行中ではありません.

診断

       The container was not found
              指定したコンテナが lxc-create で作成されておらず存在しません.

SEE ALSO

       lxc(7),  lxc-create(1),  lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1), lxc-execute(1), lxc-
       console(1),  lxc-monitor(1),  lxc-wait(1),  lxc-cgroup(1),  lxc-ls(1),  lxc-info(1),  lxc-
       freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Daniel Lezcano <daniel.lezcano@free.fr>

                                   Mon Apr 14 15:49:22 UTC 2014                       lxc-stop(1)