Provided by: auto-multiple-choice-common_1.2.1-3build1_all bug

名前

       AMC-analyse - AMC選択式試験問題のスキャンデータから自動マーク認識する

概要

       auto-multiple-choice analyse --projet project-dir [--seuil-coche threshold]
                            [--tol-marque tol] [--list-fichiers files-list.txt | scan-files...]

解説

       AMC-analyse.plコマンドは、AMC選択式試験問題の答案用紙のスキャンデータから自動マーク認識を
       実行します。AMC-analyse.plを呼び出す前に、AMC-prepare(1)を呼び出して、作業文書(--mode
       s)とMEPファイル(--mode m)を作成し、AMC-meptex(1)を用いてレイアウトを処理しておかなけれ
       ばなりません。

       --data data-dir
           データファイルがあるディレクトリを指定します(AMC-meptex(1)などを参照してくださ
           い)。デフォルトはproject-dir/dataです。

       --cr project-cr-dir
           マーク認識に利用する画像を作成するディレクトリを指定します(ボックスの拡大画像
           はzoomsサブディレクトリに、氏名記入欄の画像はname-*.jpgファイルに、レイアウト結果の画
           像はpage-*.jpgファイルに格納されます)。

       --projet project-dir
           --crが使用されていない場合、このオプションを使用すると、project-cr-dirproject-dir/cr に設定されます。

       処理するスキャンファイルの名前の指定方法には2通りあります:

       ·   ファイル名を引数により指定する。

       ·   ファイル名をプレーンファイルに(各行に1ファイル名の形式で)列挙して、--list-fichiers
           files-list.txtでこのファイルを指定する。

       マーク認識用のパラメータは以下のオプションを用いて設定できます:

       --prop proportion
           各ボックスのマーク有無を判定する領域の比率を設定します。デフォルト値は0.8です。

       --bw-threshold threshold
           このパラメータはグレースケールのスキャンデータを白黒に変換する際に使用されます。多くの
           ピクセルを黒とするには、大きな値を使用します。多くのピクセルを白とするには、小さな値を
           使用します。閾値は0と1の間でなければなりません。デフォルト値は0.6です。

       --ignore-red
           このオプションを用いると、カラースキャンデータの赤チャネルのみ使用されます。これによ
           り、スキャンデータ上の赤色で記入されたものはすべて無視されます。ボックスが赤で印刷され
           ている場合に有用です。

       --tol-marque tol
           スキャンデータの四隅にあるマーカーを検出する際の許容度を定義します。マーカーの検出に
           は、目標サイズtarget(印刷とスキャンが完璧であった場合のマーカーの正確なサイズ)に近い
           サイズの、黒い連結領域を探します。tolが単純な実数の場合、サイズが近いと判断されるの
           は(1-tol)*targetから(1+tol)*target までの範囲です。tolが "tinf,tsup" の形式
           (tinftsupは実数)の場合は(1-tinf)*targetから(1+tsup)*target までの範囲です。標準値
           は0.2です。

       --multiple
           このオプションは、試験問題をコピーした(つまり複数の受験者が同じ試験問題に解答しう
           る)場合に使用します。この場合、同じ試験問題番号をもつ答案用紙が区別できるように、答案
           用紙に複製番号が割り当てられます。

       --pre-allocate copy_id
           このオプションは--multipleと共に使用されます。スキャンごとの複製番号がcopy_idから開始
           し、引数で与えたスキャンデータと同じ順序で割り当てられます。

       --debug file.log
           デバッグ情報を記録するファイルを指定します。

著者

       Bienvenüe Alexis[FAMILY Given] <paamc@passoire.fr>
           主な著者

       Bérard Jean[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Khaznadar Georges[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Kagotani Hiroto[FAMILY Given]
           英語版から日本語版への翻訳

製作著作

       製作著作 © 2008-2013 Alexis Bienvenüe

       この文書はGNU一般公衆利用許諾書バージョン2またはそれ以降に従って利用することができます。