Provided by: auto-multiple-choice-common_1.2.1-3build1_all bug

名前

       AMC-imprime - AMC試験問題用紙を受験者に配布できるように印刷する

概要

       auto-multiple-choice imprime --sujet subject.pdf --fich-nums numbers-file.txt
                            --data data-dir --methode method [where-to-print-arguments...]

DESCRIPTION

       AMC-imprime.plコマンドは選択した試験問題用紙を印刷します。

   印刷内容の指定
       以下の引数により、印刷対象を指定します:

       --sujet subject.pdfAMC-prepare(1)で作成された)試験問題ファイルを設定します。

       --fich-nums numbers-file.txt
           印刷する試験問題番号が(各行に一つ)書かれたファイルを指定します。この引数が指定されな
           ければ、すべての試験問題が印刷されます。

       --data data-dir
           データファイルがあるディレクトリを指定します(AMC-meptex(1)などを参照してくださ
           い)。データディレクトリのレイアウトデータベースは一つの試験問題が何ページ目から何ペー
           ジ目まであるかを知るのに使われます。

       --split
           別紙答案用紙を別に印刷します。

   印刷方法の指定
       いくつかの印刷方法が定義されています:

       ·   "--methode CUPS" を用いると、 AMC-imprime.plはCUPSプリンタに印刷します。試験問題ごとに
           自動ステープルなどができるように1部につきプリントジョブを1件送ります。この方法では、以
           下のオプションを使用してください:

           --imprimante printer
               印刷するCUPSプリンタ名を設定します。

           --options cups-options
               CUPSオプションをopt1=value1,opt2=value2,...の形式で指定します。

       ·   "--methode file" を用いると、AMC-imprime.plは試験問題用紙をファイルに(1部につ
           き1個)出力します。

           --output filename
               出力するファイル名を設定します。'%e' というシーケンスがあれば4桁の試験問題番号に置
               換されます。filenameが '%e' を含んでいない場合、'-%e.pdf' という文字列が付け足され
               ます。

       ·   "--methode command" を用いると、AMC-imprime.plは試験問題1部ごとに指定したコマンドを使
           用します。

           --print-command command
               印刷に使用するコマンドを指定します。commandの文字列は(引用符を使用していても)空
               白文字の場所で区切られます。'%f' というシーケンスは(印刷する試験問題を含ん
               だ)PDFファイル名に置換され、'%e' は試験問題番号に置換されます。

著者

       Bienvenüe Alexis[FAMILY Given] <paamc@passoire.fr>
           主な著者

       Bérard Jean[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Khaznadar Georges[FAMILY Given]
           フランス語版から英語版への翻訳

       Kagotani Hiroto[FAMILY Given]
           英語版から日本語版への翻訳

製作著作

       製作著作 © 2008-2013 Alexis Bienvenüe

       この文書はGNU一般公衆利用許諾書バージョン2またはそれ以降に従って利用することができます。