Provided by: dselect_1.18.4ubuntu1_amd64 bug

名前

       dselect - Debian パッケージ管理フロントエンド

書式

       dselect [option...] [command...]

説明

       dselect  は、Debian システムにおけるパッケージ管理用ユーザインタフェースとして主要なものの
       一つである。システム管理者は、dselect のメインメニューから以下の操作を行える。
        - 取得可能パッケージのバージョンリストの更新
        - インストール済、利用可能パッケージ状況の参照
        - パッケージ選択の変更や依存関係の管理
        - 新規パッケージのインストールや新バージョンへのアップグレード

       dselect は、下位に位置する Debian パッケージ管理ツールである dpkg(1)  のフロントエンドとし
       て動作する。これは、フルスクリーンのパッケージ選択管理ツールであり、パッケージの依存関係や
       競合の解決を行なうことができる点が特徴である。管理者権限で起動することで、パッケージのイン
       ストール、更新、削除を行うことができるとともに、様々な方式により、パッケージリポジトリから
       利用可能パッケージのバージョン情報や、インストール可能パッケージの情報を取得するための設定
       を行うことができる。使用するアクセス方式に応じて、リポジトリをインターネット上の公開サー
       バ、ローカルサーバ、CD-ROM に設定することができる。推奨するアクセス方式は、apt  パッケージ
       で提供される apt である。

       Normally dselect is invoked without parameters. An interactive menu is presented, offering
       the user a list of commands. If a command is given  as  argument,  then  that  command  is
       started  immediately.  Several  command  line parameters are still available to modify the
       running behaviour of dselect or show additional information about the program.

オプション

       All options can be specified both on the command line and  in  the  dselect  configuration
       file    /etc/dpkg/dselect.cfg    or    the    files   on   the   configuration   directory
       /etc/dpkg/dselect.cfg.d/. Each line in the configuration file is either an option (exactly
       the  same  as  the  command  line  option but without leading hyphens) or a comment (if it
       starts with a ‘#’).

       --admindir directory
              Changes the directory where the dpkg ‘status’, ‘available’ and  similar  files  are
              located.   This  defaults to /var/lib/dpkg and normally there shouldn't be any need
              to change it.

       -Dfile, --debug file
              デバッグを有効にする。デバッグ情報は file に送られる。

       --expert
              エキスパートモードを有効にする。つまり、煩雑なヘルプを表示しない。

       --colour|--color screenpart:[foreground],[background][:attr[+attr]...]
              表示色を設定する。ディスプレイがカラー表示をサポートしている場合に有効である。この
              オプションは、複数回指定できる  ( dselect.cfg での使用が推奨されている)。各設定ごと
              に、画面のある部位の色 (や他の属性)  が変更される。画面の部位の名称は  (上から順に)
              次のとおり:

              title  画面タイトル

              listhead
                     パッケージリストの上部にあるヘッダライン

              list   パッケージリストのスクロール領域 (ヘルプも表示される)

              listsel
                     リスト内の選択行

              pkgstate
                     パッケージリスト内で、各パッケージの状況を示すテキスト

              pkgstatesel
                     パッケージリスト内で、選択したパッケージの状況を示すテキスト

              infohead
                     現在選択しているパッケージの状況を表示するヘッダ行

              infodesc
                     パッケージの短い説明文

              info   パッケージの説明などパッケージの情報を表示するために用いられる

              infofoot
                     パッケージ選択時の画面最下行

              query  クエリ行を表示するために用いられる

              helpscreen
                     ヘルプ画面の色

              画面の部位を示すキーワードの後に、コロンに続き色設定を記述する。前景色、背景色、あ
              るいは両方を指定でき、コンパイル時に指定した色設定に優先する。標準の curses  色名称
              を使用すること。

              Optionally,  after  the  color  specification  is  another  colon, and an attribute
              specification. This is a list of one or more attributes, separated  by  plus  (‘+’)
              characters.   Available  attributes  include  (not  all  of  these will work on all
              terminals): normal, standout, underline, reverse, blink, bright, dim, bold

       -?, --help
              簡単なヘルプを表示し、正常終了する。

       --version
              バージョン情報を表示し、正常終了する。

コマンド

       When dselect is started it can perform the following commands, either directly if  it  was
       specified  on  the command line or by prompting the user with a menu of available commands
       if running interactively:

   アクセス (access)
       パッケージリポジトリにアクセスするアクセス方式を選択、設定する。

       デフォルトで、 dselectcdrom, multi_cd, nfs, multi_nfs, harddisk, mounted, multi_mount,
       floppy, ftp といった、いくつかの方式を提供する。しかし、他のパッケージが追加アクセス方式を
       提供することもある。例えば、apt アクセス方式は apt パッケージで提供される。

       apt アクセス方式の使用を、強く推奨する。

   更新 (update)
       取得可能パッケージのデータベースを更新する。

       取得可能パッケージのバージョンリストを、現在設定しているアクセス方式でパッケージリポジトリ
       から取得し、dpkg    データベースを更新する。パッケージ一覧は、一般的には    PackagesPackages.gz                   という名前で、リポジトリから提供されている。リポジトリ管理者
       は、dpkg-scanpackages(1) というプログラムを使用して、このファイルを生成することができる。

       Details  of the update command depend on the access method's implementation.  Normally the
       process is straightforward and requires no user interaction.

   選択 (select)
       パッケージの選択や依存関係の表示、管理を行う。

       これは dselect  の主たる機能である。この画面で取得可能なパッケージやインストール済パッケー
       ジリストを確認できる。管理者権限で実行すると、対話的にパッケージの選択状況を変更することも
       できる。 dselect は、変更に伴って発生する依存、競合パッケージについても検出する。

       競合や解決できない依存関係を検出すると、依存関係解決サブ画面をユーザに提示する。この画面で
       は、競合パッケージや依存パッケージのリストが、その理由とともに表示される。ユーザ
       は、dselect が提案した変更案を適用してもよいし、その案を修正してもよい。また、解決できない
       依存関係や競合を発生させた変更を含む、すべての変更を元に戻すこともできる。

       対話的なパッケージ選択管理画面の詳細な使い方については後述する。

   導入 (install)
       選択したパッケージをインストールする。

       新規インストール、更新が可能なパッケージを、設定したアクセス方式で適切なリポジトリより取得
       し、 dpkg を用いてインストールを行う。インストール前にパッケージをすべて取得するか、必要な
       時に取得するかは、アクセス方式の実装によって異なる。アクセス方式によって、削除マークをつけ
       たパッケージの削除を行う場合もある。

       インストール中にエラーが発生した場合は、通常インストールを再度行うことを推奨する。大半の場
       合、問題は再発しないか解決されるが、問題が解決しなかったりインストールが適切に行われていな
       かったりする場合は、原因や環境を調べて、Debian  バグ追跡システムへバグ報告をしていただきた
       い。バグ報告の方法は、https://bugs.debian.org/ や、bug(1) や reportbug(1) がインストールさ
       れていれば、それらの文書を参照のこと。

       Details of the install command depend on the access method's implementation.   The  user's
       attention  and  input  may  be  required  during installation, configuration or removal of
       packages. This depends on the maintainer scripts in the package. Some packages make use of
       the debconf(1)  library, allowing for more flexible or even automated installation setups.

   設定 (config)
       すでにインストール済みだが、設定が完了していないパッケージの設定を行う。

   削除 (remove)
       削除マークをつけたインストール済パッケージの削除や完全削除を行う。

   終了 (quit)
       Quit dselect.

       エラーコード 0 (成功) でプログラムを終了する。

PACKAGE SELECTIONS MANAGEMENT

   概要
       dselect により、管理者は大量の相互依存関係を持つパッケージ群を管理する複雑さの一端に直面す
       ることになる。Debian    パッケージ管理システムの概念や、その方法に慣れていないユーザにとっ
       て、これは圧倒的ですらある。  dselect は、パッケージ管理と管理作業の負担緩和を目指している
       が、あくまで負担緩和に役立つだけで、管理者としての技術や知識の代用にはならない。管理者に
       は、Debian  パッケージングシステムについての基礎概念に精通することが要求される。不明点があ
       れば、dpkg(1) のマニュアルや、debian-policy パッケージに含まれている Debian ポリシーマニュ
       アルを参照してほしい。

       Unless  dselect  is run in expert or immediate mode, a help screen is first displayed when
       choosing this command from the menu. The user is strongly advised  to  study  all  of  the
       information  presented  in  the  online  help  screens, when one pops up.  The online help
       screens can at any time be invoked with the ‘?’ key.

   画面レイアウト
       選択画面は、デフォルトで上下   2    分割されている。上半分はパッケージのリストを表示してい
       る。カーソルバーで個々のパッケージを選択したり、グループヘッダ  (存在していれば)  を選択し
       て、パッケージグループを選択したりできる。画面の下半分は、画面の上半分で現在選択している
       パッケージの詳細が表示される。表示される詳細の形式は変更できる。

       Pressing  the ‘I’ key toggles a full-screen display of the packages list, an enlarged view
       of the package details, or the equally split screen.

   パッケージ詳細表示
       The package details view by default shows the extended package description for the package
       that is currently selected in the packages status list.  The type of detail can be toggled
       by pressing the ‘i’ key.  This alternates between:
        - the extended description
        - the control information for the installed version
        - the control information for the available version

       依存関係解決画面で、特定のパッケージに関連する未解決な依存関係、競合関係が、その原因ととも
       に表示される場合もある。

   パッケージ状況リスト
       主たる選択画面には、Debian  パッケージ管理システムが認識しているすべてのパッケージがリスト
       される。これには、システムにインストール済のパッケージと、取得可能パッケージのデータベース
       が認識しているパッケージが含まれる。

       For  every  package, the list shows the package's status, priority, section, installed and
       available architecture, installed and available versions, the package name and  its  short
       description,  all  in one line.  By pressing the ‘A’ key, the display of the installed and
       available architecture can be toggled between on an off.  By pressing  the  ‘V’  key,  the
       display  of  the  installed  and  available  version can be toggled between on an off.  By
       pressing the ‘v’ key, the package status display is toggled between verbose and shorthand.
       Shorthand display is the default.

       簡略表示における状況は、エラーフラグ      (通常クリアされている)、現在の状況、現在の選択状
       況、新規の選択状況の 4 パートからなる。始めの 2  つはパッケージの現在の状況を表し、後の  2
       つはユーザが設定した選択状況を示している。

       簡略表示におけるパッケージ状況の略号には以下の意味がある。
        エラーフラグ:
               エラーなし
         R       深刻なエラー (要再インストール)
        インストール状況:
               未インストール
         *       インストール済で設定済
         -       未インストールだが設定ファイルが残っている
         U       展開済だが未設定
         C       半設定状況 (エラー発生)
         I       半インストール状況 (エラー発生)
        現在の選択状況、新規の選択状況:
         *       インストールもしくは更新マーク
         -       削除マーク (設定ファイルは残す)
         =       保留 (パッケージに対する処理は行われない)
         _       完全削除マーク (設定ファイルも削除する)
         n       新規パッケージでまだマークが付けられていない

   カーソルおよび画面移動
       パッケージ選択リストや依存、競合関係解決画面では、以下のキーに割当てられた移動コマンドで操
       作することができる。
         p, Up, k           カーソルバーを上に移動
         n, Down, j         カーソルバーを下に移動
         P, Pgup, Backspace リストを 1 ページ上にスクロール
         N, Pgdn, Space     リストを 1 ページ下にスクロール
         ^p                 リストを 1 行上にスクロール
         ^n                 リストを 1 行下にスクロール
         t, Home            リストの先頭にジャンプ
         e, End             リストの最後にジャンプ
         u                  情報を 1 ページ上にスクロール
         d                  情報を 1 ページ下にスクロール
         ^u                 情報を 1 行上にスクロール
         ^d                 情報を 1 行下にスクロール
         B, Left-arrow      表示を 1/3 画面左にスクロール
         F, Right-arrow     表示を 1/3 画面右にスクロール
         ^b                 表示を 1 文字左にスクロール
         ^f                 表示を 1 文字右にスクロール

   検索とソート
       The list of packages can be searched by package name. This is done by  pressing  ‘/’,  and
       typing  a  simple  search  string.  The  string  is  interpreted  as  a  regex(7)  regular
       expression.  If you add ‘/d’ to  the  search  expression,  dselect  will  also  search  in
       descriptions.  If you add ‘/i’ the search will be case insensitive.  You may combine these
       two suffixes like this: ‘/id’.  Repeated searching is accomplished by repeatedly  pressing
       the  ‘n’ or ‘\’ keys, until the wanted package is found.  If the search reaches the bottom
       of the list, it wraps to the top and continues searching from there.

       The list sort order can be varied by pressing  the  ‘o’  and  ‘O’  keys  repeatedly.   The
       following nine sort orderings can be selected:
        alphabet          available           status
        priority+section  available+priority  status+priority
        section+priority  available+section   status+section
       上記リストには明記されていないが、最終的にアルファベット順でのソートが行われる。

   選択の変更
       各パッケージの新規選択状況は、以下のコマンドで変更できる。
         +, Insert    インストール、更新する
         =, H         現在の状況、バージョンで保留する
         :, G         保留解除 (更新ないし未インストールのままとする)
         -, Delete    削除、設定は残す
         _            完全削除、設定も消す

       変更の結果、依存関係を充足できなかったり競合したりした場合、  dselect は依存関係解決画面を
       表示する。これは後ほど説明する。

       グループヘッダ上にカーソルバーを移動して、パッケージ選択のグループにコマンドを適用すること
       もできる。現在のリストのソート順設定によっては、パッケージのグループ化が適切に行われない場
       合がある。

       大規模なグループの選択状況を変更する場合は、大量の未解決な依存、競合関係が一度に発生するた
       め、十分注意すべきである。 これらは 1 つの依存関係解決画面にリストされることとなるため、こ
       れを操作するのは非常に難しい。グループに対する変更が実用的なのは、保留や保留解除の時ぐらい
       である。

   依存・競合関係の解決
       選択状況の変更により未解決の依存・競合関係が発生した場合、  dselect は依存関係解決画面を表
       示する。なお、表示の前にヘルプ画面が表示される。

       この画面の上半分には、選択された変更の結果として発生した未解決の依存、競合関係があるパッ
       ケージに加え、インストールすることで依存関係を解決するパッケージ、削除することで競合を解決
       するパッケージがすべて表示される。下半分には、現在選択されているパッケージが原因となってい
       る依存や競合関係がデフォルトで表示される。

       パッケージのサブリストの初期表示の時点で、dselect は、依存関係解決画面の表示を引き起こして
       いる依存や競合関係を解決するよう、リストしたパッケージの選択状況の一部をあらかじめ変更して
       いる場合がある。通常、dselect による提案を採用するのが最良である。

       The  listed  packages'  selection  state may be reverted to the original settings, as they
       were before the unresolved depends or conflicts were created, by pressing the ‘R’ key.  By
       pressing  the ‘D’ key, the automatic suggestions are reset, but the change that caused the
       dependency resolution screen to be prompted is kept as requested.   Finally,  by  pressing
       ‘U’, the selections are again set to the automatic suggestion values.

   選択された変更の確定
       enter を押すことで、現在表示されている選択を確定する。選択された変更に起因する未解決の依存
       関係が検出されない限り、dselect   は新しい選択を設定する。未解決の依存関係が存在する場合、
       dselect は依存関係解決画面を改めて表示する。

       To  alter  a  set  of  selections that creates unresolved depends or conflicts and forcing
       dselect to accept it, press the ‘Q’ key. This sets the  selections  as  specified  by  the
       user, unconditionally. Generally, don't do this unless you've read the fine print.

       The  opposite  effect,  to  back  out  any  selections  change requests and go back to the
       previous list of selections, is attained by pressing the ‘X’ or escape keys. By repeatedly
       pressing  these keys, any possibly detrimental changes to the requested package selections
       can be backed out completely to the last established settings.

       If you mistakenly establish some settings and wish to revert all the selections to what is
       currently  installed  on the system, press the ‘C’ key.  This is somewhat similar to using
       the unhold command on all packages, but provides a more  obvious  panic  button  in  cases
       where the user pressed enter by accident.

環境変数

       HOME   設定されていると、dselect  はその値をユーザ固有の設定ファイルを読み込むディレクトリ
              として使用する。

バグ

       始めて   dselect    を使うユーザの中には、このパッケージ選択インタフェースに混乱する者もい
       る。聞くところによると、経験を積んだカーネル開発者ですら、これに悩まされている。

       ドキュメントが不足している。

       メインメニューにヘルプオプションがない。

       取得可能パッケージのリスト表示を減らせない。

       内部実装されているアクセス方式では、もはや現在の品質基準を満たせない。apt が提供するアクセ
       ス方式を利用すれば、問題を発生させないだけでなく、内部実装されているアクセス方式より遙かに
       柔軟である。

関連項目

       dpkg(1), apt-get(8), sources.list(5), deb(5).

翻訳者

       高橋  基信  <monyo@monyo.com>.  喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>.  関戸 幸一 <sekido@mbox.kyoto-
       inet.or.jp>.  鍋谷 栄展 <nabe@debian.or.jp>.  倉澤 望  <nabetaro@debian.or.jp>.   石川  睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.       鵜飼      文敏      <ukai@debian.or.jp>.       中野     武雄
       <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.