Provided by: manpages-ja_0.5.0.0.20140515+dfsg-2_all bug

名前

       /proc/slabinfo - カーネル slab アロケータの統計

書式

       cat /proc/slabinfo

説明

       Linux カーネルの内部で良く利用されるオブジェクト (バッファヘッド、i-ノード、ディレクトリ・
       エントリなど) は、それぞれ自分用のキャッシュを備えている。ファイル /proc/slabinfo はこれら
       の統計を与える。例を示す。

           % cat /proc/slabinfo
           slabinfo - version: 1.1
           kmem_cache            60     78    100    2    2    1
           blkdev_requests     5120   5120     96  128  128    1
           mnt_cache             20     40     96    1    1    1
           inode_cache         7005  14792    480 1598 1849    1
           dentry_cache        5469   5880    128  183  196    1
           filp                 726    760     96   19   19    1
           buffer_head        67131  71240     96 1776 1781    1
           vm_area_struct      1204   1652     64   23   28    1
           ...
           size-8192              1     17   8192    1   17    2
           size-4096             41     73   4096   41   73    1
           ...

       それぞれの  slab キャッシュごとに、キャッシュの名前、 現在アクティブなオブジェクトの数、利
       用可能なオブジェクトの総数、 各オブジェクトのサイズ (バイト単位)、少なくとも一つのアクティ
       ブな  オブジェクトを有するページの数、アロケートされたページの総数、  slab  あたりのページ
       数、が与えられている。

       なお、 オブジェクトのアラインメントと slab キャッシュのオーバーヘッドとにより、 オブジェク
       トは通常ページの内部にきっちりとは収められていない。  利用中のオブジェクトをひとつでも保持
       しているページは、 利用中であるとみなされ、解放できない。

       slab    キャッシュ統計の機能を有効にしてコンパイルされたカーネルでは、    出力の最初の行に
       "(statistics)"  と表示され、 5 つのカラムが追加される。 それぞれ、アクティブなオブジェクト
       の瞬間最大値、 オブジェクトがアロケートされた回数、 キャッシュの大きさが拡張された (新しい
       ページがこのキャッシュに追加された)  回数、  キャッシュの大きさが縮小された  (使っていない
       ページがこのキャッシュから削除された) 回数、  新たなページをこのキャッシュにアロケートする
       際に起きたエラーの回数、である。 slab キャッシュ統計が使えないカーネルでは、これらのカラム
       は表示されない。

       SMP システムでは、出力の最初の行に "(SMP)" と表示され、 各 slab ごとに 2  つのカラムが追加
       される。  これらは各  CPU が持つローカルなキャッシュ (per-CPU キャッシュ) の slab アロケー
       ションポリシーを表示する (per-CPU キャッシュは、  オブジェクトをキャッシュからアロケートす
       る際に  CPU 間での同期を減少させるために設けられている)。 最初のカラムは per-CPU 制限、 す
       なわち各 CPU ごとにキャッシュできるオブジェクトの最大数である。 二番目のカラムはバッチカウ
       ント、  すなわち per-CPU キャッシュが空だったり一杯だったりした場合に、 グローバルなキャッ
       シュと受け渡しできるフリーなオブジェクトの最大数である。

       slab キャッシュ統計と SMP が両方有効になっている場合は、 per-CPU  キャッシュの統計を表示す
       る  4 つのカラムがさらに追加される。 最初の 2 つは per-CPU キャッシュの アロケーションヒッ
       トカウントとアロケーションミスカウントである。  すなわち、あるオブジェクトをアロケートした
       ときに、   それが  per-CPU  キャッシュの内部に  あった/なかった  回数である。  続く  2  つ
       は、per-CPU キャッシュのフリーヒットカウントとミスカウントである。  すなわち解放されたオブ
       ジェクトをグローバルなキャッシュにフラッシュする前に、 per-CPU キャッシュの制限の範囲に 収
       まった/収まらなかった 回数である。

       SMP において per-CPU slab キャッシュの制限値や  バッチカウントを変更するには、以下のように
       すればよい:

           echo "cache_name limit batchcount" > /proc/slabinfo

ファイル

       <linux/slab.h>

バージョン

       /proc/slabinfo  は Linux 2.1.23 以降に存在する。 SMP における CPU ごとのキャッシュは Linux
       2.4.0-test3 以降に存在する。

注意

       Linux 2.6.16 以降では、 /proc/slabinfo ファイルは、カーネル設定オプション CONFIG_SLAB を有
       効にした場合のみ存在する。

この文書について

       この  man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.65 の一部 である。プロジェクト
       の説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。

                                            2007-09-30                                SLABINFO(5)