Provided by: dpkg-dev_1.18.4ubuntu1_all bug

名前

       deb-substvars - Debian ソースにおける変数

書式

       substvars

説明

       dpkg-source, dpkg-gencontrol, dpkg-genchanges が制御情報を (dpkg-source 用のソース制御ファ
       イル .dscdpkg-gencontroldpkg-genchanges の標準出力に)  書き出す際に、変数の置換が行
       われる。

       変数が置換される箇所は  ${変数名} という形式になっている。変数名には英数字、ハイフン、コロ
       ンを使用できるが、先頭文字は英数字である必要がある。変数の置換は、置換が不要になるまで再帰
       的に何度でも行われる。これは、置換後のフィールドの全文に対して、再度置換対象がないかの確認
       が行われることを意味する。

       置換がすべて完了した後で、文字列 ${} (これは置換対象ではない) が $ 記号に置き換えられる。

       変数の置換は、すべての制御フィールドに対して行われるが、フィールドによっては変数が置換され
       る前のビルド段階で用いられるものがある。そのため、Package, Source, Architecture フィールド
       で変数を用いてはならない。

       変数の置換は、各フィールドが解析され、切り出された後の内容に対して行われる。そのため、置換
       した結果が複数行にわたる場合も、改行の後にスペースを含めておく必要はない。これは、置換され
       た変数の内容がフィールドに展開される際に暗黙的に行われる。例えば "foo is bar.${Newline}foo
       is  great." という内容が ${Description} という変数に格納されており、フィールドの内容が以下
       のようになっていた場合、

        Description: foo application
         ${Description}
         .
         More text.

       置換後の結果は次のようになる:

        Description: foo application
         foo is bar.
         foo is great.
         .
         More text.

       共通オプション -V により変数を設定することが可能である。debian/substvars ファイル  (もしく
       は -T オプションで指定したファイル中) で設定してもよい。このファイルには name=value 形式の
       行から構成する。行末の空白文字、空白行、# 記号から始まる行 (コメント行) は無視される。

       その他に、以下の標準変数を使用することができる:

       Arch   The current host architecture (i.e. the architecture the  package  is  being  built
              for, the equivalent of DEB_HOST_ARCH).

       source:Version
              ソースパッケージのバージョン

       source:Upstream-Version
              アップストリームのソースパッケージのバージョン、Debian  の  epoch  が存在している場
              合、それも含まれる。

       binary:Version
              バイナリパッケージのバージョン (binNMU などの場合、source:Version  と異なることもあ
              る)

       Source-Version
              ソースパッケージのバージョン (changelog ファイルより)。この変数は、名が体を表さなく
              なってしまっているため、廃止予定である。用途に応じて         source:Versionもしくは
              binary:Version を使用すること。

       Installed-Size
              The  approximate  total size of the package's installed files. This value is copied
              into the corresponding control file field; setting it will modify the value of that
              field.  If  this variable is not set dpkg-gencontrol will compute the default value
              by accumulating the size of each regular file and symlink rounded  to  1  KiB  used
              units, and a baseline of 1 KiB for any other filesystem object type.

              Note:  Take into account that this can only ever be an approximation, as the actual
              size used on the installed system will depend greatly on the  filesystem  used  and
              its  parameters,  which  might  end  up  using  either  more or less space than the
              specified in this field.

       Extra-Size
              パッケージのインストール時に追加で用いられるディスク領域。この変数が設定されている
              と、Installed-Size 変数の値 (明示的に設定されたものか、デフォルト値かは問わない) に
              本変数の値を足した値が control ファイルの Installed-Sizeフィールドに適用される。

       F:fieldname
              fieldname というフィールド (大文字で指定する必要がある)  の値。この変数は、展開する
              箇所を明示的に指定するという以上の意味を持たない。

       Format ソースパッケージングスクリプトによって生成される  .changes ファイルのフォーマットの
              バージョン。この変数を設定すると、.changes ファイルの Format フィールドの内容も変更
              される。

       Newline, Space, Tab
              これらの変数は、各々対応する文字を示す。

       shlibs:dependencyfield
              この形式の名前のついた変数は、dpkg-shlibdeps により生成される。

       dpkg:Upstream-Version
              dpkg のアップストリームのバージョン

       dpkg:Version
              dpkg の完全なバージョン表記

       変数が定義されていないにもかかわらず参照されている場合は、値として空文字列が想定されるとと
       もに、警告が生成される。

ファイル

       debian/substvars
              変数およびその値のリスト。

関連項目

       dpkg(1), dpkg-genchanges(1), dpkg-gencontrol(1), dpkg-shlibdeps(1), dpkg-source(1).

翻訳者

       高橋 基信 <monyo@monyo.com>.  喜瀬 浩 <kise@fuyuneko.jp>.  関戸 幸一 <sekido@mbox.kyoto-
       inet.or.jp>.  鍋谷 栄展 <nabe@debian.or.jp>.  倉澤 望 <nabetaro@debian.or.jp>.  石川 睦
       <ishikawa@linux.or.jp>.  鵜飼 文敏 <ukai@debian.or.jp>.  中野 武雄
       <nakano@apm.seikei.ac.jp>.

翻訳校正

       Debian JP Documentation ML <debian-doc@debian.or.jp>.