Provided by: lxc_1.0.3-0ubuntu3_amd64 bug

NAME

       lxc-ls - システム上に存在するコンテナのリスト表示

SYNOPSIS

       lxc-ls [-1] [--active] [--frozen] [--running] [--stopped] [-f] [-F format] [--nesting]
              [filter]

説明

       lxc-ls はシステム上に存在するコンテナをリスト表示します.

オプション

       [-1]   1 行に 1 エントリ表示します.(/dev/stdout が tty でない場合のデフォルト)

       [--active]
              アクティブなコンテナのみリスト表示します.(--frozen --running と同じです)

       [--frozen]
              凍結 (frozen) 状態のコンテナのみをリスト表示します.

       [--running]
              実行 (running) 状態のコンテナのみをリスト表示します.

       [--stopped]
              停止状態のコンテナのみをリスト表示します.

       [-f, --fancy]
              装飾付きのカラムベースの出力を使用します.

       [-F, --fancy-format format]
              装飾付き出力で表示するカラムのコンマ区切りのリスト.                     有効な値は
              name,state,ipv4,ipv6,pid. デフォルトは name,state,ipv4,ipv6

       [--nesting]
              ネストされたコンテナを表示します.

       [filter]
              コンテナ名に対して適用する lxc-ls に与えるフィルタ. フォーマットは正規表現です.

       lxc-ls --fancy
              全てのコンテナをリスト表示します.     一行にはコンテナの名前,状態,IPv4    アドレ
              ス,IPv6 アドレスが表示されます.

       lxc-ls --active -1
              稼働中のコンテナを一列にリスト表示します.

SEE ALSO

       lxc(7), lxc-create(1), lxc-destroy(1),  lxc-start(1),  lxc-stop(1),  lxc-execute(1),  lxc-
       console(1),  lxc-monitor(1),  lxc-wait(1),  lxc-cgroup(1),  lxc-ls(1),  lxc-info(1),  lxc-
       freeze(1), lxc-unfreeze(1), lxc-attach(1), lxc.conf(5)

作者

       Daniel Lezcano <daniel.lezcano@free.fr>

                                   Mon Apr 14 15:49:22 UTC 2014                         lxc-ls(1)